債務整理と自己破産の違いについて

債務整理を行う際に自己破産とどちらを選択したら、良いのかが分からない方も多いでしょう。

思い違いをされている方が多いのですが、自己破産は債務整理の手続きの一種にすぎません。

今回は債務整理と自己破産の違いについて解説をしていきます。

債務整理と自己破産の違いは?

債務整理とは、一言でいえば、借金を整理する手続きです。

広く一般に広まっている言葉ですが、慣用的に使われてきた側面が強く、いろいろな意味で使われていて、混乱している人が大勢います。

弁護士会の規程では、債務整理は、任意整理・特定調停・民事再生・自己破産の総称として使用されています。この理解が一番厳密なものだといえるでしょう。

このように考えると、自己破産は債務整理の一種ということになります。

もっとも、債務整理イコール任意整理ととらえて、説明している記述も多く見受けられます。

くどいようですが、任意整理も自己破産も債務整理の一種ということを覚えておきましょう。

債務整理といえば任意整理という認識が広まっている

任意整理は、弁護士や司法書士の専門家を間にいれて、銀行、消費者金融やクレジットカード会社等の各債権者と話し合い交渉を行います。

利息や遅延損害金等、支払条件や支払額の変更について交渉し、和解をする手続きが任意整理です。

メリットは、手続きが簡単で、家族や職場にバレにくい点にあります。

はじめに弁護士等の専門家と相談すれば、あとは専門家にまかせておけば、面倒なことはすべてやってくれますから、借金のことを気にする事なくストレスフリーで生活ができます。

詳しくは任意整理の特徴とメリット・デメリットで解説をしています。

自己破産と債務整理の違いって?

自己破産とは、簡単に言ってしまうと、お金を借りている人が「もうこれ以上払うお金がない」という状態になったときに、支払い義務を免除してもらう手続きのことです。

借りたお金を返さなくていいわけですから、究極の債務整理といえるでしょう。

借りたお金をチャラにするわけですから、それだけの事情があるかどうか、裁判所がしっかりチェックしますので、簡単にできる手続きではありません。

まず、なぜそこまで借金をしてしまったのかをきちんと説明する必要があります。

しかも、それを裏付ける資料の提出が求められます。

次に、保有している資産があれば、換金することになります。

普通の生活はできるよう配慮してありますが、単体で20万円を超える財産は、換金されるのが原則となります。自動車や住宅、保険などの金融資産がその代表例です。

詳しくは自己破産とは?意外と知らないメリットやデメリットって?で解説をしています。

債務整理と自己破産のどちらを選択すべきか

自己破産と任意整理のどちらを選択したら良いのかは一概にいえません。

できれば任意整理によって条件を緩和して、返済したほうがいいといえます。

ですが、緩和した条件でも払い続けられる可能性が低いというのであれば、自己破産を選択肢のひとつとして考えてもいいでしょう。

実は、目立った資産がなければ、自己破産と任意整理のデメリットに、あまり差はありません。

任意整理をしても、和解後の残債を支払うのに数年かかります。

そこから5年間、信用情報機関に記録が残るとなると、任意整理の場合もかなり長期間、信用は回復しないのが現状です。

いずれにしろ現在の借入額や借入年数、住宅ローンの有無から生活状況に合わせて、どの手続きをとれば良いのかは個人によって異なります。

自分で判断をする事は極めて困難ですので弁護士や司法書士等の専門家に、相談を行う事からはじめましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。