20代が債務整理をする前に注意したい事と正しい手続き方法

キャッシングやカードローンが世の中に浸透してきたことで、借金をする人の年齢にもかなり幅が出てきました。

そんな背景もあってか、昔ではあまりいなかった20代の利用者も年々増加しています。

学生ローンと呼ばれる大学生や専門学校生向けの業者も増えた結果、新社会人だけではなく学生のうちからお金を借りることに慣れてしまっている人もいるでしょう。

20代で若いうちは、友達との付き合いや服や趣味にもお金がかかるのは当たり前のことです。

気が付いたら、自分の返済能力を大きく超えて借り入れをしてしまっていた・・・なんてことも。

正直なところ、20代といった若い世代の給与が昔と比べて減っているというのも大きな原因な一つと言えるでしょう。

若い人が悪いというよりも、日本という国や企業全体に問題があると言えるのかもしれません。

借金問題の解決には債務整理をするのが1番なのですが、20代の人が債務整理をする場合は将来のこともしっかりと考えなくてはいけません。

結婚や転職、人によってはマイホーム購入など、人生の重要なイベントがまだまだ残っている20代。

今回は、20代の方が債務整理をする上で注意したい重要なポイントについて解説をしていきます。

また、大切なことなので結論からお伝えします。

20代で借金に悩んでいるのであれば、1日も早い段階で専門家に相談をしてください。

借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪くなるだけで、良くなることは絶対にありません。

若い20代はまだまだやり直しがききますし、早期の段階で借金問題を解決することでその後の人生に大きな影響を及ぼします。

『すでに複数の消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りている。』

『給料が出ても借金返済と支払いでほとんど無くなってしまい、月末になると結局また借りてしまう。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している状態です。手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

法律事務所は、地域別の法律事務所情報を参考にして探す方法。

または、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

20代の借金の特徴と陥りやすい原因

20代の借金は、クレジットカードのリボ払いやキャッシング、カードローン、美容・脱毛エステなどのローン。

このように細かいものが積み重なってしまったケースが多いようです。

とくに学生の場合には、アルバイト以外の収入がないことがほとんどですので、クレジットカードもキャッシングも利用限度額は少ないはず。

総額100万円以下の借金という人がほとんどでしょう。

ですが、20代のうちはたとえ社会人であっても収入もまだそこまで多くはありませんよね。

そのため、100万円以下の借金であっても返済に行き詰ってしまう方は非常に多いです。

借金の理由としては、交際費や旅行費用、遊びや服、美容など趣味にかけるお金欲しさというのがほとんど。

『友達と遊びに行くのに手持ちがなくて数万円借り入れをする。』

このような利用方法で、いつの間にか上限いっぱいまで借り入れをしていたというようなケースも見られます。

生活に困ってというよりは、収入と支出のバランスをとることができずに借金をしてしまったというパターンが多いのも20代の借金の1つの特徴ですね。

また、それとは別にして、若くに離婚してしまったシングルマザーがお金に困って借金をするケースも多くなっています。

待機児童などの問題もありますから、子供のいる母親が働きに出るのも周りの協力なしには難しくなっています。

小さな子供を抱え働くことができないとなると、借金の返済に悩む人もいるでしょう。

シングルマザーと借金問題解決方法についてはこちらの記事で解説をしています。

20代の借金を解決するには親を頼る方法が1番

20代のうちに返済できない金額の借金をしてしまった場合、一番早い解決方法としては“親を頼る”ということがあげられます。

収入が少ないうちに、自力で借金返済をしていくのはかなり大変でしょう。

可能であれば親に一括返済をしてもらって、毎月少額ずつでも親への借金を返済していくのが一番の方法なのは間違いがありません。

キャッシングやカードローンの返済が難しいのは、“高額な利息を支払わなくてはいけない”から。

年15%~18%ほどでお金を借りると、毎月の返済金額のほとんどは利息金に充てられ、元金はなかなか減ってくれません。

その点、一括返済してしまえば、高額の利息を支払わずに借りたお金だけを分割で返済していくことができますね。

しかし、借金をしていることを親に打ち明けたくない、親を頼れないというような事情もよく理解できます。

借金の存在を知られるだけではなく、返済できないからお金を貸してほしいとは口が裂けても言えない・・・なんて人もいるでしょう。

このような場合には、別の解決方法を検討しなくてはいけません。

そうなると考えられる方法は1つ、“債務整理”を検討することになります。

債務整理をするのであれば、繰り返しとなりますが1日も早い方が圧倒的に有利です。

1人で悩むのではなく、1日も早く専門家に相談をすることをおすすめします。

20代で債務整理をするのなら、どんな方法がおすすめ?

20代の場合、まだ未婚の人の方が多いでしょう。

結婚をしたり子供ができたり、自動車や家のような高額の買い物をする。

このような大きなイベントが、今後の人生に待ち受けています。

これらに影響を与えてしまうような債務整理の手続きはできれば控えたいですよね。

そこで、おすすめなのが“任意整理”による借金の減額です。

任意整理とは、貸金業者1社ごとに直接交渉をおこない、利息金をカットしたり長期の分割払いで返済をする方法。

メリットとしては、以下の3つがあります。

整理する借金を自分で選択できる
100万円以下の少額の借金でも整理できる
信用情報の登録期間が短い

まず、1つ目は債務整理をする借金を自分で選択できるということ。

1社ずつ交渉をおこなうため、もし残しておきたい借金がある場合には任意整理の対象外にできます。

例えば、定期一体型などの日常的に使用するクレジットカードがある場合、これを整理してしまうとクレジットカードが利用停止となってしまいます。

整理せずにそのまま残しておけば、カードの更新時まで継続して利用できる可能性が高いので、任意整理をする借金についてはよく吟味しましょう。

任意整理のメリットとデメリットについてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

2つ目は100万円以下の少額の借金でも整理できるということ。

裁判所へ申し立てをする個人再生や自己破産は、借金が少額の場合、申し立て自体が認められないこともあります。

万が一、申し立てを認められたとしても、弁護士報酬などが高額となるので、自己破産をする意味もあまりないでしょう。

任意整理であれば、借金の金額に関係なく手続きできるうえ、報酬も比較的安価な法律事務所がほとんど。

早期の段階であれば、任意整理で借金問題を解決する事は可能です。

3つ目が信用情報へ登録される期間が短くて済むということ。

債務整理をすると、個人信用情報機関という貸金業者や金融機関が加盟している公的な機関にその事実が登録されます。

この情報は、加盟している会社であればだれでも見ることができるため、取引のない会社であっても債務整理をしたことはすぐにわかります。

つまり、キャッシングやクレジットカードの新規申し込みをした場合に、債務整理者であることがバレてしまい審査に通らないというようなことが起こるのです。

これが俗にいうブラックリストですね。

債務整理の方法や借りた会社によって、登録情報が削除されるまでの期間は決まっています。

任意整理の場合は5年、個人再生・自己破産は最長10年という長い間、信用情報に記載されることになります。

その間はブラックリストに名前が載っている状態と考えていいでしょう。

詳しくは、債務整理とブラックリストの記事で解説をしています。

その後の人生への影響を考えると、記載期間が短い任意整理で借金を解決したいですね。

任意整理は少しでも早く手続きを開始すべき!

任意整理をするのであれば、少しでも早く手続きを開始するようにしましょう。

なぜかと言えば、その分、“今後の人生への影響が少なくて済む”から。

先ほど説明したように、債務整理をしてしまうと信用情報に登録され、5年もの間削除されることはありません。

この5年と言うのは、借金を完済した日(自己破産の場合は自己破産が決定した日)から数えた期間になります。

借金を完済しないといつまでも登録を削除してもらうことはできませんので、クレジットカードの発行や自動車ローン、住宅ローンなども組めないままとなってしまうのです。

任意整理の手続きが終了したら、それがゴールではありません。

借金完済というゴールにたどり着くための手助けだということを覚えておきましょう。

少しでも早く借金を完済したいのであれば、必ず弁護士などの専門家に相談し、指示に従ったうえで任意整理の手続きをおこなってください。
借金の状況によって、適切な方法は異なります。

素人が勝手な判断で債務整理をしようとすると、失敗したり、かえって状況が悪化してしまうことも。

すぐに手続きを開始するとは言いましたが、急がば回れの精神で、まずは弁護士の無料相談などを利用してみましょう。

匿名で利用できる無料シミュレーションサイトはこちら⇒

20代の借金と債務整理まとめ

20代は、これから人生の大きなイベントを迎える年です。

この時期の借金は、今後の生活への影響にも十分配慮して解決していかなくてはいけません。

できれば、親や親戚にお願いをしてすぐにでも一括返済をしてしまいましょう。

もしそれができないのであれば、今すぐに法律事務所に相談をすることをおすすめします。

借金問題は放置していても状況がよくなる事は絶対にありませんし、状況は悪化するだけ。

実際に、借金問題を後回しにした結果、自己破産しか選択肢がなくなった人は非常に多いです。

手遅れになって後で後悔する前に今すぐ、借金問題解決の第一歩を踏み出しましょう!

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。