クレジットカードを自分のお金と勘違いし月10万円以上の返済に陥って債務整理した体験談

今回は水戸市にお住いの横山さんです。

20代の頃に、クレジットカードの利用をいいことに自分のお金が増えたかのように好きなものを購入し続けていました。

しかし、そんな生活をしていると可能額いっぱいまで使ってしまいます。

そうすると別のクレジットカードをまた作って更に限度額いっぱい使ってしまいます。

そんなことをしているうちに、カード利用分の借金は300万円にまで膨れあがっていました。

月々の返済額は10万円以上。

自分の給料では返すのが厳しくなってしまい弁護士に相談することになります。

横山さんはどのような手続きを依頼したのでしょうか。

それでは横山さん、お願い致します。

水戸市の法律事務所で300万円の借金を債務整理した体験談

茨城県在住の女性です。

今回は私の様な借金地獄に陥る人を一人でも救済するために、私の見に起こったクレジットカード地獄についてお話させていただきたいと思います。

私の経験が、僅かでも皆様のお力になれたら幸です。

私がクレジットカードを持ったきっかけは、テレビのコマーシャルでした。

何でも好きな物が手に入るような売り文句にまんまと引っ掛かってしまい、カードを作りました。

大学を卒業し一般企業に就職した私の最初のカードの枠は20万円。

当時24歳。

若気の至りと言うものでしょうか、あっという間に浪費で枠いっぱいまで使ってしまい、月々に1万円ほどの返済をしていました。

そして半年ほど立ったときに、増枠可能のお知らせが届いたのです。

私は「また好きな物が好きなだけ買える!」と思い即決しました。

それまで滞りなく支払いをしていたのが信頼に繋がったのか、私のカードの枠は一気に50万円に。

カード利用の落とし穴にハマってしまう

お金持ちになった気分の私は残りの枠もあっという間に使い果たしてしまいました。

月々の返済額は4万円ほどに。

最初のうちは4万円くらい楽に返済できると思っていたのですが、思っていたよりも月々の負担になり、生活が苦しくなった私は更にクレジットカードを契約しました。

次は借金返済のために大事にカードを使おうと思ったのですが、それはかないませんでした。

借金返済のためのカード作成で自転車操業状態に

私は二枚目のカードの枠の20万円を使い果たすと、厳しい返済に追われました。

二枚目のカードの枠も50万円に増えるとあっという間に使い果たし、首の回らない状況になりました。

借金の返済も次第に遅れるようになり、会社にまで借金の催促の電話がかかって来るようになりました。

お金に困った私は更にクレジットカードを作りました。

作っては使い果たして作っては使い果たして、気づいたら私の借金は300万円ほどになっていました。

八方塞がり状態で弁護士に相談することに

月々の返済額は10万円を超えてしまい、もう右にも左にも首が回らない状況になってしまいました。

困ってしまった私は弁護士に相談して借金をなんとかしようと思いました。

すると、私の収入から考えて返済することは難しいという結論にたどり着いた私は、自己破産をすることに。

会社にもよっぽどのことが無い限り、自己破産したことがばれることはないと弁護士の先生は教えてくれました。

自己破産をしたことがあるか無いかは「ないこと証明書」と言う「身分証明書」の提出を求められない限り、発覚することはないそうです。

警備会社等の貴金属を取り扱うような会社で身元を紹介する際に請求されるので、警備会社で勤務されている方は注意が必要です。

それまでの借金の返済額よりも少ない金額で自己破産をすることが出来た私は、借金から追われる生活から脱出して、普通の生活に戻ることが出来ました。

自己破産を経験して学んだこと

初めての借金から2年後の25歳。

大きな大きな社会勉強となりました。

クレジットカードの存在自体を否定はしません。

使い方を誤らなければ、普段買えないような高価な物を買ったり、急な入り用の際に他人に借金せずにお金の工面が出来るなどメリットはたくさんあります。

しかし、クレジットカードによって借金地獄になり家庭崩壊、一家離散・自殺・一家心中など様々なトラブルが起きてしまっているのも現実です。

一見すると安いように見える金利も、その借金の返済をする際に高いことに気づきます。

収入に対しての貸し出し可能額が大きすぎるのです。

真面目な方が多い日本人は簡単に自己破産など出来ず、誰にも相談できずに困ってしまう最悪のループが起きやすくなっています。

1人で悩んでいるなら早いうちに専門家に相談を

勿論自己破産だけではなくて月々の返済額を減らすだけの債務整理も可能なので、借金問題については困ってしまう前に、借金問題を得意としている弁護士に相談するのが得策です。

弁護士費用が高くて払うことが出来ない方達のために、国が管理している借金問題を得意としている弁護士会も存在しています。

インターネットで最寄の弁護士会について検索すればすぐに出てくることでしょう。

昔に比べて車を買わなくなったり、マイホームを買わなくなってしまったと言われがちですが、その原因の一つとして払わなきゃいけない税金が昔に比べて多くなってしまったのです。

だから車も家ももてないのです。

金融関係の制度の見直しが早急に必要です。

どう考えても利子が高すぎるのです。

この問題を解決しないことには、日本に未来はありません。

強いものが弱いものをイジメつづけているのを止めなければならないのです。

その一歩として、クレジットカードの撤廃。

高利貸し業の撤廃。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、借金問題は借金をしている人だけの問題ではありません。

借金をしている人が増えると、犯罪率を必然的に上がってしまいます。

皆さん、クレジットカードを申し込む際は、よく考えてから申し込んでください。

あなたが申し込む理由は何ですか?

そのお金はいますぐ必要ですか?

幸せの前借りをしていませんか?

後悔する前に、今一度よく考えてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。