生活費の工面にクレジットカードを多用し借金地獄に!愛知県の司法書士事務所で債務整理をした体験談

今回は愛知県にお住まいの森口さんです。

森口さんはシングルマザーで、生活レベルを落とさないように外食や子供との外出でお金を使っていました。

貯金は二の次になってしまい、税金も払えなくなってしまいます。

そして初めてのキャッシングをしてしまうのです。

現金がなくなると次はクレジットカードでの支払いです。

130万円ほどになる総額を知っても、まだ尚返済できる額かと追加で借り入れしていまうのでした。

しかし体調を崩してしまい会社を退職することとなり、常に借金について不安を抱えて精神的に疲れてしまいました。

そう悩んでいるときに、一度リセットして債務整理をしようと考え初期費用の安く済む司法書士事務所をネットで探しました。

そこから債務整理は始まります。

愛知県の司法書士事務書で130万円の借金を債務整理した体験談

一番最初にお金を借りた目的は“税金の支払い”のためでした。

愛知県でシングルマザーで子供と二人で生活していましたが、仕事が忙しく給料も良かったので、母子手当や税金の免除などは受けていませんでした。

ただ、仕事の忙しさから節約する余裕がなく外食が多くなったり、休みの日には子供と出かけたり貯金は二の次で・・・

最終的に税金を払うお金がなくなり借金をして支払うことになりました。

“金利が30日無料“という宣伝に引かれ、プロミスから借りました。

ネットで申込みをするとすぐに電話がかかってきて少し話しただけで契約成立。

税金の支払いのためと言いつつも、自分のお金に対する計画性のなさです。

またクレジットカードの使用もしていたので、現金がなくなってはクレジットカードを使っての生活でした。

一度借りると、“源泉徴収票を出せば借入枠の増額ができる“といった営業電話が何度もかかってきて、たった数十分で130万円まで増枠してもらうことができました。

借金はいつの間にか増えて100万越えに

その後体調を崩し、仕事を退職してしまいます。

浪費生活をしていたので貯金もまったくなく、意味のないプライドが邪魔をし家族にも頼れず、家賃やカードの支払いなど生活するために借金を重ねていきました。

この時点で借金は130万円。

ここまでくると感覚が麻痺し、まだ大丈夫まだ返せると生活レベルを落とさずに借金を繰り返していました。

債務整理をするきっかけとなったことは、一番はゴールが見えない返済を抱える不安に耐えれなくなったことです。

寝る前や仕事中は、常に借金や返済のことばかり考えてしまい、精神的に疲れてしまいました。

月々の返済は2万7千円でしたが、子供と二人で生活をしながら返済していくのは大変でした。

ネットで常に”借金 130万”など検索し、色々な人の体験談を見ては落ち込んでの繰り返しでした。

精神的に疲れて人生をやり直そうと決意

このまま踏み倒したらどうなるのかな・・・と最低なことを考えるほど追いつめられていましたが、色々悩むなら人生やり直そうと思うようになり債務整理をお願いしました。

まずは色々とネットで初期費用が少ないところや、分割で支払いができるところについて調べました。

ホームページや口コミ等を色々調べ、愛知県の司法書士事務所に依頼をするためまずメールで問い合わせをしました。

返信はすぐ来て、実際に打ち合わせをする日程が決まり、その後一度電話でお話をしました。

当日は私と担当の方2人でお話をしました。

借金の状況や和解した場合は、月々いくらくらいなら返済ができるかなどを細かく話していき、債務整理までの流れや金額の説明を受けたあとに契約書にサインをしました。

和解後の返済額は事前に希望を伝えることはできましたが、3年~5年で返済する必要があると説明も受けました。

初期費用ですが、私の場合は債務整理の報酬が¥32400で2分割で支払いをお願いし、心よく了承していただけたので相談後の生活が大変になるということもありませんでした。

振込が2か月分できたあとに、実際の和解交渉が始まりました。

和解までの間は返済がストップするので、その間に返済に充てていた分のお金を貯めることもできました。

交渉が進んでいくと、月々の収支の話し合い、その後和解手続きと進んでいきました。

和解後は、利息分をなくして頂き、130万円が約95万円まで減額することができました。

月に2万円の返済をしていくことで和解しました。

債務整理のおかげで不安がなくなった

担当の方にもよると思いますが、初めて相談した時から私のペースで話を聞いてくれました。

高圧的に無理に話を聞き出そうとはせずに、ゆっくりと時間をかけて親身に話を聞いてくれました。

借金のことや債務整理したことは誰にも言えていないままですが、返済額や期間が明確になったことから、漠然とした不安は消えました。

クレジットカードを処分し現金のみで生活し、計画性を身につけるため家計簿と貯金簿をつけるようになりました。

借金癖や浪費癖はすぐには治らないので、お金が足りなくなると預金から下してしまいそうになったり、クレジットカードを使いたくなったりと自分と戦うこともしばしばあります。

債務整理をすると今よりも生活が充実する

私にとっての一番のメリットは債務整理をすることで「気持ちが楽になった」ことです。

「いつまで払い続けるのだろう・・・」と常に不安を抱えながら生活したり、返済内訳の利息を見て愕然としたりすることがなくなりました。

もし今借金の返済に悩んでいるのであれば、悩んでいる時間にすぐにプロに相談することをおすすめします。

借金を誰にも言えずに悩んでいる方も多いと思います。

恥ずかしいし何を言われるかわからないから怖い、と債務整理をするまでは思っていましたが、いざ相談してみると、傷くことは何もなく安心して任せることができました。

もちろんあと数年は返済が残りますが、何もせず悩んで生活していた時に比べ、毎日の生活が充実しています。

一度人生をやり直すチャンスだと思って、債務整理をしてみてはどうでしょうか?

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。