海外旅行やブランド品購入にはまって債務整理をした体験談

借金は無いにこしたことはありません。
ですが私は独身時代に借りたお金が原因で、借金に苦しんだ事がありました。

ヤミ金や消費者金融からの借り入れではありませんが、所有していたクレジットカードのキャッシング枠を利用して、少しずつ借りていたものが積み重なり。最終的には200万円近い借金になってしまいました。

独身時代はフルタイムで働いていたので、リボ払いで少しずつ返していっていましたが、恥ずかしながら妊娠して結婚。

仕事も辞めて専業主婦になった上に、主人には借金のことは話していなかった為、毎月の生活費から節約して少しずつ返していくしかできず、返すために借りてを繰り返し、貸金総量規制の制度も始まって、ついには追加で借入することもできなくなり、どうにも返済できない月が増えていくようになりました。

滞納が続いた結果、借入先の1社から裁判所を通じて訴状が届き、裁判所への呼び出しを受け、もうどうしようもないと追い詰められた時に、「過払い金の相談」という言葉をテレビのCM等で耳にするようになりました。

そこで私も少しぐらい借金が減るのだろうか?という淡い期待を抱いて、近くの司法書士の先生に相談することにしました。

司法書士事務所と聞くと敷居も高く、借金の相談ともなると恥ずかしい気持ちもあり、相談する事にもかなりの勇気がいりましたが、そんなことを言っている余裕もありませんでした。

私が依頼した司法書士事務所は、先生おひとりでされている、小さな町のビルの一室にある事務所で、想像していたよりアットホームな雰囲気の事務所でした。

先生も穏やかな方で相談しやすく、とても親切に対応して下さりました。

私の借金は、4社合計約200万円。どれも消費者金融ではなくクレジット会社からの借り入れだった為、過払い金の計算をしていただいても大きく借金が減ることはありませんでしたが、少しの減額はありました。

そして何より相談して良かったと思えたのが、債務整理をしていただくことで、月々の支払いが、自分が無理なく支払っていける金額での返済にしてもらえるように交渉して頂けた事でした。もちろん裁判所から届いていた訴状に関しても代理で対応して下さり、自分で裁判所へ出向いたりすることは一切ありませんでした。

着手金や成功報酬のような費用はもちろんかかってきますが、弁護士費用と比べると格段に安く、きちんとこちらのお財布事情も理解して下さっているので、そちらもムリなく支払えるように考えて下さいました。

元々リボ払いで返済していた時は、各社月々1万円ずつの返済で設定されていたのが、4社合計で月々2万円弱になり、今までの半分以下金額での返済にしていただく事ができました。

(裁判にまでなっていなければ、もっと月々の返済額が減らせていたそうです)

もちろん返済期間は長くなりますが、ムリのない返済金額になった事で、安心して穏やかな生活を送れるようになり、家族に迷惑をかけることもなく済んだので、本当に助かりました。

お陰様で、今は無事に完済することができ、以前よりお金を大切にする生活を送っています。
また私が依頼した債務整理は、自己破産と違ってきちんと完済すれば、一定期間後はいわゆるブラックリスト(信用情報)からも金融事故情報が削除されます。自己破産となると、その後は一切ローンを組んだり、クレジット契約等をしたりすることができなくなります。

ですから同じ借金返済を相談するなら、返済の為にあちこちから借り入れて借金総額を増やしていってしまう前に、債務整理でなんとかなるうちに手を打つようにする方が得策です。

借金は作らないことが一番良いのは当然ですが、借金をしてしまい返済が難しくなってきた時には、1人で悩んで苦しまず、勇気を出して専門家に相談することをおすすめします。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。