彼氏が原因で作った270万円の借金を債務整理した世田谷区30代女性の体験談

今回は世田谷区に在住の根本さんです。

当時お付き合いしていた恋人とパチンコにハマってしまい、キャッシング地獄から抜け出せなくなります。

ついにどこからも借り入れができなくなってしまった根本さんは債務整理をしようと決意します。

しかし、この中で失敗も見えて後悔することも出てきました。

これを読んでくださる方にも知っておいてほしいとのことで貴重な体験談をお話してくれます。

それでは根本さん、よろしくお願いいたします。

世田谷区の法律事務所で270万円の借金を債務整理した体験談

私は現在33歳の女で、既婚者です。

私が借金の債務整理をしたのは29歳の時でした。

初めて借金をしたのは27歳の時で、初めはこんなに借金が膨らむなんて思っていませんでした。

クレジットカードは以前から使用していましたが、毎月口座引き落としで遅れなく支払いをしていました。

借金をしてしまったきっかけはギャンブルです。

それまで27年間ギャンブルとは無縁な生活をしていましたが、当時付き合っていた彼がギャンブルが大好きな人で、一緒にパチンコ店に行った事がきっかけでこんなに借金をする事になってしまったのです。

初めてパチンコ店に行ったときは、ビギナーズラックというのでしょうか、勝ってしまったのです。

その時は1回で5千円勝ちました。

その時はそんなにお金に苦労はしておらず、普通に生活していけるだけの収入がありました。

しかし、一度パチンコ店に行っただけで5千円勝ってしまい、これを続ければもっと貯金が出来ると思ってしまったのです。

今思うと本当にバカな考えだったと後悔してもしきれません。

ギャンブルの為に貯金を崩す毎日

その後も彼と一緒にパチンコ店に通いました。

しかし、当然ながら勝ち続ける事なんて出来ず、負けや勝ちを繰り返します。

徐々にあと千円で当たるかもしれないという考えが浮かび、貯金をパチンコのお金に使うようになりました。

負けが続き貯金が無くなりそうな時、たまたま2千円の掛け金が12万円になったのです。

それがまた引き金となりました。

どんなに負けが続いても、いつか大勝ち出来ると思いながら、どんどんお金を使ってしまうのです。

ついにキャッシングをするきっかけに

貯金が底をつき、使うお金が無くなりキャッシングをしました。

一度借りてしまうと、癖になってしまい、まるで自分の口座からお金を引き出すような感覚でキャッシングをしてしまうのです。

生活費やパチンコに使うお金をキャッシングし、上限額までいったら新たにキャッシングする。

それを繰り返していたら、お給料だけではお金が足りなくなりキャッシングしたお金で一度返済しまた借りてしまうことの繰り返しで、一向に借金は減りませんでした。

そんなどん底の状況になり、誰にも相談できずにものすごく悩みました。

どうしたら良いか考えても解決策は少しづつ返していくことしかありませんでした。

でも、そんな状況でも「もしかしたらパチンコで10万円勝てるかもしれない。そしたら借金を少し返済できる」と思ってしまい、キャッシングしたお金でまたパチンコ店へ向かっていました。

返済しなければならない会社が5社に増え、借金総額が240万円に達し、これ以上どこからもキャッシングが出来なくなった時にようやく限界であることに気付きました。

任意整理を考えるようになる

自己破産も考えましたが、車を使わないと不便な街だったので、それは出来ないと思いました。

そして任意整理についてインターネットでとことん調べました。

5~7年間はキャッシングはもちろん、クレジットカードも使えなくなってしまう事が引っ掛かり、任意整理に踏み込む事が出来ませんでした。

しかし、任意整理のシュミレーションをやってみた所、今よりも大幅に借金が減る計算だったのです。

クレジットカードを使う事よりも、今は借金を返済する事を考えようとようやく任意整理に踏み込む事が出来ました。

法務事務所を調べ、口コミの良い法務事務所に連絡をして任意整理をお願いしました。

お願いしてから結果が出るまでは半年程掛かりました。

法律事務所でに思わぬ失敗

その間は法務事務所への依頼のお金だけを支払いし、借金返済はしていませんでした。

やっと結果が出て驚いたことは、借金は全く減らなかった事です。

任意整理後の金額は、総額270万円でした。

今後支払う利息は全て無くなりましたが、支払い総額は借りていた総額よりも増えていました。

そこに納得が出来ず詳しく聞くと、債務整理を依頼してからの半年間の延滞金が含まれたという事でした。

債務整理をする前の説明では、延滞金が掛かってくるという説明は一切なかったので納得する事が出来ず、何度も何度も繰り返し話を聞きましたが、私の担当をしていた人は司法書士ではなく、助手だったそうです。

もう依頼のお金は支払ってしまいましたし、これから違う事務所に依頼をしたとしてもまたお金が掛かってくる。

そしてそこからの延滞金も掛かるかもしれないと思ったら、そのまま受け入れ任意整理後の金額を返済していくしかありませんでした。

この記事を読んでいる方へのアドバイス

今もまだ返済中で、キャッシングやクレジットカードは使えませんが、任意整理した事は後悔していません。

むしろ、して良かったと思っています。

あのまま無理して返済していたら、借金は全く減っていなかったかもしれません。

しかし、任意整理を依頼する法務事務所はもっと調べてから決めるべきだったと思っています。

少しの口コミで決めず、十分過ぎるほどの下調べが必要でした。

何もかも分からず、不安いっぱいだったため説明不足にも気づきませんでした。

今後借金をする予定もつもりもありませんが、もしも今回の事があったら、下調べをもっとしてから依頼先を決めます。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。