日弁連、弁護士会などから紹介を受けて債務整理をするのは良い選択?

債務整理をする必要性は感じているけれど、どの弁護士や司法書士に頼めば良いかわからない・・・。

債務整理の手続きでは自分の年収や借金の残高など多くの個人情報も含まれています。

そんな債務整理ですが、安心して依頼できる弁護士はどうやって探したら良いのか分からないのは当然でしょう。

どんな専門家に依頼するかは深刻な問題ですよね。

そのような状況化で、日弁連や弁護士会から弁護士の紹介を受けることを、検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日弁連では無料の法律相談を定期的に受け付けているので、「どの弁護士に依頼したら良いのか検討もつかない!」という方は選択肢のひとつに入れておいても良いでしょう。

また、政府が管轄している「法テラス」では債務整理をする際に、必要な費用の立て替えなどを行ってくれます。こちらも検討しておく価値はあります。

法テラスについては債務整理を法テラスに無料相談するメリットとデメリットは?で詳しく解説しています。

日弁連や弁護士会の紹介の場合、面談が必須になる

日弁連や弁護士会で弁護士を紹介してもらう場合には、必ず規定や指針に則った面談を受ける必要があります。

弁護士会に規則(「債務整理事件処理の規律を定める規程」)内で、「弁護士は依頼者と面談をせずに債務整理の依頼を受けてはいけない」というルールがあるため、必ず面談が必要になるのです。

自分に一番合った債務整理の方法を選択するために、専門家の面談を受けることはとても大切です。

ただし、弁護士のスケジュールによっては面談を受けるまでに多少時間がかかる場合もあるようです。

また、債務整理に特化した弁護士を紹介してもらえるとは、限らないのもデメリットの一つです。

現在きびしい取り立てを受けているなど、債務整理を少しでも早く依頼したい人は、弁護士事務所や司法書士事務所の相談窓口に直接連絡をすると、比較的早く手続きを受け付けてもらえます。

また、どの弁護士に依頼したらよいか分からないという方は、下記で紹介している債務整理のチャット相談が間違いありません。

自分の条件に合った司法書士や弁護士をすぐに紹介してもらえますの合わせて利用しておくと良いでしょう。また費用も安く後払いや分割ができる法律事務所も多いです。

弁護士や司法書士への依頼が正式に決定した時点で、債権者からの取り立てはストップしますし利息や遅延損害金が増えていくというメリットがあります。

早めの対応をとることは、どこかから紹介を受ける、自分で探すにしても絶対的に有利となります。

法テラスでの費用立て替えには条件がある

「法テラス」は政府が運営している法律関係の相談センターです。

無料相談や弁護士の紹介をしてくれるほか、弁護士費用を支払うことが難しい人のために費用の立て替え制度も準備されています。

(立て替えてもらった費用は後日分割で支払うことができます)

ただし、法テラスでの費用立て替えには条件があり、依頼者の収入や資産の金額が要件を満たしていることと、勝訴の見込みがあることの2つによって判断されます。

収入や資産の要件は世帯人数や住宅ローンの有無によって違うので、確認をしておきましょう。

(たとえば1人世帯の場合には手取り月収は18万2000円以下とされています。

日弁連や弁護士会や法テラスから紹介を受け債務整理を行う場合、どうしても収入等の条件がつきますし債務整理に特化した専門家を、紹介してもらえる保証はありません。

また、自分で探す場合にもどの専門家が債務整理を得意として、親身に相談に乗ってくれるのか分からないケースの方が多いでしょう。

以上のことを総合的に考えても、債務整理を行う事を検討しているのであればまずは先述した、債務整理チャット相談で自分の状況を確認し該当した弁護士や司法書士に相談を行うのが一番の選択でしょう。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。