妊娠中の債務整理のポイント

身体や心の変化が激しく、なにかと敏感になってしまう妊娠中。

今後の人生設計など、考えることも多いですよね。

子供がいなかった頃は好きに使っていたお給料も、将来のために貯金や節約しなくてはいけません。

いざ子供が生まれた時に困ってしまわないように、お金の問題は妊娠中にすっきりさせておくとは非常に重要です。

キャッシングやローン返済などをしている方は、産前産後、そして育児中の働けない期間の返済についてもしっかりと考えなくてはいけません。

もし、返済が難しいようであれば、債務整理をするという方法があります。

ただでさえ体調がすぐれなかったりストレスを感じやすい時期に、『債務整理なんてするのは無理?』と不安を感じる女性も少なくないはず。

ですが、債務整理は一度依頼をしてしまえば自分でする事はほとんど何もありません。

督促も止まるので精神的なメリットも非常に大きいのは言うまでもありません。

しかし、正しい債務整理の方法を取らなければ肉体的にも精神的にも大きな負担となってしまう事も。

今回は、妊娠中が債務整理をする前に知っておきたい事を解説します。

また、大切なことなので結論からお伝えします。

現在、借金問題に悩んでいるのであれば1日でも早く今すぐに法律事務所へ相談をして下さい。

特に妊娠中の方の場合は、自分だけでなく家族や産まれてくる子どもの為にも、1日も早く行動する必要があります。

借金問題は時間が経過すればするだけ、状態は悪化するだけです。

放置し続けた結果、家族にも影響を及ぼす自己破産以外選択肢が無いといった最悪の結末を迎えてしまった方は少なくはありません。

また、『現実問題として、借金を完済するのは収入から考えて無理だと頭では分かっている。』

『利息を支払うだけで精一杯で、元金が1年以上全く減っていない。』

このような状況に陥っている方は既に黄色信号が点滅している状態で、その借金を完済するのはまず無理です。

手遅れになる前に今すぐ、法律事務所に相談をしてください。

1人で悩んでいたけど、実際に専門家に相談したら思っていたよりも簡単に問題が解決できた。

債務整理をして借金問題を解決した方が口を揃えていう言葉です。

いち早く行動をすることをおすすめします。

どこに相談をしたら良いか分からない方は、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

妊婦さん必見!妊娠中の人の為の債務整理の方法

妊娠・出産はそれまでの生活スタイルがガラッと変わってしまう重要な出来事。

そのため、妊娠したタイミングで人生設計や収支のバランスを見直す必要があります。

現在、妊娠・出産にまつわる医療費は、そのほとんどが保険適用外となっています。

さらに、マタニティグッズやベビーグッズなど、新たに買い揃えないといけないものもたくさん。

妊娠した女性の多くは、お金に対して何らかの不安を感じることでしょう。

『産んだはいいけど、いざ子育てするのにはどのくらいお金がかかるのか。』

『将来のために、学資保険などに入ったほうがいいのか。』

このように、お金に対する心配事は尽きません。

少しでもお金に対する不安を解消できるように、妊娠・出産にまつわる出費についてもよく調べる必要があります。

国の制度を利用すれば、出産費用の負担を軽減することもできますので、こちらもチェックしておきましょう。

【出産にまつわる補助制度】
・出産育児一時金
・児童手当
・出産手当金(産休手当金)
・育児休業給付金(育休手当)

出産育児一時金は子供1人につき42万円、分娩費用を負担してくれるものです。

児童手当は3歳以下の子供であれば15,000円が毎月支給される制度で、どちらも誰でも受け取ることのできるお金です。

出産手当金や育児休業給付金は、健康保険や雇用保険に加入している女性が産休・育休を取得する場合に受け取れるものです。

そのほかにも、以下のような制度を覚えておくと便利でしょう。

【妊娠時のトラブル等で頼りになる制度】
・高額療養費
・傷病手当金
・失業手当
・医療費控除

高額療養費は、入院・手術などで毎月の医療費の上限を超えた場合に、超過分を返還してもらえる制度です。

傷病手当金は、自宅安静などを言い渡されて仕事を休む場合に健康保険からもらえるお見舞金のようなものだと思ってください。

また、妊娠で会社を辞める場合には、失業手当を受け取ることができます。

医療費控とは、年間の医療費が10万円を超えた場合に、確定申告することで還付金を受け取ることができる制度のことです。

1世帯全員での申請が可能で、病院だけではなく市販の医薬品や病院までの交通費も申請可能です。

このような制度を上手に利用すれば、妊娠・出産にまつわるお金を節約することができますね。

妊婦さんが選ぶのは任意整理、自己破産、個人再生どれがいい?

借金のある方は、出産後、旦那さんだけのお給料で生活をしながら返済を続けることができるのか、よく見極めなくてはいけません。

いざ産休・育休を取得したり仕事を辞めてみて、やっぱり返済できないとなると大変です。

まずは、しっかりと返済計画を立てます。毎月の返済額をお給料でカバーできるか、生活費なども見直して計算してみましょう。

計算してみた結果、お給料だけでは返済が難しいと判断した場合には、すぐに債務整理を検討する必要があります。

債務整理とは、借金を減額したり帳消しにしてくれる手続きのことで、以下の4つの方法があります。

・任意整理

・過払い金請求

・個人再生

・自己破産

任意整理は貸金業者と直接交渉して、利息などをカットした元金のみの返済にしてもらう手続きです。

過払い金請求は、メディアなどでもよく取り上げられているように、払いすぎた利息を返してもらうもので、誰でも手続きできるというわけではありません。

個人再生や自己破産は裁判所に申し立てをして、借金の減額、帳消しを求める手続きとなります。

債務整理をおこなう場合には、まずは弁護士や認定司法書士といった専門家に相談するようにしましょう。

まだ、債務整理をするか迷っているという人でも、今の借金の状況などを相談することで、的確なアドバイスがもらえます。

お伝えしている通り、今借金問題で悩んでいるのであれば1日も早く専門家に相談をして下さい。

今すぐに借金問題を解決する⇒

妊娠中こそ、早めの債務整理をすることが重要!

妊娠中というのは、様々な予期せぬトラブルが発生するものです。

切迫流産に切迫早産、悪阻や妊娠中毒症、妊娠にまつわる病気はたくさんあります。

そのため、出産直前まで働くつもりでいても、いつ仕事ができない状態になるかもわかりません。

いざそうなってしまってから債務整理をしようと思っても、自由に出歩くことができませんから、法律事務所へ出向いて依頼するのも難しいでしょう。

債務整理したいのに、手続きをスムーズに進めることができず、長く返済に苦しんでしまうなんてことにもなりかねません。

妊娠中こそ、早めに債務整理をおこなうように心がけましょう。

また、債務整理の手続きを開始すると、返済行為がストップします。

貸金業者から直接、連絡が来ることもなくなりますので、余計なストレスを抱える心配もありません。

身体の中で赤ちゃんを育てるというのは、大変なことです。

できれば、妊娠中は赤ちゃんと自分の体のことに集中したいですよね。

そのためにも、妊娠が分かったらなるべく早く、債務整理を検討するようにしましょう。

妊娠中の債務整理まとめ

『妊娠をすると、身体だけでなく精神的にもストレスや疲れを感じやすくなってしまいます。』

デリケートな時期に、お金のトラブルを抱えているのはよくありません。

現時点では、無理なく借金やローンの返済をしていたとしても、出産前後の働けない時期には収入が減ってしまいます。

万が一、不安を感じているのであれば、なるべく早い段階で弁護士などの専門家へ相談するようにしましょう。

妊娠中であっても、債務整理は問題なくおこなえます。むしろ、妊娠後期や産後は思うように出歩くこともできません。

体調に問題がないのであれば、妊娠がわかった時点で、1日でも早く専門家へ相談して下さい。

大切な家族と子供の将来のためにも、お金のトラブルは妊娠中に解決してしまいましょう。

今すぐに行動をすることが非常に重要です。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。