【借金はソープで働いて返す必要はない】風俗ではなく債務整理で解決すべき3つの理由

「借金はソープや風俗で働いて返すしかない?」
「どうしても水商売はやりたくない!」
「他に借金返済する方法はない……?」

こんなふうに悩んでいる女性の方も多いでしょう。

実際に、借金返済のために風俗やソープで働く人も少なくありません。

最近ではホストクラブ通いやインスタ映えのための洋服・アクセサリーなど、女性が借金を抱えてしまう要因が増えています。

結論からいうと、借金は風俗やソープで働いて返すよりも、債務整理で解決するのがおすすめです。

この記事では、多額の借金を抱えてしまった女性の方に向けて、こんな内容をまとめました。

この記事でわかること
  • ソープや風俗で借金を返すのはリスクが高い
  • 借金を債務整理で解決すべき理由
  • 弁護士に依頼すれば債務整理が簡単にできる

この記事を読めば、水商売をしなくても借金返済できる手立てが見つかるので、ぜひ最後まで読んでください。

借金は時間が経つほど状況が悪くなります。

自力で返済できないほど多額の借金を抱えている人は、今すぐ解決に向けて行動を起こすことが大切です。

ソープや風俗で借金を返すのは簡単ではない!理由を解説

ソープや風俗で働いてお金を返すのは、決して簡単なことではありません。

理由としては以下の3つが挙げられます。

ソープや風俗での借金返済が大変な理由
  • 高収入が保証されるわけではない
  • 肉体的・精神的な負担が大きい
  • 親・友人・恋人にバレることもある

それぞれ順番に見ていきましょう。

高収入が保証されるわけではない

ソープや風俗は高収入なイメージがありますが、必ず稼げるとは限りません。

ソープや風俗は原則として歩合制なので、「年齢が若い」「スタイルや容姿に自信がある」という人でもない限り、十分に稼げない可能性もあるのです。

もっといえば、風俗で稼げる額は地域によっても異なります。

東京や大阪などの都市部であればお客さんの数も多いですが、地方だと思ったように稼げないこともあるでしょう。

肉体的・精神的な負担が大きい

ソープや風俗の仕事は肉体的・精神的な負担も大きいです。

風俗で高い収入を得ようと思えば、多くの客を相手にする必要があり、そのぶんストレスも大きくなるでしょう。

また、客から暴力を振るわれたり、ストーカーに遭ってしまったりするリスクも考えられます。

ソープや風俗は上手くいけば稼ぐことができますが、リスクが高い仕事であることは理解しておきましょう。

親・友人・恋人にバレることもある

ソープや風俗で働いていると、知人にバレる可能性もあります。

多くの人は、ソープや風俗などで働いていることを知られたくはないでしょう。

隠し事をしていることがわかれば人間関係に悪い影響を与えることもありますし、恋人がいる人はなおさら避けたほうが無難です。

ソープや風俗で働く際は、バレた時にどうなるのかよく考えておきましょう。

バンスを利用するのは得策ではない

バンスとは、風俗店からの給料の前借りのことです。

借金の返済のために「バンス」を利用するのも得策とはいえません。

その理由は以下の2つです。

バンスの利用が得策とはいえない理由
  • 希望額が借りられるとは限らない
  • 高額になると条件も厳しくなる

バンスはお店側の好意というよりも、ソープ嬢をお店に縛り付けるための手段という意味合いが強いです。

よって、あまりお客がつかないと判断されてしまえば、十分な額を借りられない場合もあるでしょう。

また、金額に応じて条件も厳しくなります。

条件は勤務時間や出勤に関するものが多く、早い話がバンスを利用するとソープを辞め辛くなるのです。

上記の理由から、バンスをあてに借金返済しようとするのは得策とはいえません。

借金は風俗やソープで働くより債務整理で解決すべき3つの理由

借金は風俗やソープで働いて返すよりも、債務整理で解決することをおすすめします。

債務整理での解決を勧める理由は、次の3つです。

借金は債務整理で解決すべき理由
  1. 派遣や契約社員でも債務整理できる
  2. ホスト通いや浪費が原因でも自己破産は認められる
  3. 思っているよりデメリットが小さい

それぞれについて、順番に見ていきましょう。

①派遣や契約社員でも債務整理できる

アルバイトや契約・派遣社員だからといって債務整理できないというのは、大きな間違いです。

債務整理には、主に以下の3つの方法があります。

債務整理の方法
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

任意整理・個人再生は、借金の返済を楽にする手続きです。

任意整理なら「利息の免除と返済期間の見直し」、個人再生なら「元本部分の減額」が可能で、残りの借金を分割で返していくことになります。

手続き後に借金を返済していける収入があれば、アルバイトだろうと任意整理・個人再生は可能です。

任意整理については、下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

個人再生については、下記ページで詳しく解説をしています。

関連記事⇒個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある

また、借金額に対して収入が低く、任意整理や個人再生でも解決できないときは自己破産を用います。

自己破産すれば借金が全額免除され、手続き開始後の収入はすべて自由に使えるので、いち早く借金生活から解放されるのです。

自己破産については、下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

②ホスト通いや浪費が原因でも自己破産は認められる

ホスト通いが原因だと自己破産はできない、というのも勘違いです。

確かにギャンブルや投資、ホストのツケなどの遊興費・浪費が原因の借金は、自己破産が認められない「免責不許可事由」にあたります。

しかし、実際の手続きでは裁判所によって「裁量免責」が与えられることがほとんどです。

ギャンブルや投資などが原因の自己破産については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事⇒追証が払えないと破産するしかない?株やFXの借金を債務整理する方法

③思っているよりデメリットが小さい

ほとんどの人は債務整理など経験したことがないため、どうしても不安になってしまうでしょう。

しかし、実は債務整理は思っているよりデメリットが小さいです。

例えば、自己破産したときのデメリットは次のとおりです。

自己破産のデメリットまとめ
  • 官報に掲載されて知人や勤務先に知られる
  • 所有している財産を失う
  • ローンの利用やクレジットカード作成ができなくなる

まず、一般の人が官報を確認していることはまずありません。

金融機関や警備会社のように、自己破産によって影響が出る職業でもない限り、周りの人にバレる可能性は低いです。

債務整理で制限を受ける職業に関しては、こちらの記事でわかりやすくまとめています。

参考⇒債務整理と職業制限~自己破産をするとクビや仕事への影響がある?

財産に関しても、すべてを失うわけではありません。

自己破産で差し押さえられるのは「20万円以上の財産」なので、生活に必要な家具・家電等を失ってしまうこともないでしょう。

現金も99万円までは手元に残せます。

クレジットカードに関しては、使えないと航空券の決済が通らなかったり、格安SIMの支払いができなかったりと不便な場面もあるでしょう。

しかし、まともに生活できなくなるようなことはありません。

上記の理由から、債務整理しても実質的なデメリットは少ない場合も多いのです。

債務整理は弁護士・司法書士に相談するのがおすすめ

債務整理を行う際は、弁護士・司法書士に相談するのがベストです。

債務整理は、借金額や生活状況などによって取るべき手続きが異なります。

弁護士・司法書士に相談すれば、必ずそれぞれの借金問題に合致したベストの解決策が見つかります。

また、無料相談できる事務所も多いので、相談費用を心配する必要もありません。

まとめ

借金は風俗やソープで働いて返すよりも、債務整理で解決するのがおすすめです。

風俗やソープで働いても必ず稼げるわけではなく、身体的・肉体的なリスクや知人にバレる可能性もあります。

債務整理をおすすめする理由は、以下の3つです。

借金は債務整理で解決すべき理由
  1. 派遣や契約社員でも債務整理できる
  2. ホスト通いや浪費が原因でも自己破産は認められる
  3. 思っているよりデメリットが小さい

債務整理を行うなら、自分に合った手続きを選ぶためにも弁護士・司法書士に相談しましょう。

借金問題は時間との勝負です。

放置すれば利息や遅延損害金、債権者からの訴訟などリスクは大きくなります。

自力で返済しきれない借金がある人は、風俗やソープで働くよりも、まずは弁護士・司法書士に相談して解決を図りましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。