離婚をきっかけに債務整理をした奈良県41歳女性の債務整理体験談

今回は奈良県にお住まいの田丸さん。

田丸さんは生活費などに充てるお金を消費者金融から借り入れしていました。

ご主人の給料だけでは足りず、お義父様の年金をあてにする暮らし。

借り入れは複数社契約しており、まさに多重債務です。

しかし、ご主人との離婚をきっかけに任意整理しなくてはと決意します。

弁護士に相談してわかった任意整理と自己破産の違い、そして田丸さんはどのような手続きを行ったのでしょうか。

それではよろしくお願いします。

奈良県の法律事務所で150万円の借金を債務整理した体験談

「返す意思はありますか?ありませんか?」

これは、意を決して弁護士事務所にお伺いした時に一番初めに聞かれたことです。

その意思があるのか、ないのかで手続きが変わってくるからです。

ものすごく緊張していた私でしたが、「あります」と答えました。

そもそも私は、結婚して旦那の実家である奈良にて暮らしていました。

当時30代前半、子どもは小学一年生でした。

借入の原因は、商品の購入と生活費の補填。

旦那の収入が少ない上に、旦那の前の奥さんとの子どものために購入したというマンションの支払いがあり、旦那の両親に私たち夫婦と子供。

5人での暮らしを支えていたのは、義父の年金でした。

私もパートに出ていましたが、大きな収入になることはありませんでした。

離婚をきっかけに債務整理を決意

生活費が足りなくなってくると、こちらのカードで借入をしては、あちらのカードに返すという自転車操業に陥って気づけば契約カードは4枚もありました。

最終借入金額は、150万くらいでした。

任意整理をしないと、どうにもならないと思ったのは離婚がきっかけです。

旦那との関係はその数年前から冷めていて、ある日私と子どもに向かって椅子を投げつけたことがあって、離婚を決意しました。

それまでも、あざができるほど子どもの腕をつかんだり口元を押さえたり、恫喝している場面を見ていたのでこれは絶対ないなと思ってのことでした。

離婚をするためには、まずは離婚届。

慰謝料はいらないので、親権だけほしいと伝えました。

虐待になりかねない旦那の子供の関係を見ていたので、子どもを置いてゆく選択肢はありませんでした。

旦那に記名と捺印させるのに、結構時間がかかりました。

ここで確実に精神的に削られます。

それでも、自分で決めたこと。

すぐに、引っ越しや転校・転出の準備。

実家に戻ったとして、就職して自分でお金を稼げるようになるまで数か月かかる。

実際に弁護士に相談をすることに

その間も、借入の会社からは督促がどんどん届くのが目に見えていました。

任意整理しよう。

そう決意して、何軒か法律事務所は弁護士事務所に連絡をいれました。

正直なところ、大手と言われるような事務所は「またか」という感じで、とても冷たくあしらわれたように思います。

私がお願いした弁護士事務所の方は、私の現状・今までの経緯を丁寧に聞いてくださり、冒頭の言葉をかけてくださいました。

返す意思があるのか、ないのか。

それによって、「任意(債務)整理」なのか「自己破産」なのかが変わってくるのです。

どちらも同じように思っておられるかもしれませんが、違うものなのです。

任意整理についてわかったこと

まず任意整理は、弁護士さんと借入会社が話し合い、グレーゾーンといわれる利子(利息)をなくした元金を返すことになります。

商品代金はほぼ元金なので、支払うことになります。

ここで重要なのは、借入金。

これは利息がふんだんに盛り込まれているので、月々の返済で返せる元金はほんのわずかです。

返済額のほとんどは、利息です。

この利息が大事。

グレーゾーンで計算された利息×年数で、過払い金が生じていることがあるのです。

元金より多くの利息を返済していた場合、過払い金としてお金が手元に戻ってくることになります。

私はその過払い金で、20万ほどが手元に戻ってきました。

そのお金で弁護士さんへの費用を支払い、残りは任意整理後の返済にあてました。

弁護士費用をどうしようと思っておられる方も多いと思いますが、何とかなります。

あとは、金額を先に確認してからお願いすることをおすすめします。

年数はかかりましたが、実家に戻り、就職して最後まできちんと返済することができました。

就職が決まった時に弁護士事務所に連絡を入れたら、とても喜んでくださいました。

私は任意整理なので、体験についてはここまでです。

自己破産についてわかったこと

あとは、自己破産について。

自己破産は任意整理とは違って、家族にバレます。

確実に。

これは裁判所に行ったり、書類の準備があったりと手続きが複雑になるためです。

裁判所からは、何回か出廷命令がきます。

そこで自己破産について,借入会社と話を進めていくことになります。

借入会社が現状を受け入れ、返済しなくてもいいですよとなるといいのですが、あちらも出したお金を返してもらえない.

となると、そう簡単に了承してくれるものでもありません。

弁護士さんから、「時間がかかります」と説明を受けたことを覚えています。

私が自己破産ではなく、任意整理にしたのはこれのせいもあります。

なにより、家族に知られたくなかったから。

弱みを見せるようなことを、したくなかったのです。

あと、任意整理はクレジットカードがしばらく作れないかもしれないぐらいなのですが、自己破産は車の購入やローン契約が当分の間できなくなります。

ただし返済の義務はなくなるので、家族にバレるのも裁判所に出廷するのも、書類の準備等も構わないということであれば、それでもいいのかと思います。

本当に一番いいのは、債務整理しなくていいようにすることなんですよね。

一人でもこの情報を必要としておられる人に届きますように。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。