生活費の工面の為に自転車操業!大阪府の法律事務所で借金を債務整理した体験談

今回は大阪府に在住の豊田さんです。

豊田さんは、シングルマザーで2児の母です。

養育費はもらっていなかった為、生活費の工面の為に消費者金融から借り入れをしてしまいました。

総額300万円ほどです。

借金を返すために借金をと、自転車操業に陥り、元旦那さんに相談するも聞き入れてもらえず音信不通に。

そして、身内に泣きつくもこちらも揉めてしまい助けてもらえず終い。

友人にそんな状況を相談すると、弁護士に相談することを勧めらて実際に相談をすることになりました。

弁護士からは自己破産を勧められて、自己破産をすることとなります。

しかし豊田さんは後悔していることも多々あるようです。

同じように悩んでいる人に伝えたいことも併せてお話いただきました。

それではよろしくお願い致します。

大阪府の法律事務所で300万円の借金を債務整理した体験談

大阪府に住んでいる主婦です。

20代の時私は自己破産しました。

私はシングルマザーで子どもが二人いました。

その当時は建設業で働いていましたが、リーマンショックの影響もあり不景気の影響をもろに受けてしまい、仕事がどんどん減っていきました。

養育費はもらっていなかったため、生活費を工面するために貯金を切り崩していったのですが、やがてその貯金もなくなりました。

結局食費や固定費など生活費の支払いのため、消費者金融会社から総額300万円ほどを借りました。

自己破産前は消費者金融など数社から借り入れていて気軽に借りれることもあり、すぐに自転車操業に陥ってしまいました。

毎月生活費でいっぱいいっぱいで、ローン返済に充てるお金はなく借金は膨らんでいく一方でした。

周りに借金について助けを求めるも聞き入れてもらえず

にっちもさっちもいかなくなり、最初に元旦那に相談しました。

ただ協力が得られるはずもなく、借金があると分かったら連絡を取れなくなってしまいました。

他に身内にも相談したのですが、結局お金のやりくりを責められて揉めてしまい、縁を切られてしまいました。

かといって借金の返済ができるわけではありません。

調べていくうちに最終的に訴訟に至ると知り、本当に怖くなりました。

最初は穏やかだった取り立ての電話も、どんどんエスカレートしていきました。

借金が膨らんでいくにつれ、月に一度だった電話が毎日3回、自宅と携帯に電話がかかってきました。

借金の督促はひどくなる一方で恐怖の日々

自宅に請求書が届き、職場にも電話がかかってくるようになりました。

ついにはそっち系の男性が自宅に何度も訪問され、一括返済を迫られました。

そこで昔の知り合いに恥を忍んでこれまでの借金とどうにもならないことを伝えたところ、弁護士に相談してみたらどうかと言われました。

そこで弁護士事務所に知り合いと一緒に行き、債務整理の自己破産を薦められました。

自己破産と聞くとよくないイメージが先行してしまいどうだろうと思っていましたが、もう一度子供たちとの生活をやり直すためには自己破産しかないと思い決意しました。

まずは弁護士さんと一緒に、借入先や月々の返済額や借りたお金の使い道を書類にまとめました。

2度ほど弁護士さんと一緒に裁判所に行き自己破産の手続き、説明を聞きに行きました。

自己破産手続き開始で精神的に回復

あれだけ来ていた消費者金融の人も来なくなり、電話もなくなりほっとしたのを覚えています。

旅行や居場所がわからなくなることは禁止されていましたが、自己破産したもののお金があるわけではないのと精神的にも疲れていたので近場に行く気力もありませんでした。

弁護士費用としてかかった費用は、全部あわせて80万円弱でした。

もちろん即金を用意できませんでしたので、分割払いでお支払いしています。

弁護士事務所に相談した時から長期間になることを覚悟していたのですが書類提出も併せて、最終的に申立から大体10か月くらいで出来上がりました。

自己破産をしたことで周りに迷惑をかけてしまった

自己破産したことで借金はなくなったものの、身内と揉めたことが一番申し訳なかったと思っています。

最初にローンを組んだ時に連帯保証人がついていたことが問題でした。

私がどうにもならなくなって破産してしまい、保証人がすべての債務を抱えなくちゃいけなくなったことは本当に申し訳なかったです。

結局身内も自己破産することになり、大変もめてしまい縁を切ることになりました。

自己破産する前、借金に悩んでいた時は返済しなければならないという精神的ストレスと、どんどん滞納していくローン金額とひどくなる取り立てのせいで毎日鬱になりそうな日々を過ごしていました。

自己破産をして借金が免責されて、そうした精神負担がなくなり、ほっと肩の荷が下りたことを覚えています。

生活は前の生活からは考えられないほど、質素な生活を余儀なくされていますがそれも仕方のないことだと思います。

ただ今はリストラされてしまい正社員の仕事がなくなり、わずかなパートのお金と生活保護を受給しながらやりくりしています。

自己破産をしてからのデメリットや後悔

また車がないと生活できないといわれている田舎に住んでいるにもかかわらず、車がなくなってしまいすごく不便です。

子供のやりたがっている習い事や塾なども習わせてあげることができず、遊びに行くお金も出してあげることもできず、本当に子供にすごく迷惑が掛かっているのがつらいです。

借金をしていた当時、お金のことで頭がいっぱいになり、子供のことも十分相手をできずつらい思いばかりさせていたように思います。

そして頭がいっぱいいっぱいになってしまい、債務整理も自己破産以外の方法は考えられませんでした。

しかし落ち着いてから調べてみると、実際は他にも債務整理方法はたくさんあり、その人の状況によって取るべき手続きは違うようです。

自分だけで悩むのではなく今はインターネットや市の無料相談弁護士など専門家の意見を取り入れ、自己破産についてよく知ることが大事だと思います。

今の生活を思うと安易に自己破産の道を選ぶのではなく、自己破産は最終手段として利用することを検討してください。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。