費用が高い法律事務所を変更する事は出来る?

『債務整理を依頼したけれど、法律事務所から聞いていた料金よりも高い。』

費用が聞いていた金額よりも高かったり、なかなか対応をしてくれないなど債務整理を依頼したのになかなか思うような手続きをしてくれない法律事務所もあります。

基本的に、法律事務所の多くは責任を持った対応をしてくれるでしょう。

しかし、一部の悪質な法律事務所がある事も事実。

そんな際に、考える法律事務所の変更。

結論から言うと、キャンセルして新しい法律事務所に依頼をする事は出来ます。

ですが、しっかりとした対応をしないと、法律事務所からも違約金を請求されて、更に借金が増える可能性も否定できません。

今回は依頼した債務整理を、円満にキャンセルする時の注意点について解説していきます。

また、現在依頼している法律事務所に不満があり今すぐに法律事務所をしたい方は簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

債務整理を依頼した法律事務所との契約をキャンセルすることは出来る

債務整理手続きは、弁護士や司法書士との委任契約に基づいて、おこなわれるのが通常。

ですから、逆に言うと合意のもと契約を解除することができます。

つまり、専門家が同意すれば、契約をなかったことにできるわけです。

法律の仕事は、依頼者の信頼がないと、とてもやりづらい仕事ですので、無理に引き止めないケースがほとんどです。

ただ、この場合すでに支払った報酬がもどってくるとは限りません。

報酬の説明があまりに不十分であったなどの事情があれば別ですが、仕事を依頼されたほうからすれば、報酬もきちんと説明し、納得して契約したのにという思いもあるでしょう。

すでに、あれこれ調査をし、経費もかかっている可能性もありますので、そうした事情はこちらも考慮する必要があります。

さらに注意が必要なのは、キャンセルすると、債権者からの請求や督促が復活することです。

既に債務整理を依頼した方は、債務整理を始めた時、債権者からの督促が止まったはずです。

これは、弁護士や司法書士等の専門家が介入した場合、直接、債務者に督促することが法律で禁じられているからです。

しかし、専門家がはずれると、債権者は督促しない理由がなくなりますので、一挙に督促が再開される可能性が高いでしょう。

一度、債務整理に着手したということは、もうこれ以上支払えないという事が相手に伝えてしまったわけですから、債権者も危機感をもっているはずです。

ですから、一度債務整理を始めてしまったら、後戻りはできないというくらいの気持ちで臨むことが重要です。

キャンセルする前に、必ず次の専門家を決めておきましょう。

そうでないと、債権者からの督促で、生活に支障がでてしまう可能性があります。

債務整理は昔に比べると費用があがってはいるけれど

債務整理にかかる費用は、昔に比べるとかなり高くなっています。

昔はお金に困っている人から、高額な報酬はとれないと考える専門家も多く、半分ボランティアでやってくれる事務所もありました。

個人の債務整理手続きは、他の業務(たとえば離婚や相続、交通事故の損害賠償請求など)にくらべると簡単だという事情もありました。

ところが、過払金請求が簡単に認められるようになり、状況が一変しました。

20年間、30年間、数社から借入れをし、返済をしてきた人ですと、数百万円以上の過払金がでることも珍しくありません。

また、手続きも複数の消費者金融や銀行等、債権者にどのくらい債務があるのかを調査するのも複雑になりました。

このような背景もあり、法律事務所にある程度の手数料がかかってしまう。という事は仕方のないことなのです。

また、ボランティアで債務整理をしてくれる法律事務所を探す方が一定数いますがまず無理です。

資格も無いのにコンサルティングをする。といって多額のお金をだまし取る悪質な人もいるので注意してください。

事前に法律事務所との無料相談で報酬をしっかり確認することが重要

債務整理の費用に不満を持つ人は一定数います。

過払金がない人の債務整理にも、影響を与えているといえるでしょう。

昔は過払金が発生していない、純粋な任意整理ですと1件2万円くらいが相場でした。

しかし、今では1件5万円くらいに跳ねあがっています。

報酬の計算も複雑になっており、いったい最終的にいくら払うことになるのかわからないケースもあるでしょう。

不安な場合は、債務整理を依頼する時に友人や家族などに立ち会ってもらいましょう。

債務整理の料金が高い法律事務所を変更することは出来る

費用が高い法律事務所を解約して、新しい法律事務所と契約をする事は可能です。

実際に、思っていた金額と違う事を理由に法律事務所を変更したくなる人も一定数います。

本来であれば、料金もしっかりと納得した上で債務整理の依頼をするのが一番。

途中での法律事務所変更は、債務者にとっても法律事務所にとってもデメリットでしかありません。

しかし、それでも人間です。

言った言わないもあるでしょうし、人として合う合わないもあるでしょう。

そんな時は、喧嘩別れするのではなく、しっかりと話し合ったうえで法律事務所の変更をしてください。

また、どうしても自分で変更が出来ない場合は新しい法律事務所に依頼をするのも一つの手です。

新しく担当してもらう法律事務所に、現在の法律事務所に話をしてもらう事で話がうまくまとまるケースもあります。

いずれにしても、借金問題は後回しにするのが一番よくありません。

法律事務所選びで悩んでいる間にも、利息や遅延損害金は増え続け、更に状況は悪化するだけ。

1人で悩むのではなく、まずは今すぐに法律事務所に相談をすることをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。