借金を債務整理するとブラックリストに載る?3つのデメリットや条件について解説

「ブラックリストって何?」
「どうやったらブラックリストに載るの?」
「借金を滞納していると信用ブラックになる?」

こんな疑問を抱いていないでしょうか?

ブラックリストという言葉は知っていても、具体的なデメリットについてはわからない人も多いと思います。

実は、ブラックリストというものは存在せず、信用情報機関に「事故情報」が登録されている状態をブラックと呼んでいるだけなのです。

ただ、言葉としては有名なので、当記事では便宜上ブラックリストという呼び方で解説していきます。

この記事では、ブラックリストについて以下の内容をまとめました。

この記事でわかること
  • ブラックリストとは何か
  • ブラックリストに載る条件
  • ブラックリストのデメリット

この記事を読めば、ブラックリストに載ってしまうとどうなるのかわかります。

「自分がブラックリストに載っていないか心配…」

という人は、ぜひ最後まで読んでください。

ブラックリストとは?

繰り返しになりますが、ブラックリストというものは存在しません。

借金を滞納したり債務整理したりすると、信用情報機関に「事故情報」が登録され、この状態をブラックと呼んでいます。

なお、信用情報機関には以下の3つがあります。

信用情報機関の種類
  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

上記に事故情報が登録されると、いわゆるブラックリスト入りということになります。

借金を滞納するとブラックリストに載る?条件について解説

ブラックリストに載ってしまう条件は、主に以下の3つです。

ブラックリストに載る条件
  • 借金を一定期間滞納したとき
  • 債務整理の手続きを行ったとき
  • 代位弁済が行われたとき

それぞれ順番に解説していきます。

借金を一定期間滞納したとき

借金を一定期間滞納していると、信用情報機関に「事故情報」が登録されます。

滞納を始めて、事故情報が登録されるまでの期間はおよそ2〜3ヶ月で、信用情報機関によって異なります。

詳しくまとめると以下のとおりです。

信用情報機関 登録されるまでの期間
JICC 3ヶ月以上
CIC 61日以上、または3ヶ月以上
KSC 61日以上、または3ヶ月以上

借金を2〜3ヶ月滞納すると、事故情報が登録されてしまうので注意が必要です。

債務整理の手続きを行ったとき

債務整理の手続きを行うと、信用情報機関に「事故情報」が登録されます。

そもそも債務整理とは、借金の減額・免除や返済期間の見直しを行い、返済を楽にするための手続きのことです。

債務整理には、主に以下の3つの方法があります。

主な債務整理の方法
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

上記のどの方法を選んでも、信用情報期間に事故情報が登録されてしまいます。

それぞれの債務整理方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

参考⇒個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある

参考⇒自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

代位弁済が行われたとき

代位弁済が行われたときも、信用情報機関に「事故情報」が登録されます。

代位弁済とは、債務者(借金を借りている本人)が返済できなくなったときに、保証会社が代わりに返済することです。

代位弁済が行われるまでの流れは、以下のとおりです。

代位弁済が行われる流れ
  1. 債権者からの督促がくる
  2. 保証会社が債権者に代位弁済する
  3. 保証会社が債務者に立て替えた分を請求する

債権者からの督促を無視していたらいつの間にか代位弁済され、信用情報に傷がついた、ということも考えられるので注意しましょう。

ブラックリストに登録される期間は?

ブラックリストに登録される期間は、およそ完済から5〜10年となります。

実際の期間は債務整理方法や信用情報機関によって異なり、詳細は以下のとおりです。

CIC JICC KSC
任意整理 5年間 5年間 5年間
個人再生 5年間 5年間 10年間
自己破産 5年間 5年間 10年間

なお、金融機関によって参照する信用情報機関は異なります。

例えば自己破産した場合、カード会社Aでは完済から5年でカードが作れたのに対し、カード会社Bでは10年かかった、ということも考えられます。

場合によって異なりますが、ブラックリストが消えるまでの期間は完済からおよそ5〜10年です。

ブラックリストに載るとどんなデメリットがある?

ブラックリストに載るデメリットは、以下のとおりです。

ブラックリストに載るデメリット
  • クレジットカードの発行・更新が非常に難しくなる
  • ローンや借り入れの審査も非常に通りにくくなる
  • 保証人になれなくなる

それぞれ順番に解説します。

クレジットカードの発行・更新が非常に難しくなる

ブラックリストに載ると、カードの更新・発行は非常に難しくなるので注意が必要です。

信用情報に傷がついている状態だと、カードの審査が非常に通りにくくなり、既に使用中のカードも更新時期が来たら使えなくなる可能性が非常に高いです。

事故情報が登録されていても、例外的に審査に通るケースもあります。

しかし、基本的にブラックリストに載るとカードの作成・更新は非常に難しくなると認識しておきましょう。

ローンや借り入れの審査も非常に通りにくくなる

ブラックリストに載ると、ローンや借り入れの審査も非常に通りにくくなるので注意が必要です。

信用情報に傷がついている状態だと、自動車ローンや住宅ローンを含めた融資が非常に通りにくくなります。

ローンの通りやすさは状況によって異なります。

例えば、信用の高い企業に勤めていたり、頭金を多めに用意したりすることで、ローンが組める可能性が上がることもあります。

とはいえ、基本的にブラックリストに載るとローンを組むのは非常に難しくなると考えておきましょう。

保証人になれなくなる

ブラックリストに載ると、保証人になれなくなるので注意が必要です。

信用情報機関に事故情報が登録されている人は、保証人・連帯保証人にはなれません。

例えば、子供が奨学金を借りるときに親を保証人にしようとしても、親の信用情報に傷が付いていれば、保証人にはなれないのです。

ただし、奨学金に関しては「機関保証制度」があるので、必ず親を保証人にする必要はありません。

それ以外のケースでも、保証人や連帯保証人になることはリスクが高いので、避けたほうが良いといえるでしょう。

返済できない借金は債務整理したほうがいい

借金をどうしても返済できないときは、債務整理したほうが無難です。

ブラックリスト入りを恐れて債務整理しなくても、借金を滞納してしまうと結局はブラックリストに載ってしまいます。

また、早めに債務整理すれば、利息や遅延損害金が膨らむのを防ぐこともできます。

ただし、債務整理せずに借金問題を解決できるならそれが一番です。

まずは周りの人に相談したり、収支を見直したりして、それでも返済ができない場合は早めに債務整理することをおすすめします。

まとめ

ブラックリストとは、信用情報機関に「事故情報」が登録されることです。

借金を滞納したり、債務整理の手続きを行ったりすると、JICCやCIC、KSCなどの信用情報機関に事故情報が登録されます。

ブラックリストに載るデメリットは、主に以下の3つです。

ブラックリストに載るデメリット
  • クレジットカードの発行・更新が非常に難しくなる
  • ローンや借り入れの審査も非常に通りにくくなる
  • 保証人になれなくなる

ブラックリストに載るデメリットは、決して小さくありません。

しかし、借金が返済できなくて滞納してしまうと、結局はブラックリスト入りしてしまいます。

まずは周囲の人に相談したり、収支を見直したりして、それでも解決できない場合は弁護士・司法書士に債務整理の相談をしましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。