債務整理をするとブラックリストに名前や個人情報が載る?

債務整理を検討する上で、多くの方が最も不安に思う『ブラックリスト』

借金の返済が遅れたり、放置していたり、そして債務整理を行うと多くの場合でブラックリストに名前が載る事になります。

しかし、実は、ブラックリストというもの自体はこの世に存在しません。

個人信用情報機関に、事故履歴が掲載された状態が世間一般的に『ブラックリストに載った』と言われています。

『ブラックリストに名前が載ると、新しい借り入れやクレジットカードを作ることが難しくなる。』

このように、ブラックリストに名前が載る事で不安に思う事は、ずばり、クレジットカードや新しい借入の事ですよね。

結論からいうと、債務整理の種類によってはブラックリストには名前は載りません。

また、ブラックリストに名前が載っても作る事が出来るクレジットカードも実際にあります。

しかし、ブラックリストの話は債務整理を行う前に必ず知っておかなければならない問題といいのも事実。

今回は、債務整理後の生活において大きなデメリットの一つになる可能性のあるブラックリストについて解説します。

また、『借金の返済の為に、他の消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りている。』

『給料が出ても返済や支払いで金銭的に厳しく、結局月末になるとまた借りてしまう。』

このような状態になっている方は既に黄色信号が点滅している状態です。

手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

どこに相談をしたら良いか分からない方は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

ブラックリストの正体

クレジット会社を利用したり、貸金業者からお金を借りると、CICやJICCといった、信用情報機関に借入状況や返済状況など個人の借り入れ返済履歴の情報が掲載されます。

ほとんどのクレジット会社・貸金業者は、少なくともこのどちらかに加盟していて、顧客の借入状況などの情報を共有しています。

日本国内で一般的な個人信用情報機関

みずほ銀行や埼玉りそな銀行、東京銀行UFJ銀行等、銀行系の金融会社が加盟する
全国銀行個人信用情報センター。通称KSC

アイフル、アコム、プロミスやレイク等消費者金融系の会社が加盟する
株式会社 シー・アイ・シー。通称CIC

マスターカード、JCBカード等信販系の会社が主に加盟する
株式会社日本信用情報機構。通称JICC

この3つの信用情報機関があげられます。

信用情報機関に、情報が載ること自体は何の問題もありません。

インターネットの普及もあって、カードの必要性が高まっていますので、カード会社とまったく縁がないという人のほうが少ないですよね。

クレジットカード会社を利用すれば、きちんと支払いをしていても信用情報機関に情報は載ります。

ですから、信用情報機関のリストに名前が載っているからといって、それだけでなにか不都合なことが起こるわけではありません。

しかし、クレジットカードの支払いを延滞してしまうと、カード会社は信用情報機関に返済が遅延した事実を掲載する事になります。

同じように、消費者金融や銀行への返済が遅れた場合も同様です。

その情報は、加盟している他のカード会社や消費者金融も閲覧することができる事がポイント。

加盟している他の会社でも事故情報等、債務者に問題が発生していることが分かってしまうのです。

『目立った事故履歴がある人に、お金を貸そう。』と思う会社は少ないので、ブラックリストに悪い情報が載ると、結果として審査に通りにくくなると言われているのです。

債務整理をするとブラックリストに載る?

債務整理をすると、残念ながら、個人信用情報機関にその事実が掲載されます。

ブラックリストというような特別なリストに名前が載るというより、今まであったデータに追加して信用状態に債務整理の事実が掲載される。というイメージですね。

【債務整理】という言葉が載るわけではありませんが、どのような手続きをしたのかが分かるような記載になっています。

どうしてもブラックリストに名前を載せたくない方は、自分で判断するのではなく1日も早い早期の段階で専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ借金問題を解決する⇒

債務整理の中でも過払い金請求はブラックリストに名前が載らない

任意整理、個人再生、自己破産、特定調停、過払い金請求。債務整理には5つの手続きがあります。

この中でも、完済している借金で過払い金請求のみを行った場合にはブラックリストに名前が載る事はありません。

今までは、過払い金請求を行った人もブラックリストに名前が載っていました。

しかし、過払い金請求は本来支払う必要が無かったお金であり、借りた人に落ち度はありません。

そんな過払い金請求でも、ブラックリストに名前が載る事への違和感は各方面から指摘されていました。

結果、国からの指導により過払い金請求のみを行った場合、ブラックリストに名前が載る事はなくなったのです。

実際に、過払い金請求を行うだけで、借金問題を解決できる方も多いのも事実。

今、借金問題に苦しんでいるけど、過払い金が発生している可能性があるかもしれない。という方は早めに相談を行うことをおすすめします。

自己破産をするしかない。と思って相談に行ったところ、多額の過払い金が発生していて過払い金請求のみで解決できたというケースもあります。

弁護士や司法書士に直接話を聞きたい方は、無料シミュレーションが便利です。

任意整理や個人再生、自己破産ではブラックリストに名前が載る

過払い金請求ではブラックリストに名前が載る事はありませんが、残りの4つの手続きでは信用情報にその事実が掲載される事になります。

任意整理個人再生自己破産特定調停どの手続きをとっても利息なり元本が減るというメリットはあります。

しかし、消費者金融や銀行の立場からすると本来もらえるはずのお金が支払ってもらえなかった。という事になりますよね。

例えると、デパートのレストランで本来1,000円する食事を頼んで食べたけれど、お金がないと言って、半分しか払ってもらえなかった。

その情報が各フロア内の別のレストランにも伝えられるようなイメージです。

確かに、高金利を取り続ける金融機関側にも問題はありますが、事故情報が掲載されるのは仕方のない事かもしれません。

しかし、ブラックリストに名前が載ることは必ずしも悪いことばかりでもありません。

債務整理でブラックリストに名前が載ってもメリットはある

債務整理をすると、一般的に金融機関から信用を得ることが難しくなり、新たな借入れやクレジットカードの作成や更新が難しくなります。

しかし、この状態が悪いのかといえば、必ずしもそうとは言い切れません。

利息が安くなったとはいえ、100万円を借りれば普通は年15万円近い利息を払うことになります。

1カ月当り1万2千円ものお金を利息として支払っている計算ですね。

お金を借りる事が出来ないので、当然余分なお金を支払う必要もなくなります。

ブラックリストに名前が載ると、信用情報は5-10年間消えない。と言われていて、その期間は新しいカードの発行や借り入れはできません。

『債務整理後は自分を戒める期間。』と割り切ってクレジットカードが無い生活を受け入れる事は良い事とも言えるでしょう。

クレジットカードと債務整理の関係の記事では、さらに詳しく解説しているので参考にしてみてください。

また、補足ですがアメリカンエクスプレスカードやダイナースなど、海外のクレジットカードでは債務整理後もカードが作れると言われています。

実際に、私の身近な人もブラックリストに名前が載っていますが、アメックスのカードは作れています。

債務整理後はクレジットカードを持たない方が良いですが、いざという時は試しに審査をしてみてください。

債務整理とブラックリストまとめ

過払い金請求を除き、債務整理をするとブラックリストに名前が載る事は避けられません。

しかし、デメリットだけではなく、メリットも大きいのが債務整理です。

任意整理は今後の利息や遅延損害金をカットできますし、自己破産となれば、支払い義務が免除され、借金を返済する必要がなくなります。

なにより債務整理をする事によって、お金を借りずに生活するライフスタイルを確立できるというメリットもあります。

実は債務整理する人は、それなりに収入がある人であり、本当に収入が少ない人はお金を借りることも難しいのが実情です。

収入があるのに借金をしてしまうのは“癖”といえるでしょう。この癖のある人は、かりに収入が倍になっても、やはり借金をしてしまいます。そして、また債務整理を繰り返すといった人は少なくありません。

債務整理をするにもお金がかかるというのも事実。

せっかく、安くはない報酬を支払うわけですから、この機会に債務整理後にはお金を借りずに生活する方法を身につけることも重要です。

まずは新しい生活をスタートさせるためにも専門家に相談を行い、ブラックリストを含め自分が不安に感じている点を相談しましょう。

借金問題は時間との勝負です。

悩んでいる間にも、利息や遅延損害金は増え続けますし、ブラックリストから名前が消える日もその分遅くなります。

借金は放置していても、状況が好転する事はなく、状況は悪化し結果待っているのは自己破産です。

本来、自己破産をしなくてもすんだ人が放置してしまった結果、自己破産しか選択する事が出来なくなったパターンは非常に多いです。

特に、子供が小さい、これから住宅ローン等を考えている人、生活を早く立て直したい方は1日も早い行動を心がけてください。

債務整理なら横山法律事務所

横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計2000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。