債務整理をすると、家は没収されてしまうのか。

テレビドラマで強制的に自宅が競売にかけられる人を、見た事がある方も多いでしょう。

債務整理をする前に、マイホームに関する心配をされる方は少なくありません。

苦労をしてやっと手に入れたマイホーム、手放したくないのは誰もが同じですよね。

結論からいうと、債務整理の手続きによっては自宅は没収の対象になります。

しかし、家を手放したくない人の為用の手続きが債務整理にはあります。

目的に合った正しい手続きを選択する事で、持ち家を残しながらも借金問題を解決する事は可能。

ですが、間違った方法をとってしまうと強制的に持ち家は没収されてしまいます。

今回は自宅を手放さずに、借金問題を解決する方法と注意点を解説していきます。

また、重要な事なので結論から先にお伝えします。

家を残しながらも、借金問題を解決したいのであれば1日も早い段階で専門家に相談してください。

借金問題は時間がたてばたつだけ状況は悪化し、取れる対応策は減っていきます。

『住宅ローンだけでなく、消費者金融からも多額の借入をしていて現実問題苦しい。』

『現実的に、今の収入では自力で借金完済するのは厳しいと分かりながらも後回しにしてしまっている。』

このような方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

今すぐ専門家に相談をして下さい。

法律事務所は、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

自己破産をすると家は競売で取られる?

債務整理をすることによって、持ち家を手放す必要があるのは自己破産手続きを選択した場合です。

任意整理民事再生では、家を没収される事はまずありません。

自己破産は、債権者への支払い義務が全額免除されるかわりに、自分が持っている財産の処分も命じられます。

一戸建てやマンションのように、高額な財産の所有は認められません。

任意売却や競売にかける事で、売却・換金し債権者への返済にあてることになります。

多くの場合、銀行は住宅ローン契約を結ぶ際に抵当権を保有しているはずです。

住宅ローンが返済できなければ、銀行に所有権がうつるので債権者に分配される前に売却されてしまうでしょう。

自己破産についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

債務整理時の任意売却と競売について

先述の通り、住宅ローンが残っている場合は多くの場合で抵当権がつけられています。

住宅ローンの支払いが滞ると、債権者の一存で不動産を売却できるようになります。

抵当権を根拠にして、不動産を売却する手続きを、抵当権の実行といいます。

抵当権が実行されると、入札方式で競り落とされ、その売却代金が返済の一部にあてられます。

一般に競売では、市場価格と比べて、かなり割安な価格がつけられるので競売物件などという名称で呼ばれ人気があります。

競売での落札代金を貸し付ける、専門の金融機関も徐々に増えています。

競売では、一般に割安な価格で売却されてしまうので、自分で買い手を探して売却する、いわゆる任意売却という方法をとる人もいます。

任意売却は、価格も競売に比べて高くなることがほとんど。

債権者にとっても債務者にとっても、事前に売却をする事でメリットが大きいですが、注意点もあります。

たとえば、夫が借金の返済に行き詰まり、自己破産をすることを考えたとします。

ですが、長年住宅ローンを支払い続けているし、一生懸命働いて苦労して手に入れたマイホームです。

どうしても持ち家だけは手放したくないと思い、家を妻に売却したことにして、名義を妻に変更しそのまま住み続ける。

このような方法を希望する人も実際にいます。

この手法が禁じられているわけではありませんが、財産隠しと捉えられてしまうと、上記のような売却契約は無効にされてしまいます。

任意売却は、専門の不動産業者や一般投資家以外にも、家族に売却する事も可能です。ですがやり方によっては確実に裏目にでるので注意が必要です。

妻に限らず、親族に家を売る場合でも必ず事前に専門家に相談をしてから対応を行うことをおすすめします。

いずれにしても、借金問題は後回しにすればするだけ状況は悪化するだけなのは間違いありません。

専門家に相談を行い、今とれる最善の策を講じていくことをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

任意整理の場合は家は競売にかけられない

債務整理の中でも、もっとも多くの人が利用する任意整理。

任意整理では、債務整理をする債権を選ぶことができますが、住宅ローンは手続きに含めないのが一般的です。

法律的に、住宅ローンを任意整理手続きできないわけではありませんが、任意整理で解決できる借金の額は、比較的少額。

家を売ってまで、返済する金額ではないことが、ほとんどです。

任意整理で住宅ローンを処分することは、まずありません。

家を手放さずに借金問題を解決するなら個人再生

借金の総額も多く、任意整理や過払い金請求だけでは解決ができない場合、個人再生をする事が多いです。

個人再生は、持ち家を手放さずに借金を最大5分の1程度まで減らす事ができる手続き。

住宅ローンは債務整理の対象には入れない為、返済をし続ける必要がありますが家を手放す事を強制される事はありません。

消費者金融やクレジットカード会社の借金は利息だけでなく、元金も減らせるので生活に余裕もうまれます。

実際に、家を手放さずに借金問題を解決したい方は個人再生を利用するケースがほとんどです。

債務整理をすると家を手放す必要がある?まとめ

自己破産を選択した場合、持ち家は手放さなくてはならなくなります。

しかし、任意整理や過払い金請求では家が競売にかけられ没収されてしまう可能性はまずないでしょう。

基本的に、借金の総額が多くなければ任意整理と過払い金請求で問題は解決します。

元金まで減らさなければ問題解決に至らない場合にも、個人再生を行えば家を手放さずに借金を減らす事は可能です。

いずれにしても、マイホームを所有していて現時点で返済に困っている人は今すぐに法律事務所に相談をする事をおすすめします。

借金問題は放置をする事が一番よくありませんが、家を所有している人はなお更急ぐ必要があるでしょう。

1人で悩んでいても利息は増え続け、状況は悪化するだけで選択肢も減っていきます。

実際に、早期の段階で相談をしていれば任意整理や個人再生で問題が解決できたのに、後回しにした事が原因で自己破産以外の選択肢が無くなった方もいます。

まずは、今すぐに弁護士や認定司法書士に相談を行い、いち早い問題解決を目指してください。

債務整理なら横山法律事務所

横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計2000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。