借金60万円の返済方法と債務整理による借金問題解決方法

「60万円の借金」なら債務整理してなくても大丈夫と思っている人は多いかもしれません。

「ボーナスでまとめて返す」とか「臨時収入でまとめて返すから大丈夫」ということも考えがちです。

しかし、実際にはなかなか思うようにいかないことの方が多いでしょう。

借金60万円が減らないまま1年が経過すれば、約10万円の利息が発生します。

借金の返済は「元利均等方式」という「返済分と利息をまとめて支払う方式」で行っているため、利息の支払いに無頓着になりがちです。

しかし、年10万円という利息は決して安い金額とはいえません。

さらに、60万円の借金があるときは、「複数の金融機関から借金している」ことも少なくありません。

借金問題は借入件数が増えるほど深刻化していきます。

債務整理を行うタイミングは、「借金の額」で決めるべきではありません。

「借金の返済が苦しいと感じたとき」にはすぐに債務整理を行うことを考えましょう。

また、『今の会社の給料では返済が厳しいことは分かっているけど、放置してしまっている。』

『1年以上借金の残高が減っていない、もしくは増えている。』

このような状態の方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩見続けて手遅れになる前に、弁護士や司法書士に相談を行ってください。

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

「まだ60万円だから大丈夫」と思っていませんか?

返済は少し苦しいけど「まだ60万円の借金だから大丈夫」と思っている人は、実際には少なくないようです。

しかし、借金の金額に関係なく「返済が苦しい」、「借金が減らない」と感じたときには、危険な状態が近づいていると考えるべきです。

「60万円」という額は、ほとんどの人にとって月収額を遙かに上回る金額です。「ちょっとした借金」ではありません。

60万円の借金の「利息」は、月約9,000円

借金には利息がつきます。当たり前のことのようですが、借金で悩んでいる人の多くは「利息を毎月どれくらい支払っているか」ということに無頓着なことが少なくありません。

借金60万円の1ヶ月あたりの利息は約9,000円です(年18%で計算)。

毎月の返済額によっては、返済額の半分以上が利息の支払いに消えてしまっていることもあります。

「借金完済が遅くなる」ことは「利息を多く支払う」ことでもあります。

60万円の借金は、2社以上の借入であることがほとんど

「自動車ローン」、「住宅ローン」、「奨学金」といったものではなく、「消費者金融」、「銀行カードローン」、「クレジットカードの利用料(キャッシング+ショッピング)」の合計が60万円になっている人は特に注意が必要です。

この場合には、すでに消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードの借金が2社以上になっていることがほとんどだからです。

消費者金融や銀行カードローンは、通常は「50万円」が極度額(借入上限額)です。

また、クレジットカードの利用条件は、30万円で設定されていることが一般的です(その後の利用実績が良好な人は限度額が引き上げられていることもあります)。

したがって、「60万円の借金がある」ということは、すでに複数の借入があることを意味しています。

2社以上の借金があることを「多重債務」と呼んでいます。多重債務は非常に危険な状態です。

いまは何とか返済できているとしても歯車が狂ったときには、状況が一気に深刻化します。

借金は返済が厳しくなってくると、雪だるま式に増え続けていきます。

そして、借金が増えれば金額とともに増えるスピードも増していきます。

逆に言えば、60万円くらいの金額であればまだ取り返しがつく金額ですし問題を解決するのはそれほど難しいことではありません。

1人で悩んで取り返しのつかない状況になる前に、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

「返済のため」に借金をしている人は、すぐに債務整理の相談を!

2社以上の借入となった原因が「借金返済のため」であるときには、すぐに弁護士・司法書士に相談することを強くおすすめします。

借金返済のためにさらに借金を繰り返すことを「まわし」とか「自転車操業」と呼びます。

まわしや自転車操業は、一見すると目先の返済日は乗り切っていますが、借金は1円も減っていません。

つまり、「自転車操業」や「まわし」をするほど、「支払う利息の総額」も増えていきます。

そのため、自転車操業に陥ったケースの多くは破綻してしまいます。「まわし」をしなければ、借金の返済日が乗り越えられない状況になったときには、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談しましょう。

関連記事⇒債務整理は2社以上から借金があれば任意整理よりも個人再生が有利?

いずれにしても、借金問題は時間が経過すればするだけ状況は悪化していきます。

早期の段階であれば、比較的簡単に問題を解決できたのに後回しにした結果、最悪の結末を迎えてしまった方は少なくありません。

1人で悩むのではなく、早い段階で今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談をする⇒

60万円の借金の解決方法

債務整理をはじめるタイミングは「借金の額」だけで決まるわけではありません。

極端なたとえですが、年収1億円の人にとっては、1,000万円の借金でも大きな問題にはなりません。

しかし、年収200万円以下の人にとっては、60万円の借金でも大問題であることは少なくないでしょう。

債務整理は借金の額に関係なく、「返済が苦しい」と感じたらすぐに検討すべきです。

60万円の借金であれば自己破産は回避できる

債務整理は自己破産以外にも方法があります。

「60万円の借金」であれば、ほとんどの人が自己破産することなく借金問題を解決することができます。

現在無職の人であっても「これから働く予定がある」のであれば、自己破産以外の債務整理で解決できる可能性も残されています。

「任意整理」すれば利息がなくなる

60万円の借金は、「任意整理」で解決することが一般的です。任意整理は、「借金を返しやすくするために、返済条件を見直す」交渉を債権者と個別にする方法です。

具体的には、「利息の免除」や「返済期間の延長」することで、毎月の返済負担を軽減してもらいます。

60万円の借金がなかなか減らない理由は、「利息」にあります。たとえば、消費者金融から50万円借りたときの、毎月の返済額は13.000円ほどです。

このうち利息の支払いに充てられる額は、半分以上の7,500円です(年18%の場合)。

任意整理をすると、利息がなくなるので、返した分だけ借金は減っていきます。

60万円の借金を任意整理するときには、「毎月1万円の60回払い」というのが相場のひとつです。

毎月1万円であれば、ほとんどの人が節約などで対応できる金額といえるでしょう。

任意整理については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

弁護士費用もそんなに高くない

60万円の借金であれば、債権者の数も1~3社以内であることがほとんどでしょう。

任意整理にかかる弁護士・司法書士費用は、「債権者の数」に応じて設定されています。

債権者1社あたり3~5万円ほどが、最近の相場額です。

60万円の借金を約定返済したときの利息総額(30万円近く)と比べれば遙かに安い金額です。

さらに、ほとんどの弁護士・司法書士が「費用の分割払い」に応じてくれます。

弁護士・司法書士に任意整理を依頼すると、任意整理の結論がでるまでは借金の支払いが停止されます。

弁護士・司法書士費用の分割払いは、この間に終わらせてしまうことが一般的です。

そのため、借金の返済と弁護士・司法書士費用の支払いが重なることもありません。

関連記事⇒債務整理の費用を後払いや分割できる法律事務所と自己破産や任意整理の相場

「60万円の借金の債務整理」のまとめ

「いまは返済が苦しいけど、60万円だからまだなんとかなる」、「いつかまとめて返せる」と考えることは非常に危険です。

毎月の支出を減らすことも簡単ではありませんが、収入を増やすことはさらに困難な場合が少なくありません。

借金問題は、「問題が小さいうち」に早期解決することがもっともデメリットを小さくするためにも重要です。

60万円の借金であれば、完済までの利息総額よりも遙かに安い金額で債務整理することができます。

「借金がなかなか減らない」と感じたときには、すでに危険信号が点滅しています。

できるだけ早い段階で1日でも早く、弁護士・司法書士に相談するようにしましょう。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。