借金200万はもう返済できない?債務整理のメリットと注意点

つもりにつもって、気がつけば借金総額が200万円以上に膨れ上がってしまった。

最初は生活費の足しや、月末に少し借りるはずだったのにいつの間にか200万円を超える借金を抱えてしまった。

消費者金融やクレジットカードは便利な反面、自分のお金のように感じてしまうものです。

実際に、このようにいつの間にか200万円を超えるような多額の借金を抱えてしまう方は非常に多いです。

今回は、借金200万円は現実的に返済可能なのか。

200万円の返済をするとなると、どれだけの金額をどのくらいの期間返済する必要があるのかまとめました。

結論から先にいうと、年収7-800万円を超えるくらいの高収入の方でない限り200万円の借金を返済することは難しいです。

むしろ生活環境次第では700万円以上年収がある方でも、返済はかなり厳しいと言わざるを得えません。

今回の記事ではその理由と具体的な解決策を説明していきます。

また、重要なことなので結論からお伝えします。

既に200万円を超えるような借金をしている方の場合、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

借金問題は時間がたてばたつだけ取れる対応策も減っていきますし、借金も雪だるま式に増えていきます。

特に、200万円ともなると取り返しのつかない状態に陥る可能性が高いと言わざるを得えません。

逆に言えば、まだ適切な対応を取る事でどうにかやり直すことが出来るギリギリのラインともいえます。

『現実的に考えて、自力で完済するのは難しいと分かりつつも後回しにしてしまっている。』

『お金を借りては返すような、自転車操業状態が1年以上続いている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

手遅れになる前に1人で悩むのではなく今すぐ、法律事務所に相談をしてください。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、匿名で簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。参考にして下さい。

200万円を返済する際の総返済額っていくら?

借金をすれば、返済しなければなりません。

完済するとなると、借りた200万円だけでなく「利息」も支払うことになります。

例えば、毎月5万円返済する場合であれば、利息+元金充当額が5万円ということになります。

本来、200万円を毎月5万円ずつ返済する場合は、200÷5=40で、40ヶ月で完済できることに。

しかし、5万円の返済額には利息も含まれるので、上記の計算式にはなりません。

例えば、年利15%で毎月5万円(利息を含む)の返済の場合、初回の返済5万円のうち、利息だけで半分の25,000円(200万円×年利15%÷12ヶ月)となります。

つまり、初回返済額のうち元金充当額は25,000円だけ。

返済するごとに元金充当額は増加しますが、このペースで返済した場合は最終的に56回の返済が必要になるのです。

上記の条件で完済した場合、支払い回数は56回、支払利息の総額は約79万円にも上ります。

よって、200万円を借りて毎月5万円の条件で借り入れた場合、最終的に返済する総額は約280万円になるというわけです。

ちなみに、初回の12回(1年分)の返済における利息総額だけでも約28万円という負担になります。

返済の負担と最終的に行き着くところ

返済回数を少なくする、つまり毎月の支払額を増やせば当然ながら利息総額も少なくなります。

しかし、そもそも借金をしなければならない状況にあって、それに見合うだけの収入があるかどうかは怪しいところです。

毎月の返済額が大きいということは、それだけ返済の負担を増加させることになります。

結果、追加で借り入れしたり、別の金融機関から借り換えするといった方法をとることに。

その結果、上記の条件よりも返済期間は長くなり、それだけ利息の総額や返済の負担継続が大きなデメリットになるのです。

悲しい話ではありますが、最終的に闇金に手を出したり、借金苦を理由に自ら命を絶つケースも珍しくありません。

そうなる前に、まずは専門家にいち早く相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

債務整理にはどんな種類がある?

過払い金返還請求

まずは「過払い金返還請求」です。

これは、返済中の謝金に過払い金が存在していることが条件となりますが、場合によっては過払い金だけで残債を全て返済することもできます。2006年以前から借り入れて、返済中の借金であれば可能性があります。

過払い金請求についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

任意整理

次は「任意整理」です。これは裁判外の交渉手続きであり、基本的な効果は「将来利息のカット」です。

これは、以降の返済において利息が発生せず、元金返済のみ行えるようになるということ。

収入がそれなりにあるものの、利息の負担が無視できないという場合にお勧めの方法です。

任意整理についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

個人再生

次は「個人再生」です。手続きの一種となりますが、任意整理とは異なり借金そのものを減らすことができる方法となります。

全額とはいきませんが、200万円の借金であれば半額の100万円まで減額することも可能。

そこまで減らせば数年以内に返済できるという場合にお勧めの方法です。

個人再生についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

自己破産

最後は「自己破産」です。

全ての借金をゼロにできる代わりに、資産価値のある財産は手放さなければならない債務整理です。

収入が乏しく、個人再生でも返済の見通しがない場合に必要になるかと思います。

自己破産についてはこちらの記事で詳しく解説をしています。

200万円の借金を債務整理する前に注意点を知っておこう!

ブラックリスト

まずは「ブラックリスト」です。ブラック扱いになると、最低でも5年間はあらたに借金をすることができなくなってしまいます。

しばらくは、借金すること無く自前の収入だけで生活しなければならないことを理解しておかなければなりません。

手続きに手間がかかる

次に、「手続きには手間がかかる」ということです。

過払い金返還請求や任意整理の場合は債権者との交渉が、個人再生や自己破産の場合は裁判手続きが必要になります。

財産を手放すケースも有る

次に「財産を手放すケースも有る」ということです。

これは個人再生や自己破産に関することで、特に自己破産だとマイホームやマイカーなどは手放すことになります。

繰り返しますが、いずれにしても借金問題は時間との勝負です。

借金問題を放置し続けて待っているのは、最終的には破滅しかありません。

1日でも早く専門家に相談をし、対策を講じることが非常に重要です。

今すぐ専門家に相談する⇒

自己破産は認められないことも

最後に「自己破産は認められないこともある」ということです。

自己破産を選択する場合、最終的に「免責」を受けなければなりません。しかし、特定の条件下においては免責が認められず、最悪の場合は借金がゼロにならない場合もあります。

まずは、自分の借金がどれだけ減らせるのかを知ろう

いくつか注意すべき点もありますが、返済に苦労して日常生活にも悪影響を及ぼしているのであれば、早めに債務整理を考えるべきです。

ここで気になることは「自分の借金がどれだけ負担を減らせるのか」ということです。

ここでお勧めするのが「借金減額シミュレーション」を利用することです。

各人の借金の状況等を入力することで、最適な減額方法や返済額について教えてもらえます。

債務整理をして借金返済の負担を軽減するための、今後のアクションの指標として役立ってくれることでしょう。

いずれにしても借金問題は時間との勝負。

1人で悩んでいる間にも借金は増え続けています。手遅れになる前に今すぐに行動をする事が1番大切です。

債務整理なら横山法律事務所

横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計2000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。