借金160万円の返済方法と債務整理による借金問題解決方法

借金160万円の毎月の返済額は、3~5万円程度になると思います。

返済が苦しいなぁと感じていても、「これくらいの金額で債務整理なんて」と考えてしまう人も多いかもしれません。

たしかに、借金160万円というのは、すこし頑張れば、我慢すれば、自力で完済できそうな気のする金額です。

しかし、実際に、収入を増やしたり、支出を削ったりして借金返済を続けることは簡単ではありません。

特に、会社の都合や自身の病気で収入が減った、子供の学費や両親の介護などで支出が増えたことで家計が苦しくなったときには、短期的な改善は難しい場合がほとんどといえます。

実際に、一般的な収入の方が自力で160万円を超えるような借金を完済するのは非常に厳しいです。

また、「お金が足りない」という状況はどうしても冷静な判断ができなくなります。

「返済が遅れて取立てが来たら(家族に借金がバレるから)困る」と慌ててしまったために、間違えた対応をしがちです。

そこで、この記事では、「借金160万円」の返済が苦しいときに、やってしまいがちな危険な対応と、返せなくなった借金160万円の正しい解決方法について解説します。

債務整理は、「完済が苦しい」と感じたときには、できるだけ早く着手すべきです。

早めに対応できれば、債務整理にかかる費用や、債務整理によって生じるデメリットを最小限におさえることができるからです。

借金160万円であれば、多くのケースは任意整理で解決できると思います。

他方で、自転車操業に陥れば、さらに借金が増えてしまう可能性が高いです。

借金が300万円、400万円と膨らめば、自己破産でしか解決できなくなるおそれもあります。

借金160万円が返せなくて困っているという人は、この記事の解説を参考にしてみてください。

また、『現在の収入から考えて、返せる見込みがないのは分かっているけど放置してしまっている。』

『自転車操業のような状態で借りては返す状態が1年以上続いている。』

このような状態の方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩むのではなく、手遅れになる前に今すぐ専門家に相談して下さい。

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金160万円が支払えないときでもやってはいけない対応

「返済日が迫っているのにお金がない」という状況は、誰でも焦ってしまいます。

しかし、お金が足りない場合でも、次のような対応は絶対にすべきではありません。

他社から借入をして返済金を工面する(自転車操業)
クレジットカードで商品を購入し、すぐに換金してお金を作る
ギャンブルやFxなどの投機行為でお金を工面しようとする

自転車操業は必ず破綻する

返済日にお金が足りなくて、他社からさらに借金して支払いをすることを「自転車操業」と呼ぶことがあります。

借金の返済に苦しんでいる人には、わらにもすがる思いで自転車操業に走る人が少なくありません。

たとえば、借金160万円のケースでも多重借り入れになっていれば、1件あたりの返済額は、月1万円~15,000円(月の総額で3~5万円程度)くらいです。

「それくらいの金額なら給料日にすぐ完済して元に戻せる」と考えてしまうようです。

しかし、返済日にお金がない人のほとんどは、借金の返済以外の場面でもお金が足りていないことが少なくありません。

そのため、「給料日に完済するはずの追加の借金」も返せないままになってしまうことの方が多いといえます。

つまり、自転車操業をすれば、結果として「借金がさらに増える」ことになります。

また、「借金の支払い以外にもお金が必要」、「返済して手持ちのお金がゼロになるのは困る」といった理由で、「返済額以上の借金」もしてしまいがちです。

仮に、追加の借金を返済できた場合でも、新しいローンカードが増えることはとても危険です。

借金できる枠がさらに増えてしまうからです。むしろ、幸運にも「その場しのぎで何とかなった」場合の方が不幸なのかもしれません。

「返済が間に合わなくても自転車操業すれば何とかなる」と錯覚してしまうからです。

借金の負担は、借金の金額が増えていなくても、借入件数が増えれば必ず重くなります。

借入件数が増えて、毎月の返済日が増えれば、金策の負担も月あたりの返済額も必ず増えるからです。

「すでに資金繰りが厳しくなっている状況で借入件数を増やす」ことは、とても危険な行為です。

ネットには、「返済が苦しいときでも、スピード融資してくれる金融機関を紹介!」というとても恐ろしい情報を提供しているサイトも少なくありません。

実際に自転車操業に陥っている人のほとんどは、「借金を増やし破綻している」ことは絶対に忘れるべきではありません。

いずれにしても、借金160万円は事態が深刻化する一歩手前のギリギリのタイミングともいえます。

借金問題は早期の段階であれば、思っているよりも簡単に解決することが可能です。

逆に言えば、後回しにして事態が深刻化すれば取れる対応策も限られますし問題を解決した後の生活にも影響を及ぼす可能性が高まります。

早期の段階で問題を解決するためにも、まずは1日も早い段階で専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

関連記事⇒借金が自転車操業になっている人が債務整理を検討すべき5つの理由と方法

自転車操業はヤミ金と関わるリスクを高くする

自転車操業は、その名の由来のとおり「一度始めるとやめることの出来ない」危険な行為です(自転車は漕ぐのを止めたら倒れてしまいます)。

しかし、実際には、借金は無限に借り続けられるものではありません。

たとえば、貸金業者には、「総量規制」という厳しい規制が課せられています。

総量規制が適用されない銀行も、過剰融資の批判を受けて融資条件を厳しく設定し直すところが増え始めています。

そのため、自転車操業は、「ヤミ金」との接点を増やすリスクを増やしてしまいます。

自転車操業の末期では、「正規の金融機関からはもう借りられない」という状況に陥ることが一般的だからです。

近年では、ヤミ金業者がかなり増えたこともあり、手口もかなり多様化してきました。

マンガや映画などでイメージするような「暴力団の雰囲気丸出し」のヤミ金業者はむしろ少数派といえるでしょう。

最近では、パッと見だけでは正規の業者との見分けの付かないヤミ金も増えています。

そのため、「ヤミ金だけどココなら怖くないし大丈夫」と錯覚してしまう人も少なくないようです。

ヤミ金と関われば、犯罪に巻き込まれる(被害者だけでなく共犯者にさせられることもあります)可能性もあります。

どんな状況であっても、ヤミ金とだけは関わるべきではありません。

万が一、ヤミ金と関わってしまったというときには、早急に、弁護士・司法書士に相談しましょう。

関連記事⇒闇金の借金は債務整理できる?弁護士や警察に相談をする前の注意点

クレジットカード(ショッピング枠)の現金化も危険

借金をテーマにした映画・マンガなどでは、返済に窮(きゅう)した債務者が、クレジットカードで新幹線回数券や高額家電、ブランド品などを購入し、買取業者に売却して金策するシーンが描かれることがあります。

このような換金目的のカードショッピングのことを、「クレジットカードの現金化」とよんでいます。

カードの現金化は、キャッシングとは異なり、利用限度額の範囲内であれば審査もなくすぐに決済できるので、一見するととても便利です。

しかし、ショッピング枠を換金目的で使うことは、カード会社との契約で禁止されている行為です。

代金支払い前に購入した商品を売却することは、カード会社の権利を侵害する行為となるからです(カードで購入した商品の所有権は、カードの支払いが完了するまでカード会社に留保されています)。

カードの現金化行為がカード会社に知られれば、カードは強制解約となり、カードの利用残額の全額の一括返済を求められます。

毎月の借金の支払いすら苦しい状況で、カード残額の一括返済を求められても支払えるはずがありません。

そもそも、カードの現金化は、自転車操業と同様に借金を増やす行為です。

換金したお金を他社の支払いに充ててしまえば、カード利用額を請求されたときにお金が足りなくなるからです。

結局は、問題を1ヶ月先延ばしにしただけといえます。

さらに、カードの現金化は、違法業者との関わりを増やす原因にもなりかねません。

きちんとした買取業者は、「カードの現金化」が疑われるような商品は買い取ってくれないからです。

違法営業している「買取屋」、「チケット屋」などと関われば、市場価格よりもはるかに低い金額で買い叩かれてしまいます。

また、買取屋・チケット屋を介してヤミ金業者と接点ができてしまうリスクもあります(逆に、ヤミ金業者から紹介された買取屋でカードの現金化を行うように強要されることもあるでしょう)。

カードの現金化は、自転車操業と同様に、最終的には借金をさらに膨らませてしまう行為です。

その結果、自己破産に追い込まれてしまう人も少なくありません。

しかし、カードの現金化は、破産法が定める「免責不許可事由」にも該当する問題となる行為です。

最悪のケースでは自己破産しても免責が認められない(自己破産すらできない)という事態にもなりかねません。

カードの現金化は、絶対にやめましょう。

あえて繰り返しますが、借金問題は時間との勝負です。

問題を先送りにすればするだけ、状況は悪化するだけで良い事はひとつもありません。

1日も早い段階で専門家に相談をし、今取れる最善の方法を講じていく事をおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

「一発逆転」はあり得ない

借金返済のために、「なけなしのお金」でパチンコ・競馬といったギャンブルやFxなどの投機行為に賭けるというのも、当然やってはいけない対応です。

たしかに、大万馬券を当てて一発大逆転をしたというケースはあるかもしれませんが、それがあなたであるという確率はかなり低いといえるでしょう。

ギャンブルなどで多額の借金を作ってしまえば、自己破産しても免責を受けられない可能性があります。

状況をさらに悪化させないためにも、不確実な取引に頼ることは絶対にやめましょう。

同様に、いわゆる「情報商材」のような「一見おいしい話」にも注意すべきです。

これらは詐欺まがいのものも多いからです。

手元にお金がない状況では、冷静な判断ができないことも少なくありません。

気持ちに余裕のない人の心理を巧みに利用した詐欺などには、特に注意したいものです。

返済が苦しくなった借金160万円は債務整理で解決!

借金の返済が苦しくなったときには、できるだけ早く「債務整理」で解決すべきです。

「借金160万円くらいで債務整理なんて・・・」と思う人もいるかもしれませんが、返済に行き詰まった状況を自力で克服するのは簡単なことではありません。

短期間のうちに収入を増やす、支出を削ることは、実際にはなかなかできないからです。

また、債務整理は、「借金を滞納する前」でも行うことができます。

むしろ、完済が難しいと感じたときには、滞納する前、借金がさらに増える前の早い時期に行うべきです。

早期に対応した方が、債務整理の選択肢も多く、コストやデメリットを最小限に抑えられるからです。

債務整理は「依頼するだけ」で効果がある

弁護士・司法書士に債務整理を依頼すれば、依頼するだけで、次のメリットが発生します。

金融機関からの取立てが完全にストップする
借金の返済を一時停止することができる

金融機関は、法律などによって、「弁護士・司法書士に債務整理を依頼した債務者」への取立てを禁止されています。

自転車操業などの危険な対応は「取り立てを受けたくない」という気持ちによる場合が少なくありません。

しかし、債務整理を依頼するだけでも取立ては完全に防ぐことができます。

さらに、債務整理に着手すると、手続き(交渉)が完了するまでは、一切の借金返済をストップさせるのが一般的です。

「あちらには返済するけど、こちらには返済しない」といった不公平な対応となることを回避しなければならないからです。

したがって、債務整理を「依頼するだけ」で借金のことを気にかけなく良い静かな生活を取り戻すことができます。

毎月の借金支払いや取立てへの不安がなくなれば、冷静に判断することができ、今後のことをポジティブに考えられるようにもなるでしょう。

さらに、返済のための金策をしなくてよいだけで、家計を立て直ることも珍しくありません。

手持ちのお金がなくても債務整理を相談・依頼できる

借金160万円の返済が苦しい人には、「弁護士・司法書士に依頼するなんて、そんなお金はない」とあきらめている人もいるかと思います。

しかし、債務整理の相談・依頼は、手元にお金がなくてもすることが可能です。

債務整理の相談は、ほとんどの事務所が「無料相談」を実施していて、費用も分割で支払うことができるからです。

債務整理を依頼すれば、上で解説したように、借金の返済は一時的にストップすることができます。

そのため、家計にも多少のゆとりが生まれるので、弁護士・司法書士費用はその中から支払っていけるようになるのです。

また、世帯収入の状況によっては、法テラスに費用の立て替え払いをしてもらえる可能性があります。

債務整理の費用についても、無料相談で相談できるので、1人で抱え込まずに相談してみることがとにかく大切です。

関連記事⇒着手金ゼロで債務整理をする方法?知っておきたい弁護士費用7つのこと

借金160万円なら「任意整理」で解決できる場合がほとんど

借金160万円であれば、ほとんどのケースは「任意整理」で解決することができます。

任意整理では、今後の利息が免除され、分割払いの回数も見直すので、毎月の返済額をいまよりも減らすことが可能です。

たとえば、消費者金融や銀行カードローン3社から160万円の借金をしているときには、毎月の返済額を、「4万円前後→25,000円前後」まで減らせる場合が多いでしょう。

また、任意整理であれば、「債務整理すると都合の悪い借金」を除外することもできます。

たとえば、ろうきんや共済組合といった職場に近い債権者からの借金は、そのままにして、アコムやプロミスだけを債務整理するといったことも可能です。

さらに、任意整理であれば、債務整理していることを誰かに知られるリスクもほとんどありません。

「返済額が減れば自分の収入だけで返済できる」のであれば、家族に内緒で借金を解決することも可能です。

債務整理にかかる費用も、借金160万円の段階であれば、さほど高額にはなりません。

任意整理の費用は「債権者の数」に応じて決まるからです。2社であれば10万円以内、3社であっても15万円以内で収まる場合が多いでしょう。

借金160万円を完済するときには、80万円以上の利息を支払う場合もあることを考えれば、非常に安い料金といえます。

まとめ

借金が返せなくなったときには、冷静な判断ができずに、マズイ対応をしてしまいがちです。

「まだ何とかなる」、「これくらいは自力で解決しなければいけない」、「借金が返せないなんて相談するのは恥ずかしい」、「怒られたくない」といった気持ちから、自転車操業に陥ってしまって事態をさらに深刻にさせてしまうケースは珍しくありません。

弁護士・司法書士に相談をしても、「誰かに借金を知られる」ことも「借金が返せないことを怒られる」ことはありません。

弁護士・司法書士は、必ずあなたの不安な気持ちに寄り添ってくれます。

借金問題を正しく解決するには、「1人で悩まない」ことがとても大切です。

借金160万円であれば、コストやデメリットを最小限に解決することができます。

『借金返済が厳しい。』『借金が全く減らない。。。』このように思ったら自力で完済するのは厳しい危険な状態です。

1日も早い段階で、専門家に相談をして下さい。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。