借金150万はまだ返済できる?債務整理を検討すべき理由と方法

『借金が100万円を超え、気がついたら150万円にもなっていた。』

最初は少額を借りたつもりが、いつのまにか借金150万円を超えてしまう人は少なくはありません。

実際に、借金が150万円にもなると、返済をするのは簡単なことではありません。

高額の借金をしている人のほとんどは3社以上の貸金業者から借り入れをしてしまう、いわゆる多重債務者です。

1社50万円の融資限度額で3社契約をすれば、借金の総額は150万円。

借金150万円というのは、多重債務の入り口とも言える金額なのです。

日本人の平均所得は約400万円と言われていますので、借金150万円は決して返済できない借金ではないでしょう。

毎月無理のない金額を返済していけばいつかは完済できるでしょうが、長い時間をかけて借金返済するのはあまり賢い方法とは言えないかもしれません。

事実、150万円くらいならまだ返済出来るだろうと後回しにした結果、自己破産しか道がなくなってしまった方は非常に多いです。

結論、年収が高く給与から返済の見通しがたつ人以外は、債務整理によって解決するのが1番の方法です。

この記事では具体的に借金150万円の返済方法と、債務整理による解決の方法を解説していきます。

また、『頭の中では完済をするのが現実的ではない事が、充分に分かっているけど現実逃避し放置してしまっている。』

『給料日前になるとお金が無くなって、結局カードやお金を借りてその場をしのぐ状態が続いている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をしてください。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

150万円の借金、利息金はいくら?

まずは1年間150万円を借りた場合の利息について考えてみましょう。

考えられるケースとしては、1社から150万円借り入れている場合、複数社からの借入金額の合計が150万円の場合の2つがありますね。

ここで1つ覚えておきたいのが、利息制限法によって借入金額ごとに上限金利が設定されているため、複数社から少額の借り入れをしている場合、1社で同額借り入れをするよりも金利が高くなっている可能性が高いということ。

利息制限法では以下のように上限金利が設定されています。

元本額10万円未満 :利息上限20%
元本額10万円以上100万円未満 :利息上限18%
元本額100万円以上 :利息上限15%
※元本とは借入限度額のことを指します。

つまり、1社で150万円の借り入れをしている場合は上限金利が15%なのに対して、3社から50万円ずつ借り入れをしている場合には上限金利が18%となります。

では、この金利の差が実際の利息金にどのくらい影響しているのかを比較してみましょう。

利息金の計算式は「利息=元金×金利÷365日×借りた日数」です。

ほとんどの貸金業者が月に1度返済日を設けていますので、借りた日数には30が入ることになりますね。

1社から150万円、3社から50万円ずつの2つのケースでは以下のように計算できます。

1社から150万円借り入れている場合(毎月3万円返済)

1回目:150万円×15.0%÷365×30=18,493円
2回目:147万円×15.0%÷365×30=18,123円
3回目:144万円×15.0%÷365×30=17,753円
4回目:141万円×15.0%÷365×30=17,383円
5回目:138万円×15.0%÷365×30=17,013円
6回目:135万円×15.0%÷365×30=16,643円
7回目:132万円×15.0%÷365×30=16,273円
8回目:129万円×15.0%÷365×30=15,904円
9回目:126万円×15.0%÷365×30=15,534円
10回目:123万円×15.0%÷365×30=15,164円
11回目:120万円×15.0%÷365×30=14,794円
12回目:117万円×15.0%÷365×30=14,424円

1年間の利息金=19万7,501円

3社からの50万円ずつ、合計150万円の場合(各社、毎月1万円の計3万円返済)

1回目:50万円×18.0%÷365×30=7,397円
2回目:49万円×18.0%÷365×30=7,249円
3回目:48万円×18.0%÷365×30=7,101円
4回目:47万円×18.0%÷365×30=6,953円
5回目:46万円×18.0%÷365×30=6,805円
6回目:45万円×18.0%÷365×30=6,657円
7回目:44万円×18.0%÷365×30=6,509円
8回目:43万円×18.0%÷365×30=6,361円
9回目:42万円×18.0%÷365×30=6,213円
10回目:41万円×18.0%÷365×30=6,065円
11回目:40万円×18.0%÷365×30=5,917円
12回目:39万円×18.0%÷365×30=5,769円

1年間の利息金=7万8,996円
3社の利息金の合計=23万6,988円

借金の合計額が同じであっても、金利が3%ちがうだけで1年間の利息金に3万9,487円もの違いが生じるということが分かりましたね。

実際には貸金業者によって返済金額が異なりますので、発生する利息金も違ってきます。

借金元金を多く返済していけば、その分返済を早く進めることができるうえに支払う利息金も少なくすませることができる、ということを意識して借金返済を進めるようにしましょう。

現実的には弁護士と相談をしながら解決への糸口を探っていくのが1番の方法です。

匿名で利用できる無料シミュレーションサイト⇒

150万円の借金を完済するコツ!

150万円もの借金を完済するにはかなりの労力を要しますね。

たとえば、新生銀行カードローン・レイクで150万円借り入れをした場合、返済シミュレーションは以下のようになります。(金利:15%)

毎月の返済金額:3万3,000円
返済回数:68回(5年8か月)
※参考:http://lake.jp/repayment/simulation/possible.asp

完済するまでに支払う利息金の合計は71万3,416円にものぼります。

少しでも返済の負担を軽減するには、どうすればいいのでしょうか。

具体的に借金150万円はどうやって返済したらいいの?

150万円を完済するためのポイントは2つ。

“低金利カードローンへの借り換え”と“繰り越し返済”です。

低金利カードローンへの借り換え

先ほども説明した通り、複数社から借り入れをしている場合には上限金利が18%と高額の設定になっている可能性が高いでしょう。

このような場合は、低金利のカードローンへの借り換えやおまとめをおすすめします!

金利が1%でも下がれば、その分利息金は少なくて済みます。

毎回の返済額が同じでも、借金元金へ充てられる金額が増えますので、完済までにかかる期間を短縮することもできますね。

高額の借金であればあるほど、低い金利で借りた方がお得ということを覚えておきましょう。

繰り越し返済

繰り越し返済とは、毎回の返済よりも多めに借金を返済すること。

ほとんどの貸金業者では繰り越し返済を受け付けていて、繰り越し返済分はそのまま借金元金へ充てられることになります。

支払った金額分、借金を減らすことができるので、余裕のある月は積極的に繰り越し返済をするようにしましょう!

返済できないのであれば、債務整理を検討しましょう!

借金を自力で返済できないという人は、債務整理で解決するのがおすすめ。

債務整理には任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産と4つの手続きがあります。

100万円~200万円ていどの借金は、任意整理で解決する人が多くなっています。

言ってしまえば、任意整理で解決できる段階で借金問題は解決してしまうべきです。

このくらいであればまだ、借金問題を解決するのはそれほど難しいことではありません。

また、債務整理後の生活にも影響は最小限に抑えることができます。

逆に言えば、借金問題が深刻化するかどうかのギリギリのタイミングともいえます。

1人で悩みつづけるのではなく、1日も早く専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

任意整理では、貸金業者と交渉をして利息金をカットしてもらったり3年~5年の長期分割返済にしてもらうことができます。

150万円の借金を利息金なしで5年間の分割払いした場合、1回の支払いは2万5,000円。

このていどであれば、無理なく返済していけるという人も多いはず。

ただし、複数の貸金業者を利用している人は1社ごとに交渉をおこなわなくてはいけないため、自分で交渉しようと思うと解決までに長い時間がかかってしまうでしょう。

任意整理の際には、必ず法律の専門家へ相談してから手続きを進めるようにしてくださいね。

ここで1つ気を付けたいのが、「140万円を超える債務整理の場合には司法書士は受けることができない」という点です。

少額の債務整理であれば司法書士でも手続きをおこなうことができるのですが、取り扱う金額が140万円を超える場合には案件を受任してはいけない決まりになっています。

140万円以上借金がある人は弁護士へ相談するようにしましょう。

借金150万と債務整理まとめ

150万円の借金というのは、自分で返済していけるギリギリの金額でしょう。

金利15%の場合、1年間では20万円近くの利息金が発生してしまう可能性も。

少しでも返済の負担を軽減できるように、低金利カードローンを利用したり積極的に繰り越し返済を利用して、早めの完済を目指しましょう。
どうしても自分で返済することができないという場合には、債務整理を検討してください。

150万円ていどであれば、任意整理を利用する人が多くなっています。

利息金のカット、長期間の分割払いが可能となりますので、無理なく返済を継続することができるでしょう。

大切なのは借金は後回しにするのではなく今すぐに行動をするということ。

1日でも早く弁護士に相談をすることが非常に重要です。今すぐの行動を心がけてください。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。