借金楽になりたい人は債務整理を検討すべき4つの理由と方法

誰でも借金は早く片付けたいと思うものです。

しかし、借金に悩んでいる方は、「楽になりたい」と強く思うことが少なくありません。

「楽になりたい」

「とにかく早く楽になりたい」

と感じるようになったときは、借金の問題は危険な状況に陥っている可能性があります。

この記事では、「楽になりたい」と感じたらなぜ危険なのかということについてお話していきます。

本当の意味で借金から「楽になる」には、債務整理がベストの方法です。

また、『借金返済の為に、借り入れをしていて自転車操業状態になっている。』

『現実的に考えて、借金完済は無理だと心のどこかでは分かっている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、すでに黄色信号が点滅している状態です。

手遅れになる前に、今すぐに法律事務所に相談をしてください。

どの法律事務所に相談をしたら良いか分からない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

実は「楽にならない」間違えた対応

「早く楽になりたい」と感じるような状況では、すでに借金の返済が行き詰まりつつある場合が少なくありません。

そのため、「とにかく何とかしたい」、「今月だけでも楽になりたい」と思うあまりに、「間違えた対応」をしてしまう人は少なくありません。

謝金の問題は、間違えた対応をすると、一気に深刻化する可能性が高いのです。

「目先の返済」のために借金してしまう

借金から「楽になりたい」と感じる状況では、返済のための資金繰りが厳しくなっていることが少なくないでしょう。

また、「楽になりたい」と感じている人は、「債権者からの督促」に恐れを感じている人も少なくありません。

「督促されて家族等にに借金がバレるのではないか」ということが心配で、「目前に迫った返済」のためにさらに借金してしまうのです。

「追加の借金をして目先の返済をしのぐ」ことを「自転車操業する」ということがあります。

自転車操業は、1度はじめると抜け出すことが難しいものです。

自転車操業は、その返済のためにさらに自転車操業を行う必要が生じるからです。

そのため、気がついたときには「借金が法外に膨らんでいた」ということは珍しくありません。

すでに「自転車操業の状態にある」ようなら、早急に弁護士・司法書士に債務整理の相談をしましょう。

「甘い勧誘」にひっかかってしまう

「楽になりたい」と思ったために、「甘い勧誘」にひっかかってしまう人もいます。

「買取屋」、「換金屋」、「チケット屋」、「紹介屋」、「整理屋」とよばれるような、借金に苦しむ人をカモにしようとする悪党業者はたくさん存在しています。

これらの手口にひっかかってしまったら「楽になる」どころか、状況は余計に悪化します。

また、資金繰りの厳しい状態で、「買取屋」、「換金屋」、「チケット屋」を利用すると、破産免責が得られないこともあります

参考⇒破産法252条1項1号・2号

あまり検討せずに「おまとめローン」を契約する

借入先が複数となる「多重債務」になると、借金の負担はさらに重たくなります。

返済額、返済日が増え、「生活が落ち着かない」ことも少なくないでしょう。

最近では、「おまとめローンで借金を1本化」という宣伝文句をよく目にします。

借金を1社にまとめれば、「返済日」は1回で済み、毎回の返済額も減ります。

しかし、「おまとめローン」には、「返済期間の長期化」、「返済総額の増加」といったリスクもあります。

確かに、「おまとめローン」で借金を無事に解決できた人もたくさんいます。

しかし、「おまとめローン」で「借金はなくなる」ことはありません。

場合によってはこれまでよりも不利な契約となることもあるので、「慎重に検討する」ことが大切です。

「おまとめローンよりも債務整理の方が有利」ということは珍しくありません。

債務整理とおまとめローンについては下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒債務整理とおまとめローンどっちがいい?任意整理や自己破産との違い

「1人で抱え込む」ことが最もよくない

ここまで紹介した「間違えた対応」は、落ち着いて対応すれば未然に防げそうなものばかりです。

しかし、「間違えた対応」をとったしまった人も「借金を増やそう」と思ってやったわけではありません。

「借金を何とかしたい」、「借金から楽になりたい」と思うあまりに、対応を間違えてしますのです。

このことは、「相談相手がいないこと」と大きく関係しています。

「借金から楽になりたい」と感じている人は、借金の悩みを「1人で抱え込んでいる」ことが少なくありません。

「悩み事」や「辛い気持ち」は誰かに打ち明ける・相談することで「楽になれる」ことがあります。

精神的な負担が軽減されることで、「落ちついて」、「冷静に判断」できるようにもなります。

ところが、「借金の悩み事」や「借金で苦しんでいること」は、「誰にも知られたくない」と思うものです。

そのため、「1人で抱えて」しまい、「焦ったり」、「騙されたり」することで、間違えた対応をとってしまいがちなのです。

「楽になりたい」と思っている方に、債務整理をすすめる一番の理由は、「1人で抱え込んではいけない」ということなのかもしれません。

借金の問題を根本的に解決できるのは「債務整理」だけ

借金から楽になるためには、借金の問題を根本から解決するのが一番です。

根本的に解決するというのは、「確実に返済から解放される」ということです。

自転車操業は、解放されるどころか「返済を増やす」危険な行為です。

また、「おまとめローン」も「返済を先延ばし」にする行為なので、根本的な解決とはいえません。

これに対して、たとえば任意整理や個人再生は、「返済できる方法で返済し直す」ための手続きです。

したがって、任意整理や個人再生すれば必ず「楽になれるゴール」がハッキリと見えます。

「おまとめローン」のように、借金が増えたり、8年・10年という長期の返済にもなりません。

どうしても返済できないときには、自己破産で返済義務をすべて免除してもらうこともできます。

弁護士・司法書士は頼れる味方

債務整理に携わる弁護士や司法書士のほとんどは、「もっと早く相談にきてくれていたら」という依頼人(相談者)と出会っています。

「借りたお金は返すべきだ」と誠実になんとかしようと思っている方ほど、「楽になりたい」と感じています。

また同時に、誠実だからこそ、対応が遅くなったり、対応を間違えたりしがちなのです。

借金は早期に対応すれば、大きな傷を負うことなく解決できる問題です。

「楽になりたい」と感じたら、「1人」で抱え込まずに、早めに弁護士・司法書士に債務整理の相談をしてみてください。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。