クレジットカードのリボルビング払いで債務整理をした体験談

ショッピングをする時に非常に便利な『リボ払い』

クレジットカードのリボルビング払いで金銭感覚が麻痺してしまい、借入額を把握出来ずに、返済が困難になってしまう方はとても多いです。

今回は、大学卒業後、クレジットカードのリボルビング払いによって、債務整理を経験した下原さんの体験談をご紹介します。

リボ払いが原因での債務整理は、若い女性を中心に増えている深刻な問題です。

しかし、今回の下原さんのように、リボ払いで作った借金であっても債務整理をする事で解決をする事は可能です。

参考にしてください。

また、重要な事なので結論から先にお伝えします。

借金問題は時間がたてばたつだけ事態は深刻化し、取れる対応策も減っていきます。

逆に早期の段階であれば、借金問題は解決するのはそれほど難しいことではありません。

『給料が出ても支払いや返済をするとお金が足りず、カードでその場をしのいだり結局またお金を借りてしまう。』

『元本が1年以上全く減っておらず、利息だけを支払うような状況が続いている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩み続けるのではなく、手遅れになる前に今すぐ専門家に相談をして下さい。

法律事務所は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイト⇒が便利で簡単です。

それでは下原さんお願いします。

大学生時代に作ったマルイのカードが原因で債務整理を経験

債務整理に至った経緯を教えてください。

私は、大学生時代に生まれて初めてマルイのクレジットカードを作りました。

利用上限額は最初は10万円でしたが、いつの間にか50万円に増えていました。

最初の頃は、アルバイトの給料だけでは足りない生活費を、補うための手段として使っていました。

それから大学を卒業し、社会人になってからはパルコカードや楽天カードなど、キャンペーンや特典にひかれて別のカードを何枚か作りました。

そのうち、同僚との飲み会や買い物、旅行などでリボルビング払いの便利さに感覚が麻痺してしまったんです。

生活費以外にも、クレジットカードでの支払いがだんだんと増えてきました。

そして、気が付くと、全てのカードにおいて上限額いっぱいまで使ってしまっていたのです。

不思議なものなのですが、そんなにお金を使っている気がしなくても、簡単に上限金額って達してしまうのですね。

しかし、職場の人間関係に嫌気が差して転職すると、給料が下がったことにより、毎月の返済に苦しくなっていくようになりました。

そのうち、何枚かのカードで返済を翌月に繰り越すことを、繰り返すようになり、カード会社からの督促状も、時間を追うごとに多く届くようになりました。

当時は甘く考えていて、支払いが遅れる事に対して特に何も感じなくなっていました。

そんなある日、テレビで流れていた法律事務所のCMで、私の地元で債務整理の無料相談会が開かれるていることを知ったんです。

支払いに追われていた私は、迷わずその相談会に応募しました。

対応した事務所のスタッフの方は2人だけでしたが、私の借金への悩み相談に親身になって応じてくれました。

そして各カード会社への返済計画や裁判所へ出す書類の書き方など、丁寧に説明してくれました。

もちろん当時、法律事務所に支払うお金などあるはずもないので、そのことを素直に相談したところ、後払いという形で分割返済の了承をしていただけました。

私の場合、利息や遅延損害金を無くしてもらっても、返済の見込みが低いため個人再生手続きを選択する形になりました。

その時に抱えていた借金の総額は322万円でした。

自分でもまさかこんなに借りているのかと、弁護士に計算をしてもらった時にようやく気づいたんです。

債権者で来られている方は誰もいなくて私と担当の弁護士、裁判官で形だけ?の話し合いが行われました。、

裁判自体は、裁判官が私への月々の返済計画の確認などを問い質すだけの簡素なものでした。

私の他にも、とあるカード会社から5万円借りて、それが返済できずに裁判を受けに来た人がいて、同じような人がいるんだな。と思いました。

裁判を無事に終えた現在は、返済計画に基づいて、毎月滞りなく返済を続けています。

利息と遅延損害金を全額免除され、借金も4分の1程度まで下げてもらえたので、支払いをしても生活にある程度の余裕はあります。

皆さんに伝えたいことは、たとえリボ払いであっても一括払いであっても、きちんとした返済計画を立てないと必ず自分の首を絞めることになるということです。

そして、もし私と同じような状態になってしまっているのであれば、今すぐに法律事務所に相談をする。という事。

私みたいな人をこれ以上生み出さないためにも、「ご利用は計画的に」ということを肝に銘じてほしいと思っています。

債務整理を行う原因のひとつにリボルビング払いは多い

いかがでしたでしょうか?

リボルビング払いは、知らない間に借金が膨れ上がっているケースが非常に多い返済方法です。

近年では特に若い女性や新社会人などが陥りやすいです。

クレジットカードの上限金額は自分のお金ではありません。

もしすでに同じような状況になっている方は、手遅れになる前に今すぐ法律事務所に相談をする事が非常に重要です。

借金の金額やケースによっては、個人再生や自己破産を選択せずに任意整理で比較的簡単に問題を解決する事が出来ます。

借金問題は時間が経過すればするだけ状態は悪くなるだけで、好転することは絶対にありません。

実際に、早期の段階であれば比較的簡単に解決できたのに後回しにした結果、最悪の結末を迎えてしまった方は少なくありません。

1人で悩むのではなく、今すぐ法律事務所へ相談することをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。