クレジットカードの借金を自分のお金と思い込んで債務整理をする人は多い

クレジットカードを使い過ぎて支払いが困難になってしまった。。。

今回は、クレジットカードの支払いの為に消費者金融からも借り入れを行って借金が増え、債務整理をした橘さんの体験談を紹介します。

クレジットカードの限度額を自分の貯金だと勘違いをして、使いすぎてしまう方は非常に多いです。

そんな借金でも、早期の段階で債務整理をする事で借金問題は解決をする事が可能です。

橘さんのケースを例に見てみましょう。

クレジットカードの限度額を自分のお金だと勘違いして債務整理

債務整理をするまでの話を聞かせてください。

20歳の頃に初めてクレジットカードを一つ作りました。

それまでは、自分の働いたお金の範囲内で買い物をしていました。

しかし、服やバックがもっと欲しいという欲望にかられクレジットカードを使い始めたのです。

使い始めるとその時はお金がなくても、カードを使えば欲しい物がすぐに手に入る便利さにどっぷり浸かっていったのです。

お金は給料が入ったら返せば良いという考えで、結構な頻度でカードを使うようになりました。

その結果、すぐに一社の限度額を超えてしまい次々と三つのクレジットカードを持つようになりました。

当時の自分は、相当お金があるというように麻痺をしていたのだと思います。

実際はクレジットカードで借金をしていただけなんですが。。。

クレジットカードの限度額を超えたら、次は消費者金融からキャッシングをし始めるようになりました。

そして、ついに返済を最少額でしか払えなくなり利息だけがどんどん増えていく様に。

最終的には、払っても払っても全然元金が減らない状況にまでなってしまいました。

どうしたら良いのか困り果てていたころ、債務整理という方法がある事を知人から教えてもらいました。

まず、私が行ったのがネットで弁護士を見つける事でした。

といってもお金が無いので、費用が払えない為、後払いにしてもらえる法律事務所を探しました。

ボランティアや無料でできる所も探してみましたが無かったです。

結局、自分の状況にあった弁護士を案内してくれるというサイトで、出てきた弁護士に無料相談をしてもらうことにしました。

何社からどれくらいの額を借りているのか、そのお金を何に使ったのか、なぜ借りる必要があったのか色々聞かれました。

その後、法律事務所のスタッフの方が、借りている金融機関から今まで返済してきた額と残っている金額を全部出してくれました。

相談に訪れた日のうちに、消費者金融やローン会社には受任通知を送ってくれ、その日から督促の手紙や電話が無くなったので精神的にすごい、安心した記憶が残っています。

結局、私の場合は発生していた過払い金を借金返済に回すことと、利息、延滞利息の免除で合計の支払額を150万円ほど減らすことができました。

債務整理をしたおかげで、借りたお金を完済する事が出来ましたが、10年以上たった今でもクレジットカードは怖くて持っていません。

クレジットカードはとても便利なものですが、私みたいに勘違いをしてしまうと大変な事になってしまいます。

私は今後もクレジットカードを持つ予定はありませんが、万が一持つことがあっても、二度と同じ失敗は繰り返したくないと思います。

クレジットカードの借金も早期の相談で解決ができる

橘さんのケースのようにクレジットカードや消費者金融での借金を、自分のお金と勘違いしてしまい多重債務者となってしまう方は、非常に多いです。

橘さんの場合は法律事務所に相談をしたのが比較的早かった事と、過払い金が発生していた為、自己破産や個人再生ではなく、任意整理+過払い金請求で借金問題を解決する事ができました。

借金問題は早めに対応をする事が非常に重要です。

早ければ早いだけ取れる対策は多いですし、時間が経過すればするだけ選択肢は減っていきます。

いずれにしても、1人で悩んでいても何の解決にもなりません。

今すぐに、法律事務所に相談をすることをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。