任意整理しても楽天カードを残せるケースと楽天モバイルやETC利用方法について解説

「任意整理は全部のカードが対象?」
「高速でETCが使えないと死活問題、
楽天カードだけは残したい」
「任意整理して、楽天モバイルが使えなくなったら困る」

あなたは、任意整理して楽天ETCカードが使えなくなると仕事上困るから、どうしても残したいとお悩みではありませんか?

あるいは、楽天モバイルが利用できないと生活に支障が出るから、何とかして楽天カードを残したいと考えているのではないでしょうか?

結論から言うと、楽天カードを任意整理の対象から外し、残すことは可能です。残せなかったとしても、ETCや楽天モバイルは利用できるため、安心してください。

この記事では、以下の内容について解説します。

  • 楽天カードを任意整理の対象外にすれば、カードは残せるのか
  • 楽天カードを任意整理の対象にするとETCや楽天モバイルは使えるのか
  • クレジットカードが原因で任意整理した体験談

この記事を読めば、任意整理して楽天カードが使えなくなった場合でも、ETCや楽天モバイルが利用できる方法まで詳しくわかります。

ぜひ最後までお読みください。


アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。
借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

24時間対応しており、相談は無料です。
→アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。

楽天カードを任意整理の対象外にしたケース

楽天カードを任意整理の対象外にした場合、カードは一時的に残せますが、途上審査のタイミングで利用できなくなる可能性が高くなります。

1つずつ見ていきましょう。

1. 楽天カードは一時的に残せる

楽天カードを任意整理の対象外にした場合、一時的にはカードを残せるでしょう。

任意整理すると、CICやJICCなどの信用情報機関に事故情報が登録されます。しかし、すぐに強制解約されるわけではありません。途上審査のタイミングまでは、一時的に残せます。

2. 途上審査のタイミングで利用できなくなる

楽天カードを任意整理の対象外にして一時的にカードを残せても、途上審査のタイミングで利用できなくなる可能性があります。

途上審査とは、カードの申し込み時以外にも、定期・不定期に審査を行うことです。楽天カードが途上審査するタイミングは、次の3つとされています。

  • カード利用残高の増額申請時
  • キャッシング利用時
  • 3カ月に1回

楽天カードは、申し込み時の基準がやや緩く、審査に通りやすいと言われています。逆に、途上審査は比較的厳しいことで有名です。任意整理の手続き後、3ヶ月以内に利用できなくなる可能性は高いと言えるでしょう。

ただし、楽天カードに1度も滞納なく支払いしている場合、信用情報機関に事故情報が登録されていても継続して利用できるケースもあります。

楽天カードを任意整理の対象にしたケース

楽天カードを任意整理の対象にした場合について、解説していきます。

結論から言うと、カードは強制解約されるため残せません。「社内ブラック」にデータとして残るため、楽天カードは半永久的に利用できなくなるでしょう。

ただし、一定期間経過後、他社のクレジットカード作成は可能になります。1つずつ詳しく見ていきましょう。

1. 楽天カードは強制解約されるため残せない

楽天カードを任意整理の対象にした場合、基本的に強制解約されるため残せません。

対象外にしているカードであれば、当面は利用可能です。しかし、前述のように、任意整理の手続きを行うと信用情報機関に事故情報が登録されます。

途上審査のタイミングで、楽天カード以外のカードであっても、更新が拒否される可能性は高いでしょう。

2. 社内ブラックに登録され半永久的に利用できない

楽天カードを任意整理の対象にした場合、社内ブラックに登録され、半永久的に利用できない可能性が高いでしょう。

信用情報機関への事故情報登録は、5年経過すると消去されます。しかし、楽天カードの社内に、ブラック情報としてデータが残り続けます。

5年以上経過しても、楽天カードは再発行できないと考えた方が良いでしょう。ただし、別の会社で新規カードを作成できるので、安心してください。

信用情報機関への登録機関については「債務整理後にローンを組めるのはいつから?組めた体験談や信用情報への登録期間を解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

楽天カードを任意整理すると楽天モバイルは使えないのか

楽天カードを任意整理の対象にした場合「楽天モバイルが使えなくなったら困る!」と心配している方は多いでしょう。

結論から言うと、料金の未払いがなければ、楽天モバイルは使えます。機種変更したい場合、端末代金を一括で支払えば基本的に問題ありません。

ただし、注意点があるため、1つずつ見ていきましょう。

1. 楽天モバイルは料金未払いがなければ使える

楽天カードを任意整理したとしても、料金未払いがなければ楽天モバイルは使用できます。

任意整理の手続きをすると、信用情報機関に事故情報が登録されます。しかし、スマホの契約は、借金とみなされないため、今まで通り使用可能です。携帯電話会社との回線契約については、基本的に問題ありません。

ただし、携帯電話料金の滞納があると、強制解約される場合もあるので注意してください。スマホは、日常生活の必需品と言えます。滞納がある場合、まずは弁護士に相談してみると良いでしょう。

2. 機種変更は端末代金を一括で支払えば問題ない

機種変更は、端末代金を一括で支払えば問題ありません。

機種変更や他社にのりかえると、端末の購入契約が発生します。端末を分割払いで購入した場合、携帯電話会社は購入者の信用情報を調査します。

端末は高額なため、分割払いにする方は多いでしょう。しかし、分割で毎月支払う形態は、クレジットカードでの買い物と同じです。

任意整理した場合、信用情報機関に事故情報が5年間登録されます。登録期間中は、クレジットカードが使えないのと同様、携帯の端末も分割払いで購入できないのです。

本体の代金を一括で支払えば、機種変更が可能です。しかし、スマホの端末代金は年々高額化しているため、毎月の支払いの負担もさらに増えるでしょう。任意整理する場合、機種変更やのりかえは慎重に検討してください。

楽天ETCカードは任意整理すると使えないのか

楽天カードを任意整理の対象にした場合、基本的に強制解約されます。付帯していた ETCカードも、同時に使用不可となります。

しかし、ドライバーの方など、仕事で日常的にETCカードを使う方は多いでしょう。ここでは、楽天カードが使えなくなった時、ETCを利用できる方法についてもご紹介します。

1. 任意整理の対象外にすると使える可能性もある

楽天カードを任意整理の対象外にすると、ETCカードを使える可能性があります。対象から外したカードが、すぐ使えなくなるわけではありません。

楽天カードへ滞納なく支払っているなら、当面は使えるでしょう。

2. カード更新のタイミングで使えなくなるケースも

楽天カードは、更新のタイミングで使えなくなるケースもあります。

前述のように、任意整理すると信用情報機関に事故情報が登録されます。楽天カードを任意整理の対象外にしても、定期的に顧客の信用情報をチェックしているため、カード更新の際は使えなくなるかもしれないと考えておいてください。

3. 楽天カードがなくてもETCを使う方法はある

楽天カードが使用できない場合でも、ETCを使う方法はあるので、安心してください。方法は、次の2つです。

  • ETCパーソナルカード
  • 家族会員ETCカード

ETCパーソナルカード

ETC パーソナルカードは、高速道路の支払いにだけ利用できます。

クレジットカード機能がついていないため、審査がありません。信用情報機関に事故情報が登録されていても発行可能です。

利用方法は、次の通りです。

デポジット(保証金)は、利用額により申し込み時に2~8万円を預け、毎月口座から引き落としされます。ただし、デポジットの80%以上利用すると、一時的に使用できなくなるので、注意してください。

家族会員ETCカード

家族会員ETC カードは、審査なしで作成できます。家族カードは、契約者の信用情報を参考に審査されるからです。

例えば、妻が契約者なら、夫は家族会員になれます。妻の信用情報に問題がなければ、あなたは基本的に家族会員ETCカードを持てるでしょう。

債務整理後のETCカード利用については「【自己破産後のETCカード】審査なしでもすぐ作れる!入手方法を徹底解説」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

クレジットカードの多用から借金地獄になった女性が任意整理した体験談

ここでは、クレジットカードの多用から借金地獄になってしまった女性が、任意整理して人生を取り戻した体験談をご紹介します。

愛知県在住、女性、M様

シングルマザーで子供と二人の生活でしたが、給料も良かったので母子手当てや税金の免除は受けていませんでした。

ただ、仕事の忙しさから外食が多くなったり子供と出かけたり・・。最終的には税金が払えなくなり、借金することに。それでも生活レベルは落とせず、現金がなくなってはクレジットカードを使って生活を続けました。

その後、体調を崩し職場を退職。貯金はまったくなく、プライドから家族にも頼れず、いつのまにか借金は130万円になっていました。ネットで「借金 130万円」など検索し、色々な人の体験談を見ては落ち込んでの繰り返し。

このまま踏み倒したらどうなるのかな・・と考えるほど追い詰められていましたが、悩むなら人生やり直そうと決意。任意整理を依頼することになり、利息部分をカットしてもらいました。130万円が95万円まで減額され、月2万円を返済していくことに。

返済額や期間が明確になったことから、漠然とした不安は消えました。

債務整理した一番のメリットは、気持ちが楽になったことです。「いつまで払い続けるのだろう」という不安がなくなり、毎日の生活が充実しています。

 

M様は「一度人生をやり直すチャンスだと思って債務整理してみてはどうか?」とおっしゃってました。

こちらの体験談は「生活費の為の借金130万円を愛知県の司法書士事務所で債務整理した38歳女性の体験談」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください!

任意整理したいけど楽天カードを残したいとお悩みなら弁護士に相談を

楽天カードを任意整理の対象外にした場合、途上審査のタイミングでカードは使用できなくなる可能性が高いでしょう。任意整理の対象にした場合は、基本的に楽天カードは強制解約され、半永久的に利用できなくなります。

しかし、ETCを使う際は他に代替方法があります。楽天モバイルについては、料金の未払いがなければ今まで通りスマホを使えるので、安心していただけたのではないでしょうか?

「楽天カードが使えなくなったら困るから」と借金問題を回避するのは、大きなリスクがあります。

楽天カード以外にも複数のカード会社から借入したり、毎月の返済が苦しくて生活に行き詰っていたりしている場合、迷わず弁護士に相談してください。

借金問題は、ひとりで悩まず専門家に相談するのが一番の解決方法です。現在、相談は無料という法律事務所は増えているため、気軽に悩みを話してみることをおすすめします。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。