高齢者の借金は債務整理で解決できる!手続きの4つのポイントと差し押さえ財産について解説

「高齢者の借金はどう解決したらいい?」
「収入が年金しかない…借金を完済する方法はあるの?」

あなたはそんなふうに悩んでいませんか?

結論として、高齢者の方が借金を解決するなら、自己破産を始めとした債務整理が現実的です。

この記事では、借金を解決できず年金でなんとかやりくりしている高齢者の方に向けて、次の内容を解説します。

この記事でわかること
  • 高齢者が債務整理するときのポイント
  • 自己破産で差し押さえられる財産
  • 過払い金請求ができる条件

きっと借金から解放されて自由な生活が送れるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください!

高齢者の借金は債務整理で解決できる

結論として、高齢者の借金は債務整理で解決可能です。

そもそも債務整理とは、借金を返済できない債務者を救済するための制度で、利用するのに年齢制限はありません。

高齢者の多くは収入が年金しかなく、新たに仕事を始めるのも難しいため、自力での完済は非現実的です。

借入に借入を重ねても状況は悪化してしまうため、返済できないとわかった時点で弁護士・司法書士に相談するのがベストでしょう。

高齢者が借金を債務整理するときの4つのポイント

高齢者の方が債務整理をする際は、次の4つのポイントを知っておきましょう。

債務整理のポイント
  • 債務整理には主に3つの方法がある
  • 財産を残したいなら任意整理
  • 個人再生はメリットが少ない
  • めぼしい財産がないなら自己破産

法律の知識がなくてもわかるよう、簡単に解説します。

(1)債務整理には主に3つの方法がある

債務整理には、主に次の3つの方法があります。

主な債務整理方法
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

それぞれ借金の免除範囲、デメリットが異なります。

例えば、任意整理なら利息部分のみ、個人再生は元本の一部、自己破産は全ての借金が免除されます。

また、どの方法を選んでも信用情報機関に事故情報が登録されてしまうのは変わりませんが、任意整理や個人再生なら差し押さえを避けられますよ。

高齢者の方が借金を解決するなら、ほとんどのケースでは任意整理か自己破産を選ぶことになるでしょう。

(2)財産を残したいなら任意整理

家や車などの財産を残したいなら、任意整理を選びましょう。

任意整理とは、借金の利息部分のみを免除してもらった上で、返済期間を見直す手続きです。

利息を取り除いた残りを年金で返済できるのであれば、高齢者の方でも任意整理で財産を残すことは可能です。

ただし、借金額があまりにも多すぎる場合は、利息をなくすだけでは到底返済が追いつきません。よって、自宅などの財産を残したくても、自己破産せざるを得ない場合もあるということは覚えておきましょう。

任意整理については、下記ページで詳しく解説しています。

参考⇒ 任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

(3)個人再生はメリットが少ない

高齢者が個人再生を行うメリットは少ないと言えるでしょう。

個人再生のメリットは、住宅ローンを維持しながら借金を返済していけるところにあります。しかし、ローンが完済済み、もしくはアンダーローン(ローンの残債より建物の売却額の方が大きい)の場合は、借金が減額されない可能性が高いです。

高齢者の場合、既にローンを完済しているかアンダーローンであるケースが多いため、個人再生は適さないことが多いでしょう。

個人再生については、下記ページで詳しく解説しています。

参考⇒ 個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある

(4)めぼしい財産がないなら自己破産

特に手元に財産がないのであれば、自己破産を選びましょう。

自己破産は、任意整理と違って借金を全く返済しなくて良くなるため、こちらの方が圧倒的に楽だと言えます。

さらに、自己破産の要件は「支払い不能であること」ですが高齢者は収入が年金のみなどと非常に限られている場合が多いため、借金が少額だったとしても自己破産が認められやすいのです。

自己破産しても年金や99万円以下の現金、そして生活に必要な家財(テレビや冷蔵庫、エアコン等)は残せるため、生活できなくなる心配もありません。

もっと言えば、自己破産後に新たに得た財産は差し押さえの対象にならないため、年金を残したいのであれば、早めに自己破産すべきです。

自己破産については、下記ページで詳しく解説しています。

参考⇒ 自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

自己破産で差し押さえを受ける財産について

自己破産は、あくまで借金を返せない人を救済する制度です。

よって、生活に必要な家財や財産、年金は処分されませんが、次のような財産は差し押さえられてしまうため注意しましょう。

差し押さえを受ける財産
  • 家や車
  • 個人年金
  • 生命保険の解約返戻金

これらの財産も、絶対に差し押さえの対象になるとは限りません。それぞれ詳しく解説します。

(1)家や車

自己破産を行うと、家や車は差し押さえの対象となります。

思い入れのある家や車を手放すのは寂しいですし、なんとかして手放すのだけは避けたいという人も多いでしょう。

そこで知っておきたいのが、差し押さえの対象となるのは「20万円以上の財産」だということ。

家は厳しいかもしれませんが、車であれば価値が20万円以下になっている可能性も十分に考えられるため、気になるならディーラー等に査定してもらうことをおすすめします。

(2)個人年金

自己破産を行う際は、個人年金に注意が必要です。

確かに、公的年金は生活に必要なので差し押さえられることはありませんが、個人年金の場合は話が別です。

また、財産隠しをしようとして名義変更等をすると、免責不許可事由となって免責が認められなくなるリスクがあるため、絶対にやめてください。

(3)生命保険の解約返戻金

自己破産しても、基本的に保険を解約する必要はありません。

ただし、解約返戻金のある保険は処分の対象となってしまうこともあるため、以下の回避方法を知っておきましょう。

保険の解約を回避する方法
  • 解約返戻金相当額を自分で積み立てる
  • 生命保険受取人に介入権を行使してもらう
  • 裁判所に自由財産の拡張を認めてもらう

債務整理と生命保険の関係については、下記ページ詳しく解説をしています。

参考⇒ 債務整理と生命保険~自己破産は解約返戻金が没収されるので注意が必要!

高齢者の借金に関して覚えておきたいポイント

この項では、高齢者の借金に関して知っておきたい以下のポイントについてまとめました。

高齢者の借金に関する注意点
  • 昔からの借金は過払い金請求ができることもある
  • 親が認知症の場合は成年後見人制度を利用する
  • 借金を相続した場合は放棄できる

それぞれ詳しく解説します。

(1)昔からの借金は過払い金請求ができることもある

借金が長く続いている場合、過払い金請求を検討しましょう。

2008年以前に借入した借金は、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる金利が設定されているため、払い過ぎた利息が返ってくる可能性があるのです。

過払い金は、契約期間が長ければ長いほど増えます。

もう死ぬまで返せないと思っていた借金を過払い金請求することで、逆にお金が増える可能性もあります。

もしも思い当たるふしがあるなら、弁護士・司法書士に相談してみましょう。

(2)認知症の場合の対応策

借金を抱えた親が認知症になってしまったら、成年後見の申し立てを行いましょう。

認知症になってしまった高齢者をそのままにすれば、自力で自己破産の申し立てができず、借金がさらに悪化してしまう可能性があるからです。

この場合、家庭裁判所に「成年後見」の申し立てを行い、さらに成年後見人が自己破産を申し立てる必要があります。

本人を装って自己破産の申立てをすることは、犯罪となるので絶対にやめてください。

(3)借金を相続した場合は放棄できる

借金を相続したくない場合、相続放棄を活用しましょう。

相続といえば、預貯金や住宅などプラスの財産を受け継ぐものと認識されがちですが、負債も同時に相続する必要があります。

借金と相続の関係をまとめたものが、以下の表になります。

借金と相続の関係
  • 借金はすべて相続されるのが原則
  • 相続放棄は、相続開始後3ヶ月以内に行わなければならない
  • 連帯保証人のいる借金は相続人ではなく連帯保証人に引き継がれる
  • 住宅ローンの残債務は「団信」で補償されれば相続されない

残された負債が財産よりも大きい場合、相続開始から3ヶ月以内に「相続放棄」の手続きを行うことで、返済義務がなくなります。

なお、プラスの財産だけ相続できる「限定承認」という制度もあるにはあるのですが、手続きが複雑な上に、めぼしい財産がないというケースがほとんどのため、実際にはほとんど使われていません。

まとめ

高齢者の借金は、基本的に債務整理での解決となるでしょう。

高齢者の方の多くは収入が年金しかありません。働いて返すのも難しいため、自力で返済するのは現実的ではありません。

債務整理の際は、次の4点について知っておきましょう。

債務整理のポイント
  • 債務整理には主に3つの方法がある
  • 財産を残したいなら任意整理
  • 個人再生はメリットが少ない
  • めぼしい財産がないなら自己破産

債務整理を行うなら、早めの手続きが重要です。

借金への対応が遅れるとどんどん状況は悪化してしまうため、1日でも早く弁護士・司法書士に相談してください。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。