ギャンブルが原因で借金まみれ!新潟県の法律事務所で親にバレないように任意整理を行った体験談

今回は新潟県にお住まいの新藤さんです。

新藤さんは実家暮らしの男性です。

あらゆるギャンブルにハマってしまい、その資金調達に消費者金融6社から借り入れをしている状況でした。

借金をし始めた当初は、なんとか返済もできていたのですが、返済後すぐに借りてという繰り返し。

しかし、そんな生活をしているうちにいずれ返済も滞るようになってしまうのでした。

そして督促の連絡が鳴りやまない毎日にどうしようもなく途方に暮れてしまいます。

そこでどうにかしなくてはと、弁護士さんに債務整理について相談することから始めました。

個人再生を勧められるも、どうしても親に借金のことがバレてしまうことを避けたいが為に任意整理をしたのでした。

個人再生、任意整理のそれぞれのメリット・デメリットなどもお話してくださいました。

それではよろしくお願い致します。

新潟県の法律事務所で借金450万円を債務整理した体験談

債務整理で救われた31歳の男です。

私が債務整理を行ったのは28歳の時でした。

借金地獄の始まりはギャンブルにハマってしまった事でした。

新潟県で実家暮らしにも関わらず当時はパチンコスロット、競馬にのめり込み、使ってはいけないお金を使いました。

それを補う為に消費者金融から、借金をしては返しを繰り返していつしか借金は、6社で450万円になりました。

会社員のため最初は月々の返済はしっかりとしていましたが、ふとしたところでギャンブルをしてしまい、返済する予定にしていたお金を使ってしまうのでした。

返済が滞る事が少しずつ多くなり、いよいよ給料のみでは返済できなくなり八方塞がりになってしまいました。

借金で首が回らない状態に法律事務所に相談をする

電話は毎日何回も鳴り、精神的に追い詰められてしまった私は絶、望の中で状況を打破できる方法を模索しました。

そこで目にしたのが債務整理でした。

一つ離れた町の法律相談事務所を調べて、電話をして状況を伝え、相談に伺う日を取り決めました。

債務整理とは何かを当時は全く分からず、何をしていいのか見当もつかなかったので、相談事務所へついて弁護士の方から様々な事を説明していただきました。

まず弁護士さんから借金をした理由・現在の借り入れ状況・収入等金銭面の質問をされ、その一つ一つに答えていきました。

また、弁護士さんからはこの質問の前に、見栄やプライドは一切捨てて正直に話しをしてほしいと言われました。

どうしても親にバレたくなくて任意整理を選択

全てを正直に話した後、先生からは2つの整理方法を提案されました。

一つ目は任意整理でした。

任意整理は現在借入れている元本の金額は変わらず、将来支払う際の利息をカットして元本のみを分割で返済していく方法です。

二つ目は個人再生です。

個人再生は現在借入れている金額が大幅にカットされ、返済額が大幅に減額になる方法です。

この二つの整理があると説明いただき、弁護士さんからは個人再生を薦められました。

個人再生をする事で、私の中で一番のネックは親に債務整理がバレる事でした。

そのため私は親へ知られることを恐れ、弁護士さんからは返済は大変だと言われましたが、それでも任意整理を選択しました。

その後弁護士さんに債権会社への手続きをお任せし契約完了後、鳴りやまなかった電話はこの日を境に一度も来なくなりました。

任意整理は各債権会社へ弁護士から和解の手続きを行い、返済金額や回数を相談して決めます。

その後、和解契約書を締結して支払いを開始します。

この間がだいたい1か月から2か月ほどかかりました。

この手続きの最中は返済が止まるため、この期間を用いて債務整理費用を支払いました。

この費用の支払いについても、弁護士さんと相談して決めています。

金額はあまり変わらないが債務整理をしてよかったと思える

任意整理は最長6年まで返済期間を延ばし、無理のない返済が出来ます。

ただし債権者によっては、返済期間の延長を了承して貰えない場合もあります。

返済期間は依頼する弁護士の裁量にかかっているようです。

最終的には私の借金は、450万円から400万円まで50万円ほど少なくなりました。

これは将来発生する利息を払う必要がなくなった事が要因です。

過払い金はありませんでした。

任意整理で生活は激変とは言えない

金額は通常の返済に比べて少なくなるので、生活には若干の余裕が出来ます。

ただし私の場合は返済金額が400万円と大きい事と、収入が低いという理由で返済生活は大変です。

任意整理をしたけれど、結局個人再生に切り替えをした方もいると聞きます。

それは任意整理をした後もギャンブル等をやめる事が出来ず、支払いが滞り一括請求をされてしまう事があるため、そのような選択をする事があるのだと思います。

正直、借金はどんどん減っていくかと思いますが、生活レベルはほぼ任意整理前とあまり変わらないと言っていいです。

個人再生とは違い、元本はしっかりと返済していくシステムなので、支払いの額が大きく減額するわけでもありません。

任意整理と個人再生どんな人にあっているのか

任意整理のメリットとしては、現状で支払いが滞っているが返済するお金がない場合、電話での催促が毎日のように来ていて
精神的に参ってしまっている。

親にバレる事だけは避けたい。

このような人にはおススメ出来ます。

任意整理をする事で延滞していた借金の返済は一時的にストップできます。

親にも職場にも任意整理はバレることはありません。

デメリットとしては、返済する金額は借りている金額と同額であり、将来発生する利息をカットするだけで借金の金額の大幅な減額は期待できない。

自分にあった債務整理方法を慎重に選ぶべき

任意整理後の生活もそこまで大きく良化するものではない。

毎月の返済額も大きく減る事もない。

任意整理費用は1社あたりの金額の為、何社も借り入れをしている場合には整理費用だけでもバカになりません。

私は6社の任意整理を行いましたが、18万円くらいかかりました。

現状の状況をまっさらにしたいと思っている方にはあまりおススメ出来ません。

リセットするのであれば個人再生を強くおススメします。

債務整理後5年間は借入れはもちろんのこと、クレジットカードやカードローン等のローンが組めなくなります。

メリットもありますが、それと同じくらいデメリットもあります。

この事も考えた上で慎重に債務整理を行うようにしてください。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。