借金180万円の返済方法と債務整理による借金問題解決方法

今回は、「借金180万円の返済方法」と、「いますぐに債務整理をすべき理由」について解説します。

借金180万円はかなり多額の借金です。

すでに「返済が苦しい」と感じているだけでなく、行き詰まり始めている人も多いのではないでしょうか。

借金180万円は、毎月の利息負担だけでもかなり大きなものです。

したがって、毎月の返済額の多くが利息で消えてしまいます。

延滞すれば、利息よりも高額な遅延損害金が発生するため、破綻の可能性が一気に高まります。

また、借り換えでの対応も難しい場合が少なくありません。

おまとめローンでは、利息があまり安くならない場合があるからです。

利息を下げるために借入額を増やすことは本末転倒ともいえます。

大切なことなので結論からお伝えします。

今、借金問題に悩んで返済の目途がたっていないのであれば1日でも早く弁護士に相談することをおすすめします。

借金180万円であえば、まだ自己破産以外にも債務整理の選択肢が残されています。

『今の会社の給料では返済が厳しいことは分かっているけど、後回しにしたり放置してしまっている。』

『1年以上借金の残高が減っていない、もしくは増えている。』

このような状態の方は、既に黄色信号が点滅している状態でその借金を自力で完済できる見込みはほぼありません。

1人で悩むのではなく手遅れになる前に、今すぐ専門家に相談をしてください。

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

借金180万円を解決する方法

多額の借金が返せなくなったときには、債務整理で解決するのが最善の方法です。

最もよく知られている債務整理の方法は「自己破産」です。

自己破産することには抵抗を感じる人も少なくないと思いますが、債務整理の方法は自己破産だけではありません。

180万円の借金であれば、自己破産以外の債務整理で解決することも十分可能です。

毎月3~5万円返済できれば、任意整理で解決できる

任意整理をすると、「今後の利息や手数料」を免除してもらうことができます。

利息(カードの手数料)がなくなれば、返済した額だけ借金は減っていきます。

そのため、「返せない」、「減らない」と思っている借金でも完済できるようになることが少なくありません。

180万円の借金でも、任意整理をすれば、「毎月3万円60回(5年)」で完済できます。

また、「毎月5万円の返済」が可能であれば、3年で完済できます。

任意整理は、「今後の収入」から分割返済していくため、「財産の処分」は原則として不要です(自動車ローンを任意整理する必要がある場合などを除きます)。

さらに、任意整理なら、ほとんどのケースで誰にも知られずに借金問題を解決することができます。

任意整理については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

個人再生なら最大で毎月27,000円まで返済額が減る

「毎月5万円の返済は苦しい場合」や、「完済まで5年もかけたくない」というときには、個人再生を利用して180万円の借金を解決します。

個人再生では、「借金の一部」を「3年の分割返済」します。

3年の分割返済が完了すると、残った借金の支払いが免除されます。

借金が180万円を個人再生したときには、「最低100万円以上」の返済が必要です。

返済額が100万円のときの毎月あたりの返済額は、27,000円(端数を最終回で調整した場合)になります。

なお、個人再生では、住宅ローンの残った不動産があるときでも、マイホームを失うことなく消費者金融や銀行カードローンといった借金を整理することができます。

また、住宅ローンの返済期間の延長や、一定期間の元金据え置きといった、住宅ローンを支払い安くする措置も講じることができます。

個人再生については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある

繰り返しますが、借金問題は時間との勝負です。

180万円程度の借金であれば、比較的手続きが簡単な任意整理によって借金問題を解決することが十分に可能です。

1人で悩むのではなく、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

「収入が足りない」ときには自己破産で解決

「毎月3万円の返済すら厳しい」ときには、自己破産で解決することになります。

毎月3万円の返済すら厳しい状況にある人は、「ほとんど財産をもっていない」人や「無職」の人が少なくないと思われます。

財産もなく、定職に就いてない人にとっては、自己破産は「ほとんどデメリットがない」制度であることが少なくありません。

財産がなければ、自己破産しても何も失わないし、職についていなければ、退職金見込み額を差し押さえられることもないからです。

逆に、破産免責を受けられれば、借金の返済義務はすべてなくなり、自己破産した後に得た収入はすべて自由に使うことができます。

自己破産というとデメリットばかりを思い浮かべる人が少なくありませんが、「最も早く借金を解決できる」のは自己破産です。

自己破産については下記ページで詳しく解説をしています。

参考⇒自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

いますぐ債務整理すべき4つの理由

「自己破産はデメリットが多いからしたくない」、「債務整理は体裁が悪い」、「債務整理すると借金を返せないことが誰かに知られてしまうのではないか」といった理由から、債務整理に踏み切れない人も少なくありません。

しかし、180万円の借金返済が苦しくなったときには、すぐに債務整理をすべきでしょう。

借金180万円は、「毎月の利息」も多額

消費者金融や銀行カードローンからの借金が180万円あるときに完済することは簡単ではありません。

この場合には、すでに毎月の返済額が6万円近くになっていることが多いでしょう。

「毎月6万円が借金の返済に消えてしまう」ことは、多くの人にとっては非常に重たい負担です。

しかも、利息の負担が重いために、支払い額の半分以上は利息で消えてしまいます。

借金が180万円あるときに毎月発生する利息は、25,000円から3万円程度です。

そのため、返済期間も長くなり、支払う利息総額もかなり高くなってしまいます。

約定返済で完済したときには、90万円近い利息を支払う計算になります。

したがって、収入に余裕のある人をのぞけば、約定返済で借金180万を解決するのはかなり難しい場合が多いでしょう。

与信枠にも余裕がないことがほとんど

返済日に手元のお金がないときには、「借金して返済する」人も実際には少なくありません。

このような行為は「まわし」とか「自転車操業」と呼ばれることもある非常に危険な行為です。

「まわし」をすれば、借金はどんどん膨らんでいき、ほとんどのケースで破綻します。

しかし、借金が180万円もあるときには、「まわし」や「自転車操業」も難しいことが少なくありません。

消費者金融などの貸金業者の借金には「総量規制」という貸金業法が定めたルールがあります。

総量規制とは、「年収の1/3を超える借金の契約を結んではいけない」という貸金業者に課せられた規制です。

したがって、年収が540万円を超える人でなければ、そもそも「自転車操業」はできないのです。

一般的な貸金業者では、すでに100万円を超える借金を抱えた人が新規に借金の申込みをしてきたときには「収入証明」の提出を求めています。

したがって、申込みの際に収入額を偽って申告することもできません。

そもそも、収入額を偽って借金する行為は、先を問われかねない行為なので絶対にしてはいけません。

収入を偽ってした借金があれば、自己破産した際に免責不許可となることもあります。

ヤミ金と関わるリスクが増える

平均的な年収(約420万円)の人であれば、180万円の借金を抱えた状況では、新規の借金をすることはもはや難しいといえます。

正規の貸金業者から借りられない人がたどり着く先は「ヤミ金」です。

ヤミ金とかかわると、犯罪に巻き込まれることもあります。

その結果、保有しているすべての銀行口座が凍結され、今後銀行口座を開設できないといった致命的な不利益を受ける可能性もあります。

ヤミ金は一般の人が想像している以上に身近に存在します。

ネットで見かける「090金融」はすべてがヤミ金といってもよいでしょう。

関連記事⇒闇金の借金は債務整理できる?弁護士や警察に相談をする前の注意点

これ以上借金が増えると「自己破産しか選択肢がなくなる」ことも多い

180万円の借金であれば、「毎月3~5万円」の返済によって、自己破産以外の債務整理で解決できる可能性があります。

毎月5万円以内の返済額であれば、生活費の節約などの努力で対応できることも少なくないでしょう。

しかし、借金がこれ以上増えれば、任意整理や個人再生でも借金問題を解決できなくなる可能性が高くなります。

その意味で、180万円という金額はひとつのデッドラインともいえるでしょう。

「借金180万を解決する方法」のまとめ

借金180万円は「ちょっとした借金」ではありません。

実際問題、年収が700万円程度ある方でも生活環境によっては返済が完済するのは簡単なことではありません。

すでに返済が厳しく感じる方の場合、特に危険な状態です。

借金が180万円であれば、任意整理で解決できる可能性も十分にあります。

任意整理であれば、債務整理のデメリットも最小限に食い止めることが可能です。

しかしながら、問題を後回しにしたり放置した結果取れる対応策がなくなり、最悪の結末を迎えてしまった方は少なくありません。

いずれにしても、借金問題は1日でも早く解決に向けて動き出すことが非常に重要です。

後から取り返しのつかない状況に追い込まれてしまわぬよう、今すぐ対応をすることをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。