借金100万円の返済方法と債務整理の具体例

総量規制ができて、消費者金融等からのキャッシング融資限度額に制限が設けられるようになりました。

ですが、総量規制に銀行は含まれておらずいまだに借金返済に苦しむ人は後を絶ちません。

年収の3分の1まで借りられるということは、年収300万円の人であれば100万円までOKということ。

中には銀行のおまとめローンを利用してまた、消費者金融から多額のお金を借りてしまう人もいます。

収入にもよりますが、100万円もの借金を背負ってしまうと、毎月の返済もそう簡単なことではありません。

結論からいうと、返済の見込みが無いのであれば早期の段階で、債務整理を検討するのが得策です。

しかし、まだ100万円程度の借金であれば方法によっては返せない金額ではありません。

実際、100万円を借りた場合、1年間でどの程度の利息金を支払う必要があるのでしょうか。

今回は、100万円の借金を返済する具体的な方法と、債務整理を検討するタイミング、正しい方法について解説をしていきます。

また、『給料が出ても返済でほとんど手元にお金が残らない。』

『借金を返済する為に、他の会社からお金を借りている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している状態です。

手遅れになる前に、今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

法律事務所は、47都道府県別の法律事務所情報を参考にして探す方法。

簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

参考にしてみてください。

100万円の借金、その利息金は?

100万円借り入れがあった場合、利息金は1年間でどのくらい発生するのでしょうか?

1社で100万円借りた場合と、2社から50万円ずつ借りた場合で考えてみましょう。

まず、利息を計算するうえで知っておかないといけないのが「利息制限法」です。

これによって、借入金額ごとに金利の上限が以下のように決められています。

【利息制限法】
・10万円未満 :年20%まで
・10万円以上~100万円未満 :年18%まで
・100万円以上 :年15%まで

つまり、1社で100万円借り入れしている場合、金利は最大でも15%となります。

一方、2社から50万円ずつ借り入れている場合、融資上限額が100万円未満となっていると金利は最大で18%となってしまうのです。

では、それぞれ最大金利が適用されている場合の1年間の利息金を計算してみましょう。

利息は1日ごとに加算されますので、利息金の計算方法は「借入元金×金利÷365日」となります。

キャッシングの場合には、1か月に1度、返済がありますので、1か月ごとに借入元金が減っていくということも踏まえたうえで見てみたいと思います。

1社から100万円借りた場合の借金返済シミュレーション

返済サイクル:30日、金利:15%、1回の返済金額:3万円として計算(小数点以下は切り捨てとする)

1か月目:100万円×15%÷365×30=12,328円
2か月目:97万円×15%÷365×30=11,958円
3か月目:94万円×15%÷365×30=11,589円
4か月目:91万円×15%÷365×30=11,219円
5か月目:88万円×15%÷365×30=10,849円
6か月目:85万円×15%÷365×30=10,479円
7か月目:82万円×15%÷365×30=10,109円
8か月目:79万円×15%÷365×30=9,739円
9か月目:76万円×15%÷365×30=9,369円
10か月目:73万円×15%÷365×30=9,000円
11か月目:70万円×15%÷365×30=8,630円
12か月目:67万円×15%÷365×30=8,260円

1年間の利息金の合計=123,529円

2社から50万円ずつ借りた場合の借金返済シミュレーション

返済サイクル:30日、金利:18%、1回の返済金額:1.5万円として計算(小数点以下は切り捨てとする)

1か月目:50万円×18%÷365×30=7,397円
2か月目:48.5万円×18%÷365×30=7,175円
3か月目:47万円×18%÷365×30=6,953円
4か月目:45.5万円×18%÷365×30=6,731円
5か月目:44万円×18%÷365×30=6,509円
6か月目:42.5万円×18%÷365×30=6,287円
7か月目:41万円×18%÷365×30=6,065円
8か月目:39.5万円×18%÷365×30=5,843円
9か月目:38万円×18%÷365×30=5,621円
10か月目:36.5万円×18%÷365×30=5,400円
11か月目:35万円×18%÷365×30=5,178円
12か月目:33.5万円×18%÷365×30=4,956円

1年間の利息金の合計74,115円×2=148,230円

同じ借入総額であっても、金利が変わることで1年間に発生する利息金にもかなり差があることが分かりますね。

実際は貸金業者ごとに返済金額や返済方式が異なりますので、必ず上の計算式と同様の利息金が発生するというわけではありません。

あくまで目安の金額だということを覚えておいてください。

いずれにしても、借金が100万円を超えてくると自力で返済をしていくのは容易いことではありません。

借金は返済が厳しくなると雪だるま式に増え続け、最終的にはどこからも借りられない状況に陥ってしまいます。

後から取り返しがつかない状況に陥ってしまう前に、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

大手消費者金融アイフルで100万円借りていた場合のシミュレーション

では、実際の大手消費者金融では月に100万円借りた場合、1年間の返済はどのようになっているのでしょうか。

アイフルを例にして、シミュレーションしてみましょう。

アイフルの場合、毎月約定日払い、金利:15%、借り入れ後残高スライド元利定額リボルビング方式という返済方式を選択すると、以下のような返済シミュレーションになります。

毎月の返済額:26,000円、このうち利息に充当される金額が以下の値です。

1か月目:12,500円
2か月目:12,331円
3か月目:12,160円
4か月目:11,987円
5か月目:11,812円
6か月目:11,634円
7か月目:11,455円
8か月目:11,273円
9か月目:11,089円
10か月目:10,903円
11か月目:10,714円
12か月目:10,523円

1年間返済を続けると、利息金の合計は138,381円、借入残高は826,381円。

このシミュレーションでは、借金完済までに4年5か月(最終支払金額:19,743円)かかることになります。

こちらの数字もアイフル公式サイトの返済シミュレーションを利用した計算ですので、金利などを含め、実際の返済とは異なる場合もあるでしょう。

それでも、貸金業者から指定された返済金額のみを支払っていると、なかなか返済が進まないということがよく分かりますね。

借金100万円を自力で完済するためには

100万円の借金を自力で返済するためには、どうすればいいのでしょうか。

返済をスムーズにすすめるためのポイントを3つご紹介します!

出費を抑える

少しでも多くのお金を返済に回せるように、出費を抑えるようにしましょう。

具体的には、外食を控える、コンビニを利用するのを辞める、というような日々の生活の見直しが大切。

また、毎月の固定費を減らせば、その分お金に余裕が生まれますよね。

家賃や携帯電話などの通信費は金額が大きい分、安くできればかなり出費を抑えられます。

スポーツジムなどの会費、趣味に費やすお金は、完済まで我慢するようにしましょう。

繰り上げ返済を利用する

出費を抑えることに成功したら、浮いたお金で繰り上げ返済しましょう!

繰り上げ返済は、毎月の返済額より多くのお金を支払うこと。

返済する金額が増えれば、その分、借金元金を効率的に減らせますね。

返済期間を短縮することができるので、利息金の総額も少なくて済みます。

複数の借り入れは1つにまとめる

最初に説明したように、融資限度額が低い状態で複数社から借り入れをしていると、金利が高くなりがちです。

このような場合には、一番低い金利の貸金業者へまとめてしまうのも有効な手段と言えます。

利用条件を満たしていれば、低金利のおまとめローンなどへ借り換えをすることもできますので、18%前後の高い金利で返済をしている人は、そちらも検討してみましょう。

返済できないなら、迷わず債務整理を!

色々と工夫してみたけど、借金返済が難しいという場合には、債務整理を検討するのが得策です。

ただし、借金100万円となると自己破産や個人再生をするには借金の額が少ないと判断されるため要注意。

自己破産や個人再生は申し立てが認められない可能性が高いので、“任意整理”をおすすめします。

任意整理の場合、貸金業者と直接交渉して「利息金のカット、遅延損害金のカット、支払い条件の見直し」をしてもらいます。

任意整理後の返済には利息金が発生せず、すべて元金充当されますので、完済までの期間をグッと短縮することができますね。

返済方法も、3年~5年の長期分割払いになることがほとんどですので、1回の返済負担も少なくてすみます。

任意整理を成功させるには、専門知識や交渉力が重要なポイントとなりますので、弁護士などの専門家にしっかりと相談して進めるようにしましょう。

借金100万円の返済方法と債務整理まとめ

借金は借入金額が少ないと金利が高くなりがちです。

100万円の借金であっても、1社から借りるのと複数社から借りるのでは、発生する利息金に大きく差があるということを覚えておきましょう。

100万円という金額は高額にも思えますが、決して返済不可能なものではありません。

繰り上げ返済や低金利ローンを上手に活用すれば、自力で完済をすることは不可能ではありません。

しかし、冷静に考えて返済が厳しい場合には早期の段階で債務整理を検討する必要があります。

実際に、早期の段階であればまだ任意整理や過払い金請求で問題を解決する事は可能。

借金問題を後回しにした結果、借入が増え最終的に自己破産しか選択肢が無くなった人は非常に多いです。

手遅れになる前に、1人で悩むのではなくまずは今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

債務整理なら横山法律事務所

横山法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計2000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

横山法律事務所の無料相談はこちらです。