アプラスの借金は債務整理できる?

自動車ローンで大きななシェアを誇るアプラス。

『車を購入するときに、一括ではなくアプラスのローンを利用したけれど返済が出来なくなってしまった。』

このように、アプラスからの借金が途中で返済できなくなる人は多いです。

そんな時に考える債務整理ですが、アプラスの借金は債務整理をする事が可能なのでしょうか。

結論からいうと、アプラスからの借金も他の消費者金融や銀行からの借金と同様に、債務整理をする事が可能です。

しかし、アプラスの借金は自動車関係のケースが多い為、特に注意をして進めていく必要があります。

今回はアプラスからの借入れを債務整理する方法、注意しておきたいポイントについて解説をしていきます。

また、『すでにアプラスへの返済が遅れている。』

『返済のために、他の消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りている。』

このような状態まで状況が悪化している方は、手遅れになる前に今すぐに法律事務所に相談をして下さい。

法律事務所は、簡単に利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

アプラスのカーローンを債務整理することはできる

新生銀行グループのアプラス。

車を購入した時に保証会社となって、ディーラーへ車両代金を建て替え払いしてくれるカーローン、オートローンのサービスを行っていることでも有名です。

他にも、アプラスカードと呼ばれるクレジットカードの発行もしている事でも知られています。

先述の通り、アプラスからの借金も債務整理をする事で利息や元金を減額する事は可能。

しかし、アプラスを相手として債務整理をする場合には特に注意をする必要があります。

アプラスを車やバイクの保証会社としていて返済がまだ終わっていない場合、所有者は本人ではなくアプラスです。

したがって、アプラスへの返済が終わっていない段階で債務整理をすると、車やバイクは没収されてしまいます。

また、『それなら債務整理をする前に車を売ってしまおう。』と考える方も少数ですがいます。

この場合も、所有者がアプラスになっている為、自由に車の売却をする事はできませんし、そもそもディーラーも買い取ってくれません。

今乗っている車を残したまま借金問題を解決したい場合は、弁護士や司法書士に相談をする際にその旨を伝えるようしましょう。

他の借金から過払い金が発生していれば、そちらを支払いに充てたり、他の借金の金利を下げ支払い計画を見直す事で車を残すことも可能です。

いずれにしても、借金問題は早く対応すればするだけ簡単に問題は解決することができます。

逆に言えば、放置し続ければ最悪の結末を迎えてしまう事になります。

1人で悩み続けるのではなく、今すぐ専門家に相談することをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

アプラスカードを債務整理する事もできる

先述の通り、アプラスは自動車ローンだけでなく、クレジットカードの発行もしています。

クレジットカードを債務整理の対象にする人は、ショッピング枠のリボ払いを使いすぎて返済不能になってしまうケースが多いでしょう。

例えば、アプラスカードを使って買い物をし過ぎてしまった場合にも債務整理の対象にする事は可能です。

アプラスカードは過払い金が発生している可能性がある

クレジットカードのショッピング枠に対して、過払い金が発生している事はありません。

一般的にクレジットカードには、ショッピング枠と、現金を借りる事の出来るキャッシング枠の2つが設けられているケースがほとんど。

このうち、キャッシング枠に関しては過払い金が発生しているケースがあります。

利息制限法で定められている上限金利よりも高い利息で、支払ってしまった分がある場合には、その分を返還してもらうことができるのです。

返還してもらう金額よりも残債務の方が大きい場合には、残債務から返還してもらえる額を、差し引いた金額が債務整理後の借金残高となります。

実際に、多額の過払い金が発生していて借金と相殺する事で、任意整理をする必要がなく問題が解決した人もいます。

個人再生・自己破産ならアプラスの借金元本も減額できる

過払い金も発生しておらず、任意整理をする事で利息や遅延損害金をカットし支払い計画の見直しをしても返済の見込みが無い。

このような場合には、個人再生や自己破産をすることで対策をしていくことになります。

個人再生は、持ち家がある場合にマイホームを残しつつ借金残高を5分の1程度まで減らす手続き。

詳しくは、個人再生のメリットとデメリットの記事で解説をしているので参考にして下さい。

自己破産の場合は、税金関係を除き基本的にすべての借金を0円にしてもらえます。

しかし、現金化できる資産を手放す必要がある為、車や家などは没収の対象になります。

詳しくは、自己破産のメリットとデメリットを参考にして下さい。

個人再生や自己破産は裁判所に申し立てを行って手続きを進めるため、債権者側(アプラス側)の同意がなかったとしても借金の減額を認めてもらうことができます。

任意整理が債権者側の同意がないと成立しないのとは、対照的な手続きとなっています。

アプラスと債務整理まとめ

他の消費者金融やクレジットカード会社と同様に、アプラスからの借金も債務整理をする事は可能です。

しかし、アプラスを相手に債務整理をする場合には特に注意が必要な事は間違いありません。

特に自動車やバイクを所有している場合、車を処分するのかしないのか。も重要なポイントになるでしょう。

いずれにしても、借金問題は早期の段階で対策をする事が非常に重要です。

時間がたてばそれだけ、利息や遅延損害金増え続け状況は悪化するだけ。

実際に、早期の段階であれば自己破産を選択せずに問題が解決できたのに、後回しにした結果それ以外に方法が無くなった人は多いです。

1人で悩むのではなく、まずは今すぐに弁護士や認定司法書士に相談をすることをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。