楽天カードの債務整理を解説!過払い金や楽天銀行スーパーローンとの違い【実例あり】

「楽天カードを使いすぎたら利子が高くて支払いが厳しい…」
「毎月の返済金額をなんとかできないかな?」
「なんとかして解決したい!」

こんなお悩みを抱えていませんか?

結論から言うと、正しい方法で債務整理をすれば、自己破産をしなくても楽天カードの借金問題は解決が可能です。

楽天カードは比較的簡単に作れるため、使いすぎて後からリボ払いに変更する人も一定数います。

リボ払いはクレジットカードの支払いの時に気軽に使えるため、一見すると借金のように見えません。

しかし、金額が大きくなれば、楽天カードのリボ払いも立派な借金です。

「知らないうちに利息が膨らんでなかなか完済ができない」なんてことも。

今回の記事では、以下のことを解説します。

この記事で解説すること
  • 楽天カードを使いすぎたときの債務整理について
  • 楽天銀行スーパーローンとの違い
  • 楽天カードを債務整理した実例

なお、

  • 今はリボ払いで支払いが出来ているけど、普通に返済をしたら確実に生活に影響が出る
  • 楽天カード以外からもお金を借りていて、借金を借金で返す自転車操業状態が1年以上続いている
  • 月末になると生活費が足りず、カードや借金で何とか乗り切る状態が続いている

このような状態の方は、既に黄色信号が点滅している危険な状態です。

1人で悩み続けず、手遅れになる前に今すぐ専門家に相談して下さい。

どの法律事務所に相談をしたら良いかわからない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説していきます。

楽天カードの借金の解決策は自己破産だけじゃない

楽天カードでの借金問題は債務整理で解決できます。

楽天カードは、インターネット関連サービスの大手である楽天が発行しているクレジットカードです。

CMやインターネット広告で、多くの人が目にする機会が多いカードのひとつといえるでしょう。

ポイント還元率の良さや入会しやすさから、利用者も年々増加傾向にあります。

「入会に関する審査が緩い」という話も聞きますね。

一方で、楽天カードはリボ払いへの変更や、利用限度額の引き上げといったサービスが充実しているため、使い過ぎに悩む人も。

実際に、楽天カードの使い過ぎがきっかけとなって、返済が困難になってしまった方は少なくありません。

返済に困り債務整理を考えた場合、方法は4つあります。

債務整理の4つの方法
  1. 過払い請求…払いすぎたお金を請求する
  2. 任意整理…借金の減額や金利の引き下げなどを交渉する
  3. 民事再生(個人再生)…裁判所に認めてもらい、減額された借金を3〜5年かけて返済する
  4. 自己破産…裁判所に認められれば、借金の支払い義務が免除される

自己破産は支払いの義務が免除される反面、大きなリスクを伴う最後の手段です。

自分の手に負えないと思ったら、自己破産を考える前に早い段階で専門家に相談しましょう。

いますぐに債務整理を検討する場合は、こちらから読んでください。

関連記事⇒借金地獄から抜け出したい!債務整理で現状を逆転する方法まとめ

楽天カードと楽天銀行スーパーローン、2つの過払い金の違い

楽天カードと楽天銀行スーパーローンを混同してしまう人もいるため、こちらでは楽天グループの2つのキャッシングサービスの違いを解説します。

楽天グループで個人向けの融資を行っているのは、楽天カードと楽天銀行スーパーローンの2つです。

それぞれ楽天カード株式会社と、楽天銀行が運用しています。

楽天カードと楽天銀行スーパーローンの運営会社
  • 楽天カード…楽天カード株式会社
  • 楽天銀行スーパーローン…楽天銀行

どちらも楽天グループによるキャッシングサービスですが、この2つはまったく違う会社です。

楽天カード株式会社はその名の通り、クレジットカードとそれに付帯するキャッシングサービスを提供している会社。

一方で、楽天銀行は、インターネットバンキングとして、楽天銀行スーパーローンというカードローンを展開しています。

楽天カード株式会社と楽天銀行
  • 楽天カード株式会社…クレジットカードとそれに付帯するキャッシングサービスを提供するカード会社
  • 楽天銀行…楽天銀行スーパーローンなどを提供するインターネットバンキング

楽天銀行スーパーローン自体は、もともと低金利での貸し付けが特徴なので、過払い金の発生はありません。

なお、どちらを利用しているかで債務整理の対象も変わるので混同しないように注意しましょう。

それぞれの特徴について解説します。

①楽天カード

楽天カードは、大手インターネット通販会社の楽天が発行するクレジットカード

通販で使用できる楽天ポイントが溜まりやすいなどのサービスも充実しているため、JCSIの顧客満足度調査では8年連続1位を獲得しています。

認知度・人気ともに高く、利用者も年々増加しているカードのひとつです。

楽天カードの簡単な特徴を以下にまとめたので参考にしてください。

楽天カードの特徴
  1. 年会費が無料
  2. どこで買い物をしても楽天ポイントの還元率は最低1%
  3. 18歳以上なら学生・専業主婦・フリーターでもカード発行が可能(高校生を除く)
  4. 業界最速のカード発行スピード(申し込みから1~2週間でカード受け取りが可能)

「楽天カードは比較的審査が緩い」と言われていて、誰でも気軽に持てるため、10代の利用者も多数います。

「初めてのクレジットカードが楽天カード」という人も多いため、使い過ぎや返済ができないというトラブルが目立つのも特徴のひとつといえるでしょう。

楽天カードの歴史を簡単に振り返ると、2011年まで国内で楽天のクレジットカード事業を行なっていたのは楽天KCという会社でした。

しかし、楽天KCはJトラスト(現・日本保証)にキャッシング事業を売却し、同じく貸金業をしていた楽天クレジットと統合することになります。結果、現在の楽天カードが出来上がりました。

楽天KC時代には29%近い金利で貸し付けをしていたこともあるため、2011年以前に利用していた方には過払い金が発生している可能性があります。

ただし、楽天KCの債権は日本保証へ譲渡されているため、過払い金の請求相手は楽天カードではなく日本保証なので注意が必要です。

②楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンを提供する楽天銀行は、2009年に楽天がイーバンク銀行を買収したことで設立しました。

楽天銀行スーパーローンの前身は、2001年にあおぞら銀行とオリックスクレジットが設立した「あおぞらクレジット」が展開していた銀行型消費者金融・マイワン事業です。

2004年に楽天が完全子会社化したものをイーバンク銀行に譲渡して現在に至ります。

楽天銀行スーパーローンの成り立ち
  1. 2001年…あおぞら銀行とオリックスクレジットが設立した「あおぞらクレジット」が展開していた銀行型消費者金融・マイワン事業としてスタート
  2. 2004年…楽天が完全子会社化後イーバンク銀行に譲渡
  3. 2009年…楽天がイーバンク銀行を買収

楽天銀行スーパーローン自体は、もともと低金利での貸し付けが特徴なので、過払い金の発生はありません。

しかし、マイワン事業時代は22%近い金利で貸し付けをしていたこともあるため、こちらでの過払い金に関しては楽天銀行に請求することができます。

基本的には直截交渉のみで和解に至ることができます。

関連記事⇒楽天銀行カードローンの借金が返せない!スーパーローンの督促状や電話が来た時の対応策

楽天は企業買収を活発にしているため、債権譲渡などがかなり複雑です。

自分が

  • いつ
  • どの会社で
  • いくら借金をしたのか

詳しく覚えていないという人は、弁護士や司法書士へ相談して調べてもらうといいでしょう。

いずれにしても、借金問題は時間との勝負。

時間が経つほど選択肢は減ります。

1人で悩まずに、今すぐ専門家に相談しましょう。

今すぐ専門家に相談する

楽天カードの借金を債務整理した実例を紹介

こちらでは、実際に楽天カードの支払いを債務整理で解決した場合の対応や結果を2例ご紹介します。

過去の案件を公開している法律事務所では、以下のような措置が取られました。

①債務整理相談センターの例

名称
債務整理相談センター
(運営:司法書士法人かながわ総合法律事務所)
住所
  • 神奈川県横浜市西区北幸2-10-27 東武立野ビル1階
  • 東京都渋谷区神南1-15-3 神南プラビル504
電話番号0120-631-625
受付時間平日9時~21時、土曜日10時~16時
任意整理60回(5年)~120回(10年)の長期分割払いが可能
結果債務整理前:キャッシングとショッピング合わせて106万912円

債務整理後:話し合いによる交渉で106回の長期分割返済
初回10,912円、以後105回10,000円の支払い

こちらは、任意整理をすれば、10年にわたり120回の長期分割返済が可能だという一例です。

最長10年間の長期分割返済というのは他の貸金業者ではあまりみない数字ですが、楽天カードでは実例があります。

専門家に相談すれば将来の利息のカットや滞納者の債務整理も柔軟に対応してもらえるので、迷わず相談しましょう。

今すぐ専門家に相談する

②司法書士法人ふたばの例

名称司法書士法人ふたば
住所静岡県浜松市中区南浅田2-2-11
電話番号0120-41-2828
受付時間平日9時~21時、土日祝日対応可能
任意整理元金のみ90回を超える分割払い

司法書士法人ふたばでは、任意整理をすれば元金のみですが90回を超える分割払いが可能です。

楽天カードの特徴の1つとして、リボ払いをかなり推しているというのがあり、安易にリボ払いを利用して多額の借金を抱えてしまうという人も少なくないです。

リボ払いは一見すると返済額が少なく見えますが、実際には毎月の返済額のほとんどは利息金。

「返済していると思っていても利息しか返せてなかった」という危険な状態になりやすいです。

リボ払いでは毎月の返済負担が少ないメリットがある反面、借金完済までにはかなりの時間がかかり、支払い総額もかなり大きなものになるので債務整理を検討しましょう。

また、楽天銀行スーパーローンの債務整理をする場合も保証会社が楽天カードとなっているため、代位弁済の後、楽天カードへ返済していきます。

「5年も10年も返済を継続するのはつらい」という場合は「個人再生」や「自己破産」も選択肢のひとつです。

ただし、債務整理をするとほとんどの場合、一定期間新規のクレジットカードやローンの契約が難しくなるので注意しましょう。

どのような手続きが適しているのかは状況によって異なりますので、弁護士や司法書士と相談したうえで決めるようにしてくださいね。

関連記事⇒リボ払いがヤバい4つの理由と債務整理で解決する方法

楽天カードの債務整理まとめ

楽天カードの返済が苦しくなったら、1人で抱え込まず専門家に相談しましょう。

楽天カードの債務整理をする場合のポイントは下記の通りです。

楽天カードの債務整理のポイント
  • 債務が楽天カードか楽天銀行スーパーローンなのかを明確にする
  • 借り入れたときの運営会社と金利を確認する
  • 分割が厳しいときは任意整理を
  • 借金が多い場合は個人再生や自己破産も検討

カードローンを展開している楽天銀行と混同しないようにしましょう。

さらに、楽天カード自体での過払い金がなくても、前身である楽天KCで過払い金が発生している可能性もあるので注意が必要です。

返済に困っている人は、弁護士や司法書士の手を借りることも検討しましょう。

楽天カードの返済が苦しくなったときには、悩むよりもまずは専門家に相談することをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。