債務整理後の生活と借金問題解決後の注意点

債務整理は、「これからの生活」のため、「生活を建て直すため」に行うものです。

したがって、債務整理は「債務整理後の生活」の方が大切です。

また、「債務整理したらどうなるのだろう」という不安を抱えていることが原因で、債務整理に踏み切れないという人も少なくないと思います。

この記事では、債務整理すると債務整理前と何が変わるのかということについて解説します。

「債務整理で本当に借金を返せるようになるのだろうか」、「債務整理後の生活で何に気をつけたら良いのだろうか」ということが気になる人は参考にしてみてください。

また、『複数の消費者金融やクレジットカード会社からお金を借りていて、元金が全く減っていない。』

『借金の返済をする為に、他の消費者金融からお金を借りるような状態が続いている。』

このような状況まで状態が悪化している方は、既に黄色信号が点滅している状態です。

手遅れになる前に、今すぐに法律事務所に相談を行ってください。

どの法律事務所に相談をして良いか分からない方は、匿名で利用できる無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

債務整理後の生活は、債務整理前と何が違うのか?

債務整理の前後で「何が具体的に変わるのか」ということについて説明していきます。

債務整理後の生活は「デメリットが多そう」と不安を感じる人が少なくありません。

しかし、実際には「債務整理後の生活」には「希望を持てること」もたくさんあります。

たとえば、「最もデメリットが大きい」と思われている自己破産のケースでは、自己破産後に得た収入のすべてを自由に使うことができます。

借金が確実に減る

債務整理すると、借金の状況は大きく変化します。

債務整理前の借金は、「利息の負担」のために、毎月の支払いをしても「借金はあまり減らない」ことがあります。

たとえば、アイフルから年18%で50万円借金しているときに、13,000円を支払っても、借金は5,500円しか減りません。

自己破産以外の債務整理では、債務整理の手続き後も借金の返済が残ります。

しかし、利息の免除や借金の減額があるので、支払った金額だけ借金は減ります。

下のグラフは、「アイフルから50万円(年18%)」、「プロミスから50万円(年17.8%)」、「バンクイック(三菱UFJ銀行)から50万円(年14.6%)」の合計150万円の借金の減り方を比較したものです。

herikata

個人再生は「法律に基づいて減額された借金を3年で返済する」手続きです。

150万円の借金は最大で100万円まで減額してもらうことができます。

任意整理では、「将来の利息」を免除してもらい「返済期間の見直し」も行います。

このグラフでは5年の分割返済の例を示しています。

「約定返済」とは債務整理せずに契約通りに返済した場合です。

約定返済は、毎月の支払額が一番多いにも関わらず60ヶ月(5年)経った時点でも借金がなくなっていません。

任意整理や個人再生すれば、「毎月の返済額が減る」だけでなく、5年以内に借金がなくなります。

返済日に追われる生活から解放される

借金で悩んでいる人には、複数の金融機関から借金がある人は少なくありません。

借入先が増えれば、返済日もそれだけ増えます。

「1社返済したと思ったら、また返済日がやってくる」という生活に疲れ果ててしまったという人もいるのではないでしょうか。

債務整理後の返済も、それぞれの債権者に対して個別に支払う必要があります。

多重債務の場合には、「債務整理後も支払いの管理が大変なのでは?」という不安もあるかもしれません。

弁護士や司法書士に債務整理を依頼したときには、弁護士・司法書士に、債務整理後の支払いの代行も引き受けてくれることがあります。
支払い代行を依頼すれば、弁護士事務所に毎月の返済総額を振り込みだけで支払いの負担を軽減することも可能です。

なお、支払い代行には口座管理・送金代行手数料名目の費用(1社あたり月1,000円ほど)がかかります。

一番大きく変わるのはメンタル

借金の返済負担から解放されることで、これからの生活に「期待」を持てるようになるのが、一番大きな変化かもしれません。

債務整理前であれば、「借金が返せるかどうかわからない」ことに不安を感じ、「返済日がくる」ことに恐怖を感じている方が少なくないでしょう。
債務整理後は、「借金がどんどん減っていき」、「弁護士に振り込むだけ」で手続きの負担も軽くなります。

また、自己破産した場合であれば、破産手続き開始決定より後に得た収入はすべて自由に使うことができます。

「クレジットカードが使えない」ことはポジティブに捉える

債務整理するとクレジットカードを失う場合があります。クレジットカードを失うと、ネット決済などで不便を感じることがあるかもしれません。

しかし、いまではコンビニなどで、webマネーなどを簡単に購入することができるので、慣れてしまえばそれほど不便というわけでもありません。

また、クレジットカードにかわってデビットカードで決済できるものも少なくありません。

なによりも、クレジットカードが使えないことで「借金が増えない」ということは、生活をやり直す上では、とても重要なことです。

なお、債務整理の時に利用残額のないカードは解約せずに済むこともあります。

しかし、手元に残ったクレジットカードも「解約されるおそれ」が残されています。

「延滞した場」合や「キャッシング利用した場合」、「利用額が高額になった場合」には、クレジットカード会社が契約期間途中でも与信調査をします(途上与信)。

途上与信で過去の債務整理に気づかれるとクレジットカード会社の判断で解約されることがあるので、注意しましょう。

債務整理とクレジットカードの関係については下記のページで解説をしています。

参考⇒債務整理後に持っている他のクレジットカードを使う事はできる?

債務整理後の生活で注意しなければならないこと

債務整理後の生活で注意すべきは、「再度の債務整理する事態にならない」ことに尽きます。

任意整理や個人再生では、「手続き終了後」も「返済期間」が続きます。

借金を完済しきるまで、気を抜かずに次の注意点に気をつけて生活することが大切です。

返済を延滞しない
借金は絶対にしない
クレジットカードを申し込まない

返済の延滞は絶対にダメ

任意整理個人再生では、手続き終了後3~5年程度の返済期間が続きます。

債務整理後の返済も「延滞」すると、「期限の利益」を失います。

再度の任意整理は、債権者が態度を硬化される可能性があり難しい場合が少なくありません。

また、個人再生後に延滞すると、再生計画の認可が取り消されてしまいます。

認可が取り消されると「借金の減免」も消滅します。

つまり、借金は個人再生前の状態に戻ってしまいます。

さらに、債権者から強制執行される可能性もあります。

子どもの頃に「家に帰るまでが遠足」という話を小学校などの先生からきいたことがある人は多いと思います。

債務整理も「完済するまでが債務整理」です。「任意整理がまとまった」、「再生計画が認可された」ということで安心しきってはいけません。

万が一、返済が苦しくなったときには、「延滞する前」に、債務整理を依頼した弁護士・司法書士に必ず相談して指示に従うようにしましょう。

新規の借金やクレジットカードの申込みも厳禁

債務整理をすると、「事故情報」が信用情報に登録されます。

事故情報が登録されている間は、新規に借金やクレジットカード発行の申込みをしても審査に通りません。

それどころか、「審査落ち」の情報も「ブラック情報」として信用情報に登録されます。

事故情報は、「任意整理は5年」、「個人再生・自己破産は5~10年」登録されます。

債務整理後の返済状況次第では、上記の期間よりも早く「事故情報が抹消される」こともあるようです。

「住宅ローンを組みたい」、「起業のための融資を受けたい」といった理由で、「1日も早く事故情報を消去したい」人は、特に注意しましょう。

債務整理とブラックリストの関係については下記のページで解説をしています。

参考⇒債務整理をするとブラックリストに名前や住所が載るの?

まとめ

債務整理について調べてみると「こんなデメリットある」という情報がたくさんでてきます。

そのため、「債務整理は辛いこと」と思い込んでいる人も少なくないかも知れません。

たしかに、債務整理すると「新規に借金できない」といったデメリットが生じるのは事実です。

しかし、「借金で苦しんでいる人」にとって、「これ以上借金できないこと」は必ずしもデメリットとはいえないでしょう。

それよりも「返済日から解放される」、「借金完済のゴールがハッキリみえる」といったメリットの方がはるかに大きいといえます。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。