アメックスカードの借金は債務整理をする事ができる?

アメックスの正式名称はアメリカン・エキスプレス・カード、世界的にも名の通ったクレジットカードブランドです。

高いブランド力を誇っているため、持っているだけで自慢になるほど。

ゴールドカードはもちろん、グリーンカードでさえ年会費がかかるため、ある程度の収入がないと持つことはできないでしょう。

年会費がかかる代わりに、利用限度額が高めの設定となっているのも1つの特徴です。

でも、限度額が大きいということは、その分使いすぎてしまうリスクが大きいということでもあります。

実際に、アメックスのカードで多額の借金を作ってしまい返済が困難になった方は少なくありません。

ですが安心して下さい。

アメックスの借金は債務整理をすることで、合法的に借金問題は解決することができます。

ただし、注意しておかなければならない事もあります。

今回は、アメックスの借金を債務整理で解決する方法について解説していきます。

また、『現在の収入から考えて、自力で返済をしていくのは厳しいと分かりながらも問題を先送りにしてしまっている。』

『給料が出ても支払いや返済をするとお金が足りず、カードでその場をしのいだりまた借りてしまう。』

このような状況に陥っている方は、すでに黄色信号が点滅している危険な状態です。

手遅れになる前に、今すぐ法律事務所に相談をしてください。

法律事務所は匿名で利用できる、無料シミュレーションサイトの利用が便利です。

それでは解説をしていきます。

アメックスとは?

アメックスはVISAやMasterCardと並ぶ、クレジットカードの7大国際ブランドの1つです。

世界中で利用することができ、ステイタス性では世界NO.1とまで言われているため、海外ではアメックスのカードを持っているだけで信用度が高い人物だと判断されます。

その他のクレジットカードとの違いは、「高額な年会費がかかること」と「審査が厳しいこと」の2つ。

誰でも簡単に持てるわけではなく、審査に通ってもカードの種類によって高額な年会費がかかります。

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーンカード):年会費12,000円(税別)
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード:年会費26,000円(税別)
アメリカン・エキスプレス・プラチナカード:130,000円(税別)
アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード(ブラックカード):360,000円(税別)

さらに、プラチナカード以上は新規申し込みを受け付けておらず、既存会員が一定の利用条件を満たした場合にのみランクアップできるようになっているのだそうです。

維持費だけで何万円というお金を払う分、利用できるサービスも充実しているとのことですが、それなりの社会的地位や収入がある人向けのクレジットカードと言えますね。

アメックスのキャッシングでの過払い金事例は?

アメックスでは現在はキャッシングをおこなっていません。

2012年6月以前は「エキスプレス・キャッシュ」というキャッシングサービスを展開していましたが、貸金業法改正などに影響でこちらのサービスは終了しました。

サービス終了以前のキャッシング金利はかなり高い設定で、2006年の金利引き下げ前では29.2%を超える金利での貸し付けをおこなっていたようです。

そのため、キャッシング利用者であれば過払い金が発生している可能性は非常に高いでしょう。

ただし、金利引き下げからすでに10年近くが経過しています。

過払い金の消滅時効は、最終取引より10年となっていますので、過払い金請求をするのであれば急いで調査を開始しましょう!

アメックスでの過払い金請求はあまり事例がないようなのですが、比較的対応がいいと言われています。

ですが、過払い金がいくら発生しているかを調査するのに必要な「取引履歴」がかなり分かりにくい作りになっているようですので、必ず過払い金や債務整理に慣れている法律事務所へ相談するようにしましょう。

アメックスでの過払い金の事例を紹介している法律事務所では、以下のような結果となっています。

司法書士クローバー総合事務所

東京都荒川区西日暮里2-22-2 ステーションプラザタワー アネックス・イースト5階

電話番号:0120-96-2209

受付時間:平日10時~18時

・過払い金請求

借金額0円、取引期間約11年、過払い金約33万円(過払い元金21万円+利息約12万円)

任意和解による請求金額100%での和解決着

こちらの事例では、任意段階でかなり良い条件の和解案を提示してくれたことで、満額回収が可能だったようです。

訴訟まで発展せずに良い条件での和解案を提示してくれることが多いようですので、交渉力に自信のある法律事務所へ依頼すれば、過払い金の減額の心配はないでしょう。

いずれにしても、過払い金には時効がありますし多くが時効を迎えるタイミングが近づいています。

過払い金は時効を迎えると取り戻すのが困難になります。

過払い金もですが、借金問題は後回しにすればするだけ事態は深刻化していきます。

まずは、専門家に相談を行い解決への第一歩を踏み出すことをおすすめします。

今すぐ専門家に相談する⇒

アメックスの支払いは債務整理できる?

次に、任意整理、個人再生、自己破産の3つの手続きが可能かどうか見ていきましょう。

そもそも、アメックスのようなショッピング枠だけのクレジットカードの利用金額を債務整理することはできるのでしょうか?

結論から言えば、ショッピング枠の利用分であっても債務整理するのに問題はありません。

クレジットカードの債務整理で多いのが「リボ払い」の利用残高についてです。

リボ払いは金利が高めに設定されていることが多いので、最小返済額だけを支払っているといつまでも支払いが終わらないという可能性も。

アメックスの場合、「ペイフレックス」というサービスを申し込まない限り一括払いが基本となっています。

ペイフレックスを利用すると、自分が設定した金額以上の支払いをすると、自動的にリボ払いになります。

リボ払いの場合には、月々の返済額がかなり少額ですので要注意。

返済額は以下のように設定されています。

利用残高100,000円以下 :返済額3,000円
100,000円超200,000円以下 :返済額6,000円
200,000円超300,000円以下 :返済額9,000円
300,000円超400,000円以下 :返済額12,000円
400,000円超500,000円以下 :返済額15,000円

ペイフレックスの設定金額は5,000円以上、20,000円以上、50,000円以上の3つから選択できます。

リボ払いの場合、完済までにかなりの時間がかかりますので、5,000円以上で設定してしまうと知らないうちに借金が膨れ上がってしまいますね。
アメックスは本社がアメリカなこともあってか、とくに任意整理のような直接交渉の場では、他の日本の貸金業者やクレジットカード会社のようにスムーズに進まないこともあるようです。

そのため、少しでもいい条件で債務整理をしたいのであれば、借金問題に強い弁護士や司法書士へ相談した方がいいでしょう。

アメックスを所持するには高額の年会費がかかります。

支払いに苦労しているのであれば、そのような無駄なお金を払ってまでクレジットカードを持つ必要はありませんよね。

余計な出費を抑えるためにも、早めに債務整理を検討するようにしましょう。

アメックスと債務整理まとめ

アメックスは、海外では持っているだけで信用のある人物だと判断されるほどにステイタスの高いクレジットカードです。

そのため、社会的地位や収入の高い人であれば持っていて損はないかもしれませんが、一般の人が高い年会費を払ってまで持つ必要があるのかはよく検討する必要がありそうですね。

基本的には一括払いでの利用ですが、設定すればリボ払いも可能。

リボ払いの場合には返済額がかなり少額になっているので使いすぎた結果、完済まで何年もかかってしまうケースもありますので要注意です。

債務整理への対応は比較的良いようですが、直接交渉の場ではスムーズに進まないことも。

また、事例は少ないようですが過払い金も発生しており、訴訟せずに満額回収することも不可能ではありません。

アメックスの支払いを債務整理する場合には、借金問題に強い法律事務所へ依頼するようにしましょう。

1人で悩むのではなく、今すぐ相談することをおすすめします。

債務整理なら武村法律事務所

武村法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計1000件以上の実績がございます。

借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

武村法律事務所の無料相談はこちらです。