レイクの借金は債務整理で解決できる?債務整理の3つのポイントと手続きの流れ

「レイクの借金は債務整理で解決できる?」
「レイクの借金はどう解決したらいい?」
「債務整理のやり方がわからない」

こんな悩みを抱えていませんか?

レイクなどの消費者金融は、簡単にお金が借りられる代わりに高金利です。

特に最低返済額で返済していると金利がかさみやすいので、思ったより返済が大変だと感じる人も多いでしょう。

結論からお伝えすると、レイクの借金も債務整理で解決できます。

この記事では、レイクの借金をなかなか返せず悩んでいる人に向けて、以下の内容をまとめました。

この記事でわかること
  • レイクの借金を債務整理するときのポイント
  • 任意整理にかかる費用
  • レイクの借金を任意整理する流れ

この記事を読めば、レイクの借金をどうやって解決したら良いかわかるので、ぜひ参考にしてください。

債務整理とは

まず債務整理についてよく知らない人も多いと思うので、簡単に解説します。

債務整理とは、借金を減額・免除したり支払いに余裕を持たせたりして、きちんと返済できるようにする手続きです。

債務整理には、主に以下の3つの方法があります。

債務整理の方法
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

上記は借金の額に応じて、使い分けることが重要です。

レイクの借金であれば、もっともデメリットの小さい任意整理で解決できることがほとんどでしょう。

それぞれの債務整理方法については、下記の記事でそれぞれ詳しく解説しています。

参考⇒任意整理のメリットとデメリット?債務整理で1番多い手続きの注意点

参考⇒個人再生は家を残せる大きなメリットがあるが2つのデメリットもある

参考⇒自己破産はメリットしかない?家族や子供、仕事にデメリットはないの?

レイクの借金は債務整理できる?債務整理の3つのポイント

レイクの借金を債務整理する際のポイントは、以下のとおりです。

レイクの借金を債務整理するポイント
  • 本当に債務整理すべきか考える
  • 過払い金だけで解決できるケースもある
  • 債務整理の際は弁護士・司法書士に依頼すべき

それぞれ順番に見ていきましょう。

本当に債務整理すべきか考える

まずは借金額を見て、本当に債務整理すべきか考えるべきです。

借金額が小さいと、債務整理のリスクと見合わない場合もあるでしょう。

債務整理すると個人の信用情報に「事故情報」が登録され、完済から5〜10年はカードの発行・更新や新たな借り入れができなくなります。

例えば、50万円の借り入れを最低返済額(月14,000円)で返済し続けた場合、利息は約21万円です。

任意整理(弁護士費用を5万円と仮定した場合)して利息がゼロになっても、利益はたった16万円ほどで、明らかに債務整理のデメリットと釣り合いません。

借金額によっては、自力で返済したほうが良いこともあるのです。

詳しくはこちらの記事で解説しているので、参考にしてください。

参考⇒50万円の借金はどう返済したらいい?おすすめの返済方法&債務整理の3つのポイント

過払い金だけで解決できるケースもある

レイクから長期間借り入れている人は、過払い金が発生している可能性があります。

弁護士・司法書士に相談して、過払金が発生すればそれだけで残りの借金を相殺できる可能性もあるのです。

実例を挙げると、自己破産するしかないと思っていた方が弁護士に相談したところ、数百万円の過払金があることが発覚しました。

長年返済を続けている人は、実はすでに返済完了している可能性もあります。

ただし、過払い金には10年の時効があるため、放置していると権利が失効することもあるので注意しましょう。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

参考⇒過払い金請求の時効はいつまで?5年、10年と言われるその真相は?

債務整理の際は弁護士・司法書士に依頼すべき

債務整理の手続きは、弁護士・司法書士に相談するべきです。

専門家に相談せずに解決する方法には「特定調停」がありますが、金融のプロであるレイクと一般人がまともに交渉するのは難しいでしょう。

もちろん、特定調停を行なっている間も利息や遅延損害金は発生します。

弁護士・司法書士に相談すると費用が発生しますが、トータルで考えると専門家に依頼する方がメリットは大きいでしょう。

お金がなかったとしても、後払いや分割払いに対応してくれる法律事務所も沢山あります。

なお、法律事務所を探すときは匿名で利用できる無料シミュレーションサイトが便利です。

レイクの借金を任意整理する流れ

レイクの借金を任意整理する流れは、次のとおりです。

任意整理の具体的な流れ
  1. 弁護士・司法書士に依頼
  2. 任意整理の手続き開始
  3. 任意整理の交渉・和解

それぞれ順番に見ていきましょう。

(1)弁護士・司法書士に依頼

まずは弁護士・司法書士に依頼するところからスタートです。

法律事務所は無料シミュレーションサイトで探すことができます。

申し込み後は日程を合わせ、弁護士と相談を行います。

相談する内容
  • 現在の借り入れ状況
  • 任意整理した際の費用
  • 任意整理の注意点等

場合によっては過払い金が発生し、任意整理が必要なくなる可能性もあります。

相談だけなら無料なので、悩んでいる人は早めに相談するのがおすすめです。

(2)任意整理の手続き開始

任意整理の費用や注意点に納得したら、手続き開始です。

依頼するとその時点から手続きが始まり、レイクに受任通知という書類を送付します。

受任通知が届いた時点で返済は一旦ストップし、レイクからの督促の電話なども停止するので、落ち着いて対処できるでしょう。

この時点から弁護士費用の分割払いもスタートします。

(3)任意整理の交渉・和解

最後に、レイクと今後の支払い方法を交渉していきます。

交渉はすべて弁護士が行うため、依頼人が直接交渉したり、交渉の場に立ち合ったりする必要はありません。

交渉が完了すると、返済がスタートします。

任意整理では定められた返済額よりも多く返済しても大丈夫ですが、支払いが滞ると一括請求されてしまう場合もあります。

支払日には必ず遅れないようにしましょう。

まとめ

レイクの借金は債務整理で解決可能です。

債務整理は借金の減額・免除や返済計画の見直しをして返済を楽にする手続きで、主に任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。

レイクの借金を債務整理するときのポイントは、以下の3つです。

レイクの借金を債務整理するポイント
  • 本当に債務整理すべきか考える
  • 過払い金だけで解決できるケースもある
  • 債務整理の際は弁護士・司法書士に依頼すべき

レイクは気軽に借り入れができるため利用する人も多いですが、金利は非常に高いです。

特に最低返済額で返し続けている人は、毎月の支払いの半分近くが利息に充てられている、というケースも少なくはありません。

もし借金の額が膨らんで自力で返済できないという人は、1日でも早く弁護士・司法書士に相談して解決を図りましょう。

債務整理ならアヴァンス法律事務所

アヴァンス法律事務所では、全国から債務整理案件を受託しており、累計23万件以上の実績がございます。借金や過払い金にお困りの方はぜひ一度ご相談ください

アヴァンス法律事務所の無料相談はこちらです。